Drone用語辞典

Drone用語辞典

ドローン操縦に必要となる知識の用語集です。

ドローン用語に慣れるように、参考にしていただければいいと思います。

 

Contents

★ ドローンの基礎用語

ドローン

ドローンの語源は、英語ではdrone(雄ハチ)の意味になる

ドローンは複数のプロペラを持ち、高速回転する羽の音に似ていることからドローンとよばれている

また遠隔操作できる無人航空機(UAV)に分類され、マルチコプターともよばれる

 

関連記事

 

無人航空機(UAV)

Unmanned Aerial VehicleまたはUnmanned Air Vehicleの略

無人航空機を英語で表した略のこと

国土交通省の定義
人が乗ることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって、遠隔操作または自動操縦により飛行させることができるもの

この定義は、マルチコプターや固定翼などを含むドローンや、ラジコン機や農薬散布で利用されているヘリコプターも該当する

 

マルチコプター

ヘリコプターのように回転翼を用いて飛行を制御する航空機のうち、複数のモーター(回転する部品)プロペラを2つ以上搭載している機種をマルチコプターとよぶ

 

関連記事

 

トライコプター

3つのローター(回転翼機)を持つマルチコプターのこと

クアッドコプターは4つ、ヘキサコプターは6つ、オクトコプターは8つのローターを持つ

 

FPV

First person Viewの略

ドローンが積載しているカメラを頭に装着することで、ドローンに乗っているような気分や感覚で操縦が行えるドローンのこと

 

関連記事

 

 

ペイロード

ペイロードとは、輸送される荷物の可搬量(最大積載量)のこと

ドローンでは、ドローンが物を運ぶための積載量のことを指す

カメラやジンバルを搭載する場合は、ペイロードの範囲内に収めることが大切

 

モード

 

ドローンを操作するプロポのモードのことで、モードは1~4までの4種類ある。

日本のラジコンヘリなどで使用されるモード1と、海外で使用されるモード2が主流になっている

 

関連記事

 

リポバッテリー

ドローンに使用されているリチウムポリマーバッテリーの略で、以下の特徴がある。

  • 自己放電が少ない
  • メモリー効果がない
  • 軽量・高出力

 

小型化が重要なドローンにはとても便利だが、取り扱いに注意しなければ危険ということがとても大切。

 

 

関連記事

 

Ah(アンペアアワー)

バッテリー容量をあらわす単位で電流(A)×時間(h)

使い始めから使い終えるまでにバッテリーから取り出し、放電した電気量のこと

例)12V 30Ahのバッテリーの場合

  • 1Aの電流なら30時間取り出せる容量
  • 10Aの電流なら3時間取り出せる容量
  • 30Aの電流なら1時間取り出せる容量

 

★ カメラ用語

カメラのセンサーサイズ

カメラのセンサーサイズとは、スマホやコンパクトデジタルカメラなどは「1/.3型(6.2×4.6mm)」、1型なら「13.2×8.8mm」フォーサイズなら「17.3×13.0mm」、APS-Cなら「23.6×15.8mm」といった違いがある

センサーサイズが大きいメリット

  • 写真の解像度が上がる=より細かく鮮明に写る
  • 高感度の撮影に強い
  • 背景のボケ具合がよりはっきりする

 

センサーサイズが大きいデメリット

  • カメラやレンズが大きく(重く)なる
  • カメラ価格が高い

 

センサーサイズが大きければ取り込める光量も増え、暗い場所でも鮮やかな映像を撮影することができる

 

HD:1280×720ピクセル

 

2K(フルHD):1920×1080ピクセル

2K1Kと呼ばれる

1920×1080=約207万画素

 

4K:3840×2160ピクセル

4K2Kと呼ばれる

4Kは3840×2160=約829万画素

2K(フルHD)の縦横2倍、面積比で4倍の値になる。

★ ドローンに関わる法律

ドローンと法律

航空法

 

関連記事

 

道路交通法

関連記事

 

電波法

関連記事

 

都道府県別各市町村条例

関連記事

 

小型無人機等飛行禁止法

関連記事

 

民法

関連記事

 

技術基準適合認定証(技適マーク)

技術基準適合証明マーク(技適マーク)とは、電波法令で定めている技術基準に適合している無線機であることを証明するマーク

 

周波数帯

電波を使用するときに割り当てられる電波の帯域にこと。

日本国内の殆んどのドローンは、2.4GHzの周波数帯の電波を使用している

 

電波障害

ドローンが送受信する電波が高層ビルなどや違法な電波などから干渉を受けて操縦に不具合が起きる

以下のような場合、ドローンが電波障害を起こす可能性があります。

  • ドローンなどの無線通信を行う無線局や高圧送電線からの放電は、電波同士が干渉し電波の速度が低下します。
  • 高層ビルなどの建物と建物の間では電波は遮蔽されてしまいます。
  • ドローンは機種ごとに電波が届くMAX距離がありますので、事前に飛行可能距離を理解しておく必要があります。

 

関連記事

 

アマチュア無線

周波数5.8GHz帯のFPVドローンを利用するために必要な無線免許

 

関連記事

 

Wi-fi

無線LANのうち、米国電気電子学会(IEEE)が定めるIEEE802.11の規格に準拠した無線通信規格。

Wi-Fiの名称は、キャッチーな名前を求めてHi-Fi(ハイファイ)の韻を踏んで命名された。「Wireless Fidelity の略である」という由来解釈は、「意味を持たないのはまずい」との理由から命名ののちに後付けされたものである

Wikipedia

ドローン飛行許可申請

航空法飛行許可・承認申請

関連記事

 

道路使用許可申請

関連記事

 

架空送電線周辺飛行の事前協議

関連記事

 

鉄道周辺飛行の許可申請

関連記事

 

★ ドローン本体

ブレード

ドローンのプロペラのこと

ブレードに1枚でも異常があると正常にドローンが飛行できなくなりますので、必ず交換するようにしましょう。

ブレードの形状は時計回りと半時計まわりの2種類があり、交換する際には、取り付け方向を間違いないようにしないとドローンが飛ぶことができません。

 

ローター

ブレードの中心の回転させるモーターのこと

ローターには複数のプロペラがついており、プロペラは墜落する原因になりますので日頃から目視点検するように心がけましょう。

 

ジンバル

ドローンで綺麗に映像を撮るには、飛行中のブレや揺れは大敵です。

ジンバルとは、カメラを常に安定させる装置になっています。

ドローンとカメラを直接つなげてしまうと、ドローンが傾いたときや振動がカメラに影響してしまい、撮影に影響がしてしまいます。

ジンバルで設置することにより、ドローンが傾いてもカメラの傾斜を水平を維持し、振動も吸収しますので、空撮時はブレなく撮ることができます。

ジンバルには電子式とマグネットダンパー式があります。

 

スキッド

ドローンの足のパーツ。

ドローンの着陸時に重心のズレを確認するためのもの。

 

関連記事

 

★ ドローンのセンサ類

関連記事

 

超音波センサー

超音波(20kHz)を利用し、音波が障害物に反射し戻ってくるまでの時間を計測し、障害物までの距離を算出するセンサー

ドローンが障害物へ衝突を回避するための役割

 

磁器方位センサー(コンパス)

ドローンがどの方位(東西南北)を向いているかを検出するセンサー

コンパスともいわれ、飛行させる場所次第で磁気の影響を受けやすいため、ドローンの飛行場所を変更するときには、コンパスキャリブレーションが必要

 

関連記事

 

ジャイロセンサー

ジャイロセンサーは、角速度センサーと加速度センサーのことをいい、ドローンの姿勢制御の重要な役割を担っている

 

角速度(軸方向の回転)センサー

ドローンの傾きの角度を計算するセンサーで、機体を安定させるための役割

ドローンの傾きに変化があった場合は、正しい傾き(姿勢)になるように各モーターの回転速度を調整している

 

加速度センサー

ドローンが一定の時間にどれだけ移動したか距離を検出するセンサー

振動や傾きは検知可能だが、移動速度を計測は不可能

ドローンの前後・左右・上下方向に働く重力加速度を感知し、傾きを制御し安定飛行につなげる役割

 

気圧センサー

ドローンの高度や飛行速度を計測するセンサー

ドローンの電源投入時に、地上の気圧データを検出し、上空との気圧の変化で正確な高度を測定している

 

ESC

モーターへ電気を流す時間を調整し、ローターへ回転速度を調整する電子回路。

略はElectronic Speed Controllerです。

 

GPS

宇宙に打ち上げられているGPS衛星より送られてくる信号をドローンのプロポが受信し、現在のドローンの位置を正確に把握することができるシステムのこと。

関連記事

 

GLONASS

GPSと同じく、衛星測位システム

 

関連記事

 

コンパスキャリブレーション

ドローンに方向、高さ、位置を教えるための作業

フライト前や電波障害の多い場所では、必ず実施するようにする

 

関連記事

 

トリム調整

機体が認識している水平や稼働感覚のズレなどを、微調整する機能

 

障害物検知センサー

ドローンが衝突防止のためのセンサーが障害物検知センサー

障害物検知センサーでは、ドローンが飛行する前方に障害物が(人や物など)あると感知して衝突を回避できる

機体によっては、その場で静止か回避するかを判断することもできる

 

★ ドローンの操作

プロポ

 

正式名称は、プロポーショナルシステムという

ドローンを操作するための送信機

アプリタイプとコントローラタイプの2種類がある

 

関連記事

 

スロットル

ドローンを上昇・下降させる操作

 

エルロン

ドローンを左右に動かず操作

 

エレベーター

ドローンを前進・後進させる操作

 

ラダー(回転)

ドローンがホバリング状態で回転する操作

 

カメラチルト

ドローンに付属しているカメラを動かす操作

チルトダウン:カメラの角度を下げること

チルトアップ:カメラの角度を上げること

 

ノーコン

ドローンとプロポの接続が切れ、操縦不能になること

ノーコントロールというが、通称ノーコンとよんでいる

 

ロスト

ドローンを飛行中に見失うこと

 

ホバリング

通常ホバリングでは、GPS機能により、機体の位置を認識して安定飛行を行います。

GPS受信は環境によって不安定な状態にもなります。

不安定なGPS受信状態では、ドローンは安定した飛行をすることができませんので、墜落や衝突のリスクを避けることができません。

 

関連記事

 

リターントゥーホーム(RTH)

リターントゥーホーム(RTH)とは、プロポにあるボタンひとつで離着陸ポイントまで自動で帰ってくる機能のことです。

ドローンが飛行の途中、プロポのボタンでリターントゥーホーム(RTH)させる以外にも、飛行状況に応じて自動で帰ってくる機能のことになります。

ただし、ドローンがGPSきちんと受信していなければ、正しい位置を把握できないためリターントゥホームは機能しません。

関連記事

 

フリップ

ドローンを宙返りさせる機能のこと

 

オリエンタルロック

方位固定モード

 

 

★ ドローンアクセサリー

モニターフード

操縦するときにタブレットなどに装着する、モニターに反射する太陽光を防ぐためのフード

関連記事

 


 

    高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

ドローン撮影やレッスンに関するお問い合わせ

御社のドローン事業にこんな課題はありませんか?

  • ドローンを導入して、新規の事業展開を検討している
  • ドローンを導入して、既存事業のコスト削減を検討している
  • ドローンを導入しているが、なかなか効率化につながらない
  • 社員をドローンスクールに通わせたけど、ドローンの活用が進んでいない
  • ドローン操縦のスキルをもっとあげたい
  • その他、ドローン導入に関連する事など

ドローン業界はとても注目されていますが、ドローン事業はまだまだ完全普及まで到達していないことが現状です。

ドローン空撮サービスやサポートについてのご質問やご相談などがありましたら、ご気軽にお問い合わせください。フォームより24時間受付ています。

 

SANKI PLANでは、ドローン利活用の発展へ積極的に取り組んでいます!!

関連記事

 

フォームより24時間受付ています。