ドローン飛行時の【道路使用許可申請】方法を解説します!

ドローンを道路上以外で飛行させる場合には道路使用許可は必要ありませんが

道路上を利用してドローンを飛行させる場合は道路使用許可を受けなければなりません。

 

道路使用許可を申請することにより

ドローンを道路上(高速道路等の主要幹線を除く)で利用することは可能となります。

 

今回は、ドローンを道路上で使用する場合に必要となる、道路使用許可に申請ついてお伝えしています。

 

きちんと飛行規則を守り、ドローンフライトを行いましょう!!

 

 

 

道路使用の許可とは

道路の使用許可を申請する必要があるのは道路交通法77条に該当する場合です。

 

次の各号のいずれかに該当する者は、それぞれ当該各号に掲げる行為について

当該行為に係る場所を管轄する警察署長の許可を受けなければなりません。

  1. 道路において工事若しくは作業をしようとする者又は当該工事若しくは作業の請負人
  2. 道路に石碑、銅像、広告板、アーチその他これらに類する工作物を設けようとする者
  3. 場所を移動しないで、道路に露店、屋台店その他これらに類する店を出そうとする者
  4. 道路において祭礼行事をし、又はロケーシヨンをする行為

 

 

ドローン離発着や飛行させる予定周辺に
民家や私道などがある場合の道路使用許可は必要ありません。
しかし、プライバシー侵害の問題がありますので注意が必要です。
撮影予定地の近隣へ事前告知や承諾などを頂くことが大切になります。

Sonちゃん
以下 民法も関係するので ドローンの飛行に関して理解しておくようにお願いしますね。

民法

民法についてみてみましょう。

 

民法では、土地所有の範囲として

私有地の上空で飛行させる場合には注意が必要となります。

 

民法207条
土地の所有権は、法令の制限内において、その土地の上下に及ぶ

 

私有地の所有権はその地下・上空に及ぶとされていますが

日本の民法上、土地所有権の上空の限界(高さ)を直接規定した法令はありません。

 

 

私有地を無断で飛行した場合

私有地を無断で飛行した場合には

空間の無断利用として民法第709条の不法行為にあたり

被害者には損害賠償請求権が発生してしまいます。

 

この場合は損害賠償請求をされる可能性があるので

事前にきちんと承諾をいただくことが大切になります。

 

 

関連記事

 

スポンサーリンク

道路使用の許可申請手続きについて

道路使用許可について

道路上を利用してドローンを飛行させる場合は、道路使用許可を受けなければなりません。

以下は、道路使用に関する許可申請手続きの方法になります。

 

申請窓口はどこ?
道路使用許可を必要とする道路を管轄する警察署です。
必要となる書類は?
道路使用許可申請書(撮影の目的や内容がわかる書類一式)が必要!
添付書類はなにかある?
現地の位置図・機体の写真・現場の安全対策図・緊急連絡先の体制図 等々を添付します。
手数料は必要?
2,000円~3,000円(申請先の警察署によって異なります)程度必要になります。

道路使用許可申請時の注意点

まずは、撮影場所の管轄にあたる警察署で 必要書類の確認をしてください。

 

道路許可申請書は

事前に記入内容の確認を警察署で行ってから 捺印したほうが

修正も必要なく スムーズに許可が受けられます。

 

Sonちゃん
私は、いつもこのようにしていますよ。

 

 

老後に2,000万円は必要!! 

とした報告書を金融庁が出した事は記憶に新しく、老後の資金計画に関心を持つ人がとても増えてきています。個人でも年金を貯蓄していきましょう!!

【資料請求はこちら】個人年金保険ポータルサイト

まとめ

ドローンを利用する以外でも

道路工事やビル建設も広告設置などの行為も、すべて道路使用許可を得ています。

 

ドローンを飛行させる環境を確認して道路使用許可や住民周辺へ周知することも

ドローンパイロットの重要な仕事のひとつですね。

 

 

ドローンを飛行させるために理解する規則や法律

 

 

ドローンに関係するご質問やご要望など、ご気軽にお問い合わせください。

⇒SANKI PLAN お問合せ

 

 

ドローン操縦の初心者向け練習方法

     

    ドローン測量は業務効率化ができます!

     

    Sonちゃん
    測量、土木、建築、都市計画等に利用する際の基礎となる、平面図や3Dモデリングの方法をわかりやすく解説しています。

    最新ドローン画像解析入門

     

    測量用ドローンPhantom 4 RTK 

    < Phantom 4 RTK特徴 >

    計画モードでは、オーバーラップ率/高度/飛行速度/カメラパラメーターなどを調整しながらドローンの飛行経路を選択し、自動マッピングまたは調査ワークフローを提供します。

    • 機体重量1391g
    • カメラセンサー:1インチCMOS
    • カメラ有効画素数:20MP
    • 最大飛行時間:30分

     

     

    ドローンの基礎知識をもっと深めたい!

     

     

    DJIドローン購入できます!

    < DJIドローン正規代理店 システムファイブ >

    DJIドローン全品動作確認&調整済み。トラブル時にも電話で安心サポート!!

        

    SYSTEM 5修理へご相談・初期不良・返品交換受付窓口はこちらから

     

    Mavic Mini

    < Mavic Mini 特徴 >

    • 超軽量199g
    • 最大18分の飛行時間
    • 最大2 kmのHD動画伝送
    • GPSとビジョンセンサーによる正確なホバリング
    • 3軸ジンバル搭載 2.7Kカメラ
    • 簡単撮影&編集

    最新ドローン完全攻略9(2019/12/11)

     

     

    目的別におすすめするドローンやアクセサリーの記事一覧

    HITHUJI
    趣味でドローンを楽しまれたい方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

     

    Sonちゃん
    FPVドローンに興味がある方はこちらの記事です。

     

    HITHUJI
    ドローンのアクセサリーやパーツのご紹介をしています。

     

    Sonちゃん
    ドローンビジネスに活用できる産業用ドローンの記事です。

     

     

     

     

     

     

    ニコチン0、タール0、嫌な臭い0。新世代のVAPE、DR.VAPE(ドクターベイプ)

       

     高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!

    ドローン撮影やレッスンに関するお問い合わせ

    御社のドローン事業にこんな課題はありませんか?

    • ドローンを導入して、新規の事業展開を検討している
    • ドローンを導入して、既存事業のコスト削減を検討している
    • ドローンを導入しているが、なかなか効率化につながらない
    • 社員をドローンスクールに通わせたけど、ドローンの活用が進んでいない
    • ドローン操縦のスキルをもっとあげたい
    • その他、ドローン導入に関連する事など

    ドローン業界はとても注目されていますが、ドローン事業はまだまだ完全普及まで到達していないことが現状です。

    ドローン空撮サービスやサポートについてのご質問やご相談などがありましたら、ご気軽にお問い合わせください。フォームより24時間受付ています。

     

    SANKI PLANでは、ドローン利活用の発展へ積極的に取り組んでいます!!

    関連記事

     

    フォームより24時間受付ています。