【 電波法 】ドローンと電波法
スポンサーリンク

 

 

ドローンは、プロポ(ドローン送受信機)が発している電波を使って操縦をしています。

 

電波は目に見ることはできませんが、電波にも電波法というルールがあり

ドローンを操縦するには大切な法律です。

 

今回は、ドローンを利用する際に必要最低限知っておきたい

電波法についてみてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

電波とは

 

まず電波とは、電界と磁界が振動しながら空間を伝播するものです。

 

音は空気などの振動媒体がないと伝わりませんが

電波は空気がない真空空間でも伝わることができるため

電波の伝播速度は、音より速く伝わります。

 

電波は電磁波のひとつとして扱われます。

 

電波法第2条の1
300テラヘルツ(300万MHz)以下の周波数の電磁波
と定義され、周波数帯は3kHz~3THz、波長は0.1mm~100㎞であり
以下の特徴をもっています。
  • 電気が通りにくいもの(木やガラスなど)への電波は通り抜ける
  • 電気を通しやすいもの(金属など)への電波は反射する
  • 障害物(山や建物など)への電波は曲がる

 

 

 

スポンサーリンク

ドローンに使われている電波と必要な無線免許

2.4GHz帯

主にドローンに使われている電波周波数帯です。

 

一般的な無線LAN(Wi-Fi)やBluetoothに使われている周波数帯域であり

特に資格などは必要ありません

 

5.7~5.8GHz帯

ドローンのカメラから送られてくる一人称映像を見ながら操縦するFPV(ドローンレース)では

この帯域の電磁波が利用されており

第4級以上のアマチュア無線従事者免許と無線局の開局手続きが必要になります。

 

産業用大型ドローンにも利用されており

産業用ドローンを運用するには第3級以上の陸上特殊無線技士免許が必要になります。

 

周波数帯が変われば送信出力も変わり
2.4GHz帯の最大送信出力は「10mW/MHz」に対して5.7GHz帯では最大1W/MHzになります。
スポンサーリンク

技術基準適合証明マーク

技術基準適合証明マーク(技適マーク)とは

電波法令で定めている技術基準に適合している無線機であることを証明するマークであり

個々の無線機につけられています。

 

日本国内で無線を利用するには

技適マークがある無線機を使わなければならないことになっています。

 

ドローン購入時には必ず技適マークを確認しましょう。

技適マーク

 

 

電波法違反にならないためには

 

電波法は日本で定められているルールになります。

 

日本で注意しなければならないことは

海外製や輸入された技適マークの表示がないドローンを国内で使用すれば

電波法違反となる可能性があることです。

 

しっかりと技適マークの表示があるか確認をしましょう!

電波法違反をすれば罰金や逮捕の対象となります。

 

HITHUJI
ドローンを操縦するとき 普段からプロポのアンテナの向きは、ドローンに向けるように気を付けてる?

Sonちゃん

すごく気をつけてるよ。

プロポ(ドローン送受信機)のアンテナの向きは すごく大事なことだと思うよ。

 

 

 

    • プロポのアンテナは、 常にドローンの方に向けるようにしましょう!
    • プロポのアンテナの向きと ドローン機体との角度が悪いと 操縦や映像に影響が出るから気を付けて!

     

     

     

    HITHUJI
    じゃあ プロポ(ドローン送受信機)のアンテナの向きによって 電波の効果に差があるってことなの?

    Sonちゃん

    アンテナの向きが悪いと、ドローンから送られてくる画像が途切れたり 最悪は操縦不能になるよ。

     

     

    HITHUJI
    金属面をドローン向けて、アンテナの受信感度をよくするアイテムもあります!

    TOZO アンテナレンジブースター

    DJI Mavic Air / Mavic Pro / Spark対応 送信機用 信号増幅器

     

     

     

    Threeking Mavic Pro/Mavic Air/Mavic 2 Pro/Mavic 2 Zoom/Spark

    リモコン用アンテナレンジブースター

    まとめ

     

    ドローンを操縦するために電波法もドローンパイロットにとても必要な知識です。

     

    ドローンの電波で使用されるのは

    「2.4GHz帯」と「5.7GHz~5.8GHz帯」の2種類になっており

    FPVドローンと業務用大型ドローンを飛行させる場合は

    無線免許の取得が必要になります。

     

    そして電波は目に見えないため

    プロポのアンテナの向きはドローンへ向け

    干渉を受けやすい環境などを事前にリサーチする行動もとても大切ですね。

     

     

    HITHUJI

    電波の伝わり方の理解は重要です。

    こちらの記事で詳しく説明していますので、ぜひご覧ください。

     

    関連記事

     

     

     

    Sonちゃん

    電波障害になったときは、落ち着いて対処しましょう。

    こちらの記事で説明しています。

     

    関連記事

     

     

     

     

    ドローンを飛行させるために理解する規則や法律

     

     

     

    ドローンの基礎知識をもっと深めたい!

     

     

    ドローン操縦の初心者向け練習方法

       

       

      Mavic Mini

      < Mavic Mini 特徴 >

      • 超軽量199g
      • 最大18分の飛行時間
      • 最大2 kmのHD動画伝送
      • GPSとビジョンセンサーによる正確なホバリング
      • 3軸ジンバル搭載 2.7Kカメラ
      • 簡単撮影&編集

      最新ドローン完全攻略9(2019/12/11)

       

       

       

      早くドローンパイロットになるために操縦スキルを習得しよう!

       

       

       

      目的別におすすめするドローンやアクセサリーの記事一覧

      HITHUJI
      趣味でドローンを楽しまれたい方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

       

      Sonちゃん
      FPVドローンに興味がある方はこちらの記事です。

       

      HITHUJI
      ドローンのアクセサリーやパーツのご紹介をしています。

       

      Sonちゃん
      ドローンビジネスに活用できる産業用ドローンの記事です。

       

       

      カメラの基礎知識を知りたい方の参考記事

       

       

       

       


       

       

       

      \高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』/

      まずはお試しの10日間は無料!

       

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      最新情報をお届けします

      Twitter でフォローしよう!

      スポンサーリンク

      この記事が気に入ったらフォローお願いします

      最新情報をお届けします

      Twitterでフォローしよう