【ドローン基礎講座】GPS機能付きドローンを理解する

GPSとは全地球測位システムのことで、Global Postitioning System(グローバル ポジショニング システム)の略になります。

宇宙に打ち上げられているGPS衛星より送られてくる信号をドローンのプロポが受信することで、現在のドローンの位置を正確に把握することができるシステムです。

GPS搭載ドローンでは、自動運転の精度を高めることができます。

  • 自動操縦が可能
  • ドローンで撮影した空撮写真に位置情報の記録が可能
  • リターントゥーホーム機能の使用

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

GPSとは?

宇宙にはGPS衛星が地球の周りに30機ほどあり、地球のどの場所においても、4機以上のGPS衛星が上空にあるようになっています。

GPS衛星が発した信号を、地球上でドローンが受信し現在の位置を把握しています。

 

スポンサーリンク

ドローンの位置の特定方法

GPS衛星が発信した信号をドローンが受信し、受信までにかかった時間差を計算することによってGPS衛星との距離を計算しています。

またGPS衛星との距離からドローンが受信するときの誤差が大きいため、最低4機のGPS衛星の受信を必要とします。

GPS搭載ドローンでは、GPSで正確な位置を把握することで自立飛行や自立ホバリングが可能になります。

自立飛行では、ドローン自らが設定したルートで飛行しその後も自動で指定した場所まで戻ることができます。

自動ホバリングは、ドローンを上空で静止させることが可能です。

 

関連記事

 

ドローンがGPSを正常に受信できるときのメリット

  • 自動操縦が可能
  • ドローンで撮影した空撮写真に位置情報の記録が可能
  • リターントゥーホーム機能の使用

 

 

Sonちゃん
自動操縦ができると、ドローン操縦の難易度も下がるね

 

 

スポンサーリンク

GPS受信切断に注意する場所

以下の場所では、GPS受信が切れる場合ありますので注意が必要です。

  • 山間部や滝の谷間のような、見通しが悪い場所
  • 雲が厚い日などの天候が悪い日
  • 高層ビルの間などの、GPS信号を遮断してしまう可能性がある建物がある場所
  • 建物の中には、GPS信号が届きません!

 

 

Sonちゃん
ドローン飛行する場所には、周りに高い遮蔽物がなく、飛行範囲内が環境的に開けている場所が好ましいですね。

 

GPS信号が切れたときの対応

GPS信号が、突然切れてしまった場合の対処方法も大切です。

日頃から落ち着いて操縦ができるように、手動運転にも慣れておくことが必要です。

Sonちゃん
GPS機能がないトイドローンを使って、何度も部屋で練習してくださいね。

関連記事

 

 

GPS受信遮断と電波障害の違い

GPS信号が切れるときは、徐々に補足本数が減っていく状態がほとんどです。

 

よほどの場合でなければ、GPSは急には切れません。

 

電波障害のときは、モニター画面から画像が突然消えます。

 

 

Sonちゃん
"電波障害" だなとすぐにわかりますよ。
関連記事

 

 

まとめ

 

GPS信号が切れるときは

徐々に補足本数が減っていくということを知っておけば

落ち着いて対処できそうですね。

 

ドローンのGPS機能はとても便利な機能ですので

しっかりと理解おくことがドローンを安全に飛行させるための前提になります。

 

 

GPSとGLONASSの併用で受信精度を高め、自動飛行を安定することができます。

 

関連記事

 

 

 

ドローン初心者向け練習法

現在のドローン空撮は、測量・農業・映像・インフラメンテナンス・物流・土木・警備・災害対策などの分野で積極的に行われています。これらの分野で活躍しているドローンパイロットは、高度な操縦技術を習得することが必要でありそれは容易ではありません。

はじめの一歩は安価でGPS機能が搭載されていないミニドローン(機体100g未満)での室内練習を繰り返しながら、ドローンの難しい操作をクリアしましょう!

 

 

ドローン操作コツ

自由にドローンを操作するには、焦らず時間をかけてじっくりとドローン操作経験を積んでいくことが重要です。

 

 

 

 

ドローンの基礎知識をもっと深めたい!

 

 

 

 

[common_content id="11300"

 

 

 

    高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

スポンサーリンク