ドローン規制【鉄道周辺で飛行時】許可申請方法について解説!

ドローン飛行時に鉄道が周辺にがあるケースに必要な許可申請方法を解説しています。

ドローンを安全に飛行させるための飛行規制はたくさんあります。

航空法(ドローン機体100g以上)では、衝突や接触などの危険性があるため第三者(人や物)からの距離は30m離すように定められています。

関連記事 ドローン規制【 航空法 】とは 

当然、ドローンの飛行の30m範囲に鉄道がある場合も例外ではありません。

ドローンを飛行させる場合は常に安全に注意しますが、原因がわからないままトラブルが起きてしまうこともあります。

トラブルが起きるリスクを減らせるように、事前準備をきちんと行うことが大切です。

列車が通過しない時間帯に飛行させるのがベストです。

 

鉄道付近でドローン飛行させる許可申請手順

  1. ドローンを飛行させる場所から一番近い駅へ伺い、申請先を教えていただきましょう。
  2. 申請先へ連絡し、後日指定された事務所へ行きます。

申請時に必要な書類

  • ドローン撮影の目的(測量など)
  • ドローン撮影予定日時(予備日も忘れずに)
  • ドローン飛行範囲図
  • 飛行する機体の写真
  • 航空法飛行申請許可の写し
  • 連絡先等の資料
    スポンサーリンク

     

     

     

    スポンサーリンク

    ドローン飛行30m範囲に鉄道がある場合の許可申請方法は?

    Droue 3D surveyingでは、ドローンを飛行させる範囲に鉄道線路との離隔が100mの飛行に対して許可申請を行っています。

    許可申請では、管轄する鉄道事務所と事前協議を行います。

    今回は、あくまでも Droue 3D surveying のケースをご紹介していますので、それぞれの事業所で確認をお願いします。

    スポンサーリンク

    鉄道付近でドローン飛行させるための許可申請手順

    飛行計画の事前確認にて、鉄道が近い場合は飛行許可申請をしましょう。

    では実際に飛行計画の100m内に鉄道があった場合の申請手順をお伝えします。

    1. ドローンを飛行させる場所から一番近い駅へ伺い、申請先を教えていただきましょう。
    2. 申請先へ連絡し、後日指定された事務所へ行きます。

     

    申請先へ持参する書類

    • ドローン撮影の目的(測量など)
    • ドローン撮影予定日時(予備日も忘れずに)
    • ドローン飛行範囲図
    • 飛行する機体の写真
    • 航空法飛行申請許可の写し
    • 連絡先等の資料
    スポンサーリンク

    鉄道周辺でドローンを飛行させる時の注意点

    • 列車の時刻表を持参しておいて、列車が通過しない時間帯に飛行させるのがベストです
    • ドローン飛行を安全に行うため、飛行経路全体が見渡せる監視担当者も必要です。
    • 念のため、緊急連絡先表も持参しておきましょう。

     

    測量業務中に鉄道周辺で起きた ドローンヒヤリ体験

    撮影当日線路から100m以上の離隔は確保している現場でしたが、、、

    自動飛行中に突然!勝手にドローンが上空で止まり動かなくなった経験があります。

    しばらく(1分間ぐらい)そのまま様子を見ていましたが、ドローンは停止したまま変化がなかったので、リターントゥホームを押し離発着地点まで帰還させた経験があります。

    正直リターントゥホームで離発着地点にきちんと戻って来るか、とても不安でしたが、ドローンは無事に戻ってきてくれました。

    事前の現地調査の段階で200mぐらい離れたところに特大のパラボナアンテナを確認していたので、気になっていました・・・・
    そのパラボラアンテナの電波干渉が原因かどうかは分かりませんが、鉄道線路付近などの撮影中にトラブルがあると動揺がかくせませんよね。

    リターントゥホームの高度設定はきちんとできていますか?

    関連記事  リターントゥホーム(RTH)とは?の設定をきちんとしてますか?

    関連記事  ドローンで危ない電波干渉!墜落リスクを減らす対処法

     

     

    鉄道付近でドローン飛行させる許可申請手順

    ドローンを飛行させる場合は常に安全に注意しますが、原因がわからないままトラブルが起きてしまうこともあります。

    トラブルが起きるリスクを減らせるように、事前準備をきちんと行うことが大切です。

    列車が通過しない時間帯に飛行させるのがベストです。

    1. ドローンを飛行させる場所から一番近い駅へ伺い、申請先を教えていただきましょう。
    2. 申請先へ連絡し、後日指定された事務所へ行きます。

     

     

    申請時に必要な書類

    • ドローン撮影の目的(測量など)
    • ドローン撮影予定日時(予備日も忘れずに)
    • ドローン飛行範囲図
    • 飛行する機体の写真
    • 航空法飛行申請許可の写し
    • 連絡先等の資料

    ドローンを飛行させる場合は常に安全に注意しますが、原因がわからないままトラブルが起きてしまうこともあります。

    トラブルが起きるリスクを減らせるように、事前準備をきちんと行うことが大切です。

    列車が通過しない時間帯に飛行させるのがベストです。

     

     

     

         ご 気 軽 に お 問 い 合 わ せ く だ さ い     

    ドローン全般、3次元データ作成、ドローン操縦代行およびパイロット育成に関することなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

    • これからドローンを導入したい業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
    • ドローン測量を始めるために何からすればいい?
    • ドローン操縦できるスタッフをガッツリ育成したい!
    • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのか

    などお客様の相談内容に合わせて、現場での直接のサポート、電話、メール、ZOOMなどのお好みのスタイルで対応いたします。

    *お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。

     

    電話でのお問い合わせ

    090-5737-0422     受付時間 平日(月~土)/9:00~18:00

    メールでのお問い合わせ(365日24時間)

    ご質問やご相談など、各項目を入力のうえ、お問い合わせください。

    入力が終わりましたら、「送信」クリックをお願いします!

    *は必須項目です。






      必須 ご相談内容ご相談お見積もりお問い合わせその他
      必須 お名前
      必須 メールアドレス
      任意会社名
      必須郵便番号
      必須都道府県
      必須ご住所
      必須お電話番号
      必須メッセージ本文 

       

      スポンサーリンク

      3次元データ(オルソ画像・点群データなど)へ変換することによって、生産性の向上、人手不足の解消、コスト削減に役立ちます。以下はDrone 3D surveyinで行うドローン測量の流れです。

       

      <これまでご相談いただいた主な内容>

      • これからドローンを導入したいけど機材の選定はどうしたらいい?
      • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのかやり方が分からない
      • 業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
      • ドローンパイロット育成が難しい
      • 難しいドローン操縦に自信がないのでスキルUPをしたい
      • 3次元データの精度が悪いから精度を上げたい

      <Drone 3D surveying  お問い合わせ>:無料相談受付中