【ドローン初心者向け練習法】ホバリングのやり方のコツ教えます!
ホバリングとは、上空である程度の高さと位置で止まったまま静止する飛行方法です。
ホバリングは最も基本的となるドローンの操作です。
もっともっとスキルを上げて飛行テクニックを身についけたいと思いますよね。
ドローン操縦初心者の基本とするホバリングの練習をご紹介しています。
ここでは、ドローンパイロットが実際にやっている初心者向け練習方法をご紹介しています。
  • ホバリングの基本的な操縦練習方法
  • ホバリングがさらに上達する練習のコツ
  • ホバリングにおすすめのミニドローン

ホバリングは、ドローンパイロット必須の基本操作となります。

必ず、手動操縦でのホバリングスキルを身につけておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

ホバリングとは?

ホバリングとは 上空で一定の高さと位置で静止する飛行テクニック

一般的にドローンは上空を自由に飛び回る姿が思い浮かびますが、それと同様に上空で安定した状態で静止できる機能も重要なドローンの特徴になります。
スポンサーリンク

なぜホバリングが重要なの?

通常のホバリングは、GPS機能により機体の位置を地球上で認識して安定飛行を行いますが、GPS受信は環境によって不安定な状態にもなります。

この不安定なGPS受信状態では、位置を把握できずドローンは安定した飛行をすることができませんので墜落や衝突のリスクが高まり危険です。

ホバリングには、GPS機能の理解が必要です。

 

関連記事【ドローン入門】GPS機能付きドローンを理解する

最近のドローンの上位機種では、自動でホバリングを行い操縦も簡単になっています。
しかし、自動機能に頼りすぎると突然のトラブル時に対応することができません。

また着陸時には、ホバリング状態でゆっくりと着地させなければ、地面でドローン機体に衝撃を与え、故障の原因にもなります。

ホバリング操作は、ドローンパイロットの必須の基本操作となります。

必ず、手動操縦でのホバリングスキルを身につけておきましょう。

 

スポンサーリンク

上達するホバリングの初心者向け練習方法

ホバリングの基本練習をご紹介していきます。

何回もしっかりと繰り返しクリアしましょう!

ホバリングの基本的な操作方法

ホバリングのプロポ操作です。
  • ドローン機体が下降しそうになったら上昇させる
  • ドローン機体が上昇しそうになったら下降させる
  • ドローン機体が左右に移動しそうになったら、右なら左、左なら右へ移動させる

 

説明するとこうなりますが、プロポでは上昇下降操作と同時に左右の操作をさせなければいけません。
見た目ほど簡単にはできませんので、しっかりと練習を行いましょう。

ホバリングが上達する基本練習

ホバリングができるまで、下記の手順で練習を行います。

STEP1  ドローンの向きは同じです

ホバリングの基本練習です。
  1. まずは低い位置(目線の高さ)でのホバリングを行ってみます。
  2. 低い位置でホバリングができたら、ドローン機体の向きは変えずに、高さを5m・10m・15m・20mまで上げて練習しましょう

 

STEP2 ドローンの向きを変えます(右・左・後)

次は、高さとドローンの向きを変えてホバリングの練習を行います。
  1. 高さ5m:機体の向き(右・左・後)
  2. 高さ10m:機体の向き(右・左・後)
  3. 高さ15m:機体の向き(右・左・後)
  4. 高さ20m:機体の向き(右・左・後)

 

ホバリングがさらに上達する練習のコツ

基本練習の方法でホバリングが出来るようになったら、条件を変えてみます。

あえて少し風が強い場所や時間帯(夕方)に、基本練習でホバリングにチャレンジしてみましょう。

風が強すぎるときは避けてくださいね

 

ホバリング練習には ミニドローンがおすすめ!

野外でホバリングを本格的なドローン機体で練習する前に、ミニドローン(GPS機能無)で、室内で徹底的に練習するのがおすすめです。

上位機種になると、重量もあり安定してホバリング操作も簡単ですが、練習にはなりません

GPS機能がないトイドローンや小さめのミニドローンで、しっかりと練習をしましょう。

室内で練習するには、ちょうどいいサイズのドローンです。

最初の最初は室内でたくさん練習するのが上達のコツ!!

Holy Stone HS210 ミニドローン

  • バッテリー3個付き :最大飛行時間21分
  • 100g未満 :機体重量21.8g
  • ヘッドレスモード
  • フリップモード搭載
  • モード1/2転換可 国内認証済み
  • カメラ なし

Holy Stone HS160 ドローンカメラ付き

  • 折り畳み式(100g未満)
  • バッテリー2個
  • 2 WAYコントロール&720P カメラ搭載
  • ヘッドレスモード、体感操作モード、トリム調整、スピード切替
  • 防爆バッグ、予備プロペラ4、充電ケーブル、収納バッグ、スマホホルダー
  • モード1/2転換可

 

 

Holy Stone HS170

  • Holy Stone 一番頑丈、安定なドローンHS170、初心者最適
  • 機能:自動的に高度維持、ホバリング、3D宙返り、ヘッドレスモード、モード1/2自由転換
  • 機体重量:41g 操作距離:約50メートル

Ryze トイドローン Tello:プログラミング可能

Telloは最新の技術を搭載した高性能トイドローン。
  • 機体重量80g
  • 最大飛行時間 13 分
  • バッテリー3個、プロペラ(ペア)4、プロペラガード(ペア)2、Micro USBケーブル、バッテリー充電ハブ

ドローンご購入される際の注意点

2022年6月20日より、100g以上の無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の登録が義務化されます。
同日より、機体登録を行わなければ屋外を飛行させることはできませんのでご注意ください。
詳しくは、国土交通省の「無人航空機登録ポータルサイト」をご参照ください。
あわせて「無人航空機(ドローン)の飛行ルール」もご参照ください。

関連記事  ドローンに関わる規制【 航空法 】とは

ドローン操縦はホバリングだけではありませんが、基本練習の繰り返しが上達の最短コースです。

やればやるほど、じわじわと上達していきますので、焦らずマイペースで頑張りましょう!

 

 

 

     ご 気 軽 に お 問 い 合 わ せ く だ さ い     

ドローン全般、3次元データ作成、ドローン操縦代行およびパイロット育成に関することなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • これからドローンを導入したい業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
  • ドローン測量を始めるために何からすればいい?
  • ドローン操縦できるスタッフをガッツリ育成したい!
  • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのか

などお客様の相談内容に合わせて、現場での直接のサポート、電話、メール、ZOOMなどのお好みのスタイルで対応いたします。

*お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。

 

電話でのお問い合わせ

090-5737-0422     受付時間 平日(月~土)/9:00~18:00

メールでのお問い合わせ(365日24時間)

ご質問やご相談など、各項目を入力のうえ、お問い合わせください。

入力が終わりましたら、「送信」クリックをお願いします!

*は必須項目です。






    必須 ご相談内容ご相談お見積もりお問い合わせその他
    必須 お名前
    必須 メールアドレス
    任意会社名
    必須郵便番号
    必須都道府県
    必須ご住所
    必須お電話番号
    必須メッセージ本文 

     

    スポンサーリンク

    3次元データ(オルソ画像・点群データなど)へ変換することによって、生産性の向上、人手不足の解消、コスト削減に役立ちます。以下はDrone 3D surveyinで行うドローン測量の流れです。

     

    <これまでご相談いただいた主な内容>

    • これからドローンを導入したいけど機材の選定はどうしたらいい?
    • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのかやり方が分からない
    • 業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
    • ドローンパイロット育成が難しい
    • 難しいドローン操縦に自信がないのでスキルUPをしたい
    • 3次元データの精度が悪いから精度を上げたい

    <Drone 3D surveying  お問い合わせ>:無料相談受付中