ドローンが電波干渉!対処法を解説します!
telecommunication mast TV antennas wireless technology
ドローンはプロポから発信する電波によってコントロールされています。
ドローンとプロポとは電波でつながっていますが、電波が届く途中に障害物や媒体があると、電波が変化しコントロール不能になる場合があります。
電波は目に見えませんが、ドローンへ電波が届かないと操縦できなくなり墜落の原因となってしまいます。
ドローンへの電波の伝わり方は、環境によって特性があり、電波干渉する可能性も少なくありません。
DJIドローン取扱説明書は4㎞の範囲で操縦することが可能としていますが、風や天候など何も障害物などがないケースのことになります。
飛行事前準備の重要さと電波干渉になった時の対処方法を知っておきましょう。
また、ドローンが電波干渉になった時は、ドローンから送信されるはずの映像が途絶え、プロポも操作できません!
あわてずに対処しましょう!
また電波は見えないので、撮影場所周辺の電波干渉が起こりそうな環境をしっかりとリサーチしておきましょう!
スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

ドローン電波干渉のリスク

ドローンは、プロポから発信される電波によってコントロールされています。

参考記事 ドローンに必要な知識【電波法】の定義と無線免許

 

ドローン電波干渉とは

プロポとドローンは電波でつながっていますが、電波が届く途中に障害物や媒体があると、電波が変化しコントロール不能になる場合があります。
電波干渉とは、高層ビルや電磁波が原因で電波が変化した結果、ドローンまで電波が届かず操縦不能になりトラブルが発生することをいいます。
下記の場合には、ドローンが電波干渉を起こす可能性がありますので注意しましょう。
  • ドローンなどの無線通信を行う無線局や高圧送電線からの放電は、電波同士が干渉し電波の速度が低下します。
  • 高層ビルなどの建物と建物の間では電波は遮蔽されてしまいます。
  • ドローンは機種ごとに電波が届くMAX距離がありますので、事前に飛行可能距離を理解しておく必要があります。

ドローンの電波干渉とプロポとの距離は?

DJIドローン取扱説明書は4㎞の範囲で操縦することが可能としていますが、風や天候など何も障害物などがないケースのことになります。

じゃあ 障害物などがあることがほとんどだから 電波がドローンへ届く範囲は絶対に短くなるってことよね。

そういうこと!

電波干渉になりそうな障害物

  • 船舶同士が通信している無線
  • いかんせん電波
  • 携帯基地局のアンテナなど
事前にグーグルマップなどで、現地の携帯基地局のアンテナなどは電波干渉が起こりえることをイメージしておきましょう。

参考記事 ドローンで危ない電波干渉!墜落リスクを減らす対処法

 

 

 

スポンサーリンク

ドローン電波干渉の対処方法

電波干渉時のドローンの症状

電波干渉が起きた時は
ドローンから送信されるはずの映像が途絶え、プロポも操作できません!
電波干渉になるとドローンが見えないので、目隠ししてドローンを操縦している感じで す。
ドローンが 勝手に飛び回ることもあり、本当にビックリします!

ドローン電波干渉時の対処法

電波が途絶えた場合は
まずは1分間ぐらいそのまま何もせず、焦らずジーと待つ!!

自然と回復するケースが多いから。

そして~1分たっても電波が戻らない時は プロポのリターントゥーホーム(自動帰還)ボタンを押して自動帰還させることになるかな。

リターントゥホームは、ドローンは電波が途絶えた地点から プロポの場所まで直線に帰還します。ドローンが帰還する途中に高い木などの障害物があると、ぶつかる危険性がありますので、高めの高度設定をおこないましょう。

 

 

ドローンが電波干渉しないようにするには?

電波は見えないので、撮影場所周辺の環境をしっかりとリサーチしておきましょう!

電波干渉のリスクが低くなうように、ドローンの離発着場や 飛行経路を選択することが大事です。

ドローンの準備や飛行環境調査、そして見えないものを観察するイマジネーションを習慣にしてくださいね。

携帯基地極・送電線・大きなパラポナアンテナ・海の近くの船舶無線など いろんな電波が飛んでいるんじゃないか?って疑ってください

 

アンテナの受信感度をよくするアイテム

金属面をドローン向けると、アンテナの有効範囲を向上させ、電波信号を増幅させます。

ドローン用アンテナブースター  2.4Ghz

(DJI Mavic Mini//Mini SE/Mavic Air/Mavic 2/Spark/Phantom 4 PRO/Autel EvoIIシリーズ対応)

 

 

Bestmaple Mavic 2 Pro 用ンテナレンジブースター エクステンダー リモコンFPV信号増幅器ブースター

DJI MAVIC MINI/Mavic Pro/AIR/SPARK/Zoom対応 (日本語説明書付属)


ドローン用 八木アンテナ 2.4GHz アンテナブースター 信号ブースター (2.4Ghz)

DJI Mini 3 Pro RC N1・Mavic 3・Mini 2・Mavic Air 2・Air 2S対応


アンテナレンジブースター エクステンダー リモコンFPV信号ブースター (ゴールデン)

DJI Phantom 4 Phantom 3 Pro/Advanced Inspire 1対応

 

 

上空では、見えない電波が飛び交うため電波干渉が起きることを想定することが大事です。
  1.  電波干渉でコントロール不能になったらジッ~と待つ!!
  2.  1分たっても電波が戻らない時は プロポのゴーホーム(自動帰還)ボタンを押して自動帰還させる(*設定高度は高め)

 

そして、電波干渉にならない離発着場所や飛行経路も大切!!
電波は見えませんので、ドローンを飛行させる場所の周辺環境を必ずリサーチしておきましょう。

 

     ご 気 軽 に お 問 い 合 わ せ く だ さ い     

ドローン全般、3次元データ作成、ドローン操縦代行およびパイロット育成に関することなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • これからドローンを導入したい業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
  • ドローン測量を始めるために何からすればいい?
  • ドローン操縦できるスタッフをガッツリ育成したい!
  • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのか

などお客様の相談内容に合わせて、現場での直接のサポート、電話、メール、ZOOMなどのお好みのスタイルで対応いたします。

*お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。

 

電話でのお問い合わせ

090-5737-0422     受付時間 平日(月~土)/9:00~18:00

メールでのお問い合わせ(365日24時間)

ご質問やご相談など、各項目を入力のうえ、お問い合わせください。

入力が終わりましたら、「送信」クリックをお願いします!

*は必須項目です。






    必須 ご相談内容ご相談お見積もりお問い合わせその他
    必須 お名前
    必須 メールアドレス
    任意会社名
    必須郵便番号
    必須都道府県
    必須ご住所
    必須お電話番号
    必須メッセージ本文 

     

    スポンサーリンク