ドローンに関わる規制【 航空法 】とは

令和4年6月20日より、航空法では総重量100g以上の無人航空機(ドローン)の規制対象となります。

ドローンは利活用がどんどん増え、幅広い活躍が期待されています。

しかし、上空でドローンを飛行させるためには墜落等の危険が伴うため、航空法によって規制が設けられていますので、きちんと理解しておくことが必要です。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

航空法の規制対象となるドローンとは?

航空法で規制対象となる無人航空機(ドローン)

飛行機・回転翼航空機・滑空機・飛行船であって構造上 人が乗ることができないもののうち、遠隔操作または自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量=機体本体の重量とバッテリー重量の合計)のものを除く。

無人航空機(UAV)の定義
※令和4年6月20日から、重量100g以上の機体が「無人航空機」の扱いに変わり、飛行許可承認申請手続きを含む、航空法の規制対象になります。
国土交通省で決められた飛行ルールに違反すると、罰則が科せられます。
スポンサーリンク

航空法が定めるドローン飛行禁止空域

参考リンク:国土交通省(無人航空機の飛行禁止空域と飛行の方法)

 

(A)空港等周辺の上空の空域

 

空港等の周辺の空域は、空港やヘリポート等の周辺に設定されている進入表面、転移表面若しくは水平表面又は延長進入表面、円錐表面若しくは外側水平表面の上空の空域、(進入表面等がない)飛行場周辺の、航空機の離陸及び着陸の安全を確保するために必要なものとして国土交通大臣が告示で定める空域です。

空港等の周辺の空域

 

(B)緊急用務空域

 

警察、消防活動等緊急用務を行うための航空機の飛行が想定される場合に、無人航空機の飛行を原則禁止する空域(緊急用務空域)を指定し、当ホームページ・Twitteにて公示します。

空港等の周辺の空域、地表又は水面から150m以上の高さの空域、または人口集中地区の上空の飛行許可があっても、緊急用務空域を飛行させることはできません。

緊急用務空域

 

(C)150m以上の高さの空域

 

地表又は水面から150m以上の高さの空域を飛行させる場合には、許可申請の前に空域を管轄する管制機関と調整をおこなってください。

地表又は水面から150m以上の高さの空域

 

(D)人口集中地区の上空

 

人口集中地区は、5年毎に実施される国勢調査の結果から一定の基準により設定される地域です。

人口集中地区の上空

 

人口集中地区とは人口密度が概ね

4000人/1km2以上(1km×1kmの範囲の中に4000人以上が住んでいる地域)の地区が該当し

5年に1回行われる国勢調査により定められています。

⇒国土交通省 人口集中空域

 

スポンサーリンク

ドローンの飛行方法

ドローン飛行禁止空域以外にも、飛行ルールの規制があります。

参考リンク:国土交通省(無人航空機の飛行禁止空域と飛行の方法)

遵守事項

 

  1. アルコール又は薬物等の影響下で飛行させないこと
  2. 飛行前確認を行うこと
  3. 航空機又は他の無人航空機との衝突を予防するよう飛行させること
  4. 他人に迷惑を及ぼすような方法で飛行させないこと
  5. 日中(日出から日没まで)に飛行させること
  6. 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
  7. 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
  8. 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
  9. 爆発物など危険物を輸送しないこと
  10. 無人航空機から物を投下しないこと
    無人航空機の飛行の方法

 

 

     ご 気 軽 に お 問 い 合 わ せ く だ さ い     

ドローン全般、3次元データ作成、ドローン操縦代行およびパイロット育成に関することなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • これからドローンを導入したい業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
  • ドローン測量を始めるために何からすればいい?
  • ドローン操縦できるスタッフをガッツリ育成したい!
  • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのか

などお客様の相談内容に合わせて、現場での直接のサポート、電話、メール、ZOOMなどのお好みのスタイルで対応いたします。

*お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。

 

電話でのお問い合わせ

090-5737-0422     受付時間 平日(月~土)/9:00~18:00

メールでのお問い合わせ(365日24時間)

ご質問やご相談など、各項目を入力のうえ、お問い合わせください。

入力が終わりましたら、「送信」クリックをお願いします!

*は必須項目です。






    必須 ご相談内容ご相談お見積もりお問い合わせその他
    必須 お名前
    必須 メールアドレス
    任意会社名
    必須郵便番号
    必須都道府県
    必須ご住所
    必須お電話番号
    必須メッセージ本文 

     

    スポンサーリンク