【ドローン初心者】リターントゥホーム設定のポイントは?
リターントゥホーム(RTH)とは、ドローンの安全機能のひとつで、ドローンが緊急時に事前に設定したGPSによるホームポイントに自動的に帰還する機能です。
ドローンにはリターントゥーホームという帰還地点に自動的に戻る機能がありますが、ドローンがGPSをきちんと受信していなければ正しい位置を把握できないためリターントゥホームは機能しません。
リターントゥーホーム機能は、操作上の予期せぬトラブルを回避するフェールセーフ(fail safe)と呼ばれる安全機能の一部です。
リターントゥーホームの正しい設定を理解して、トラブルを防ぎましょう!!

リターントゥーホーム機能とは

リターントゥーホーム(RTH)とは、プロポにあるボタンひとつで離着陸ポイントまで自動で帰ってくる機能のことです。
ドローンが飛行の途中に、プロポのボタンでリターントゥーホーム(RTH)させる以外の飛行状況に応じて自動で帰ってくる機能のことになります。
スポンサーリンク

3パターンあるリターントゥホーム機能

3パターンあるリターントゥホームですが、ひとつずつ見ていきましょう。

プロポのボタンを押すことで戻ってくる

3パターンの中では、ドローン操縦者自身が行う行為になります。
リターントゥーホームはRTHボタンを長押しすることで発動し、解除したい場合は再度押し直します。

ローバッテリーの場合に自動で戻ってくる

バッテリーが少なくなった状態(ローバッテリー)  になると、墜落危険防止のためが自動で離陸ポイントへ戻ってきます。

飛行条件(気圧や高度)でいきなりバッテリーが減る可能性があるので注意しておきましょう!

ローバッテリーになるとアラームが発動します。アラームを10秒間解除しなかった場合、リターントゥーホームが発動することになります。ドローンの飛行時間はバッテリー容量で決まっていますが、気圧や高度そして気温によってバッテリー時間は変動します。

あわせて読みたい

フェイルセール リターントゥーホームの場合

プロポと本体の電波が切れた状態で戻ってくるものになります。
ドローンとプロポは電波でつながっており、電波が3秒以上途切れるとリターントゥーホームが発動します。
スポンサーリンク

リターントゥーホームのポイント

ドローンパイロットは、安全を確保する選択肢の一つとしてリターントゥーホームがあることを念頭に入れておきます。
予期せぬトラブルが頻繁に起こらないようにする知識を身に着けることも大切です。
  • リターントゥーホームを使用することにならないような飛行計画を行いましょう
  • バッテリー残量に余裕を持った飛行時間の設定をしましょう
  • 電波干渉の少ないことが予想される位置からの操縦を心がけましょう
  • リターントゥーホーム時の帰還飛行高度の設定は、余裕を持たせた高度設定にしておきましょう
  • 離発着場所は、広くて平坦な場所に設置しましょう(極力、人や車から距離が離れる位置)
  • 普段からリターントゥーホームの練習を行いましょう。
リターントゥーホーム(RTH)機能は、操作上の予期せぬトラブルを回避するフェールセーフ(fail safe)です。
日頃から飛行高度や飛行状況を確認しながら、安全なフライトを心がけましょう。

 

スポンサーリンク