ドローン3次元測量

ドローン(UAV)測量サービス

Drone 3D surveyingのドローンサービスでは、これまでの豊富な経験により、ICT技術を導入するための3次元測量業務をゼロからサポートしています。

ドローンで撮影した複数の画像は、3次元データ(オルソ画像・点群データなど)へ変換することによって、生産性の向上、人手不足の解消、コスト削減に役立ちます。

ICT活用、土量計算、出来形管理が行えます。

以下は、Drone 3D surveyingで行っているドローン測量の流れ

 

ドローン業務で必要な知識や情報は膨大なものであります。

いざドローンを導入しようと思っても

  • これからドローンを導入したいけどどうしたらいい?
  • 各法律に準じた手続きをしたいけど・・・
  • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのか
  • 業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
  • ドローンパイロットを育成できているか
  • ドローン操縦に自信がないのでスキルUPをしたい

などご依頼頂いたご相談より

効率的にドローン導入から3次元測量を安心して事業展開できるように進めていきます。

まずはご気軽にお問い合わせください。

 

 

 ドローン操縦代行 およびパイロット育成サービス

ドローンを飛行させる場合は常に注意を払い、安全を第一に考えなければなりません。

原因がわからないままトラブルが起きてしまうこともあります。

トラブルが起きるリスクを減らせるように事前調査を行い、ドローン飛行に必要な航空法に準じた飛行申請をきちんと行うことが大切です。

3次元測量業務や他ドローン空撮など、業務内容に応じて実績のあるドローンパイロットがお客様に代わって申請や操縦を代行いたします。

ドローン操縦スキルUPや初心者などは、ドローン操縦経験に合わせた育成サポートを行っています。

 

 3次元点群データ作成サービス(写真測量のみ)

ドローン測量では、撮影した写真により高精度な3次元データを作成することができます。

設計や施工計画時に必要な土の量を自動算出するといった省力化に期待されています。

また3次元データだけではなく、高精度なな2D地図データや高低差データも表示することによって、測量したエリア内の距離や面積、容積などの計算に利用することが可能です。

点群データとは、空間座標(X,Y,Z)と色情報を持った数千万点以上の情報を集めたデータになります。

Drone 3D surveyingでは、⇒Pix4D 日本正規販売代理店 株式会社イメージワン より Pix4Dmapperのライセンスを利用しています。

 

 

お申込みの流れ

サービスをお申込みしていただいた場合の流れになっています。

お申込みを検討されている方はご確認をお願いいたします。

ドローン撮影や測量に関するご相談やご質問だけでも受付けていますので、ご気軽にお問合せください。

STEP ① お問い合わせ

  • まずは お問合せください。
  • お電話orお問合せフォームから 詳細をご連絡またはご相談ください。

STEP ②  撮影現場確認(打ち合わせ)とお見積り

  • お申込みいただいた撮影内容(空撮場所・空撮対象・空撮目的)を確認させていただき、ご希望の撮影内容にてお見積りをさせていただきます。
  • 撮影許可が必要な場合(航空法の許可取得は、2週間~3週間程度かかります)は、撮影日までお時間を要しますので、何卒ご了承くださいませ。
  • また、許可取得ができない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

STEP ③ 空撮の当日

    • 現場にて実際に撮影を行います。天候や空撮条件(風速7m以上)により空撮が延期される場合がありますので、何卒ご了承ください。
    • 立会は可能となっています。

    STEP ④  撮影データの納品

    • 空撮後、ご希望内容の編集作業を行いデーターを納品させていただきます。
    • 撮影データの容量が大きくなる場合がほとんどです。容量が大きめのSDカードやUSBをご用意いただくようにお願いいたします。

    STEP ⑤ ご請求・お支払いについて

      • 全て終了しましたら、ご請求書を送らせていただきます。
      • 1ヶ月を目安にお支払いいただきますよう、よろしくお願いいたします。

       

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      最新情報をお届けします

      Twitter でフォローしよう!