ドローン測量のポイント ❷ 【飛行に必要な飛行許可申請】
スポンサーリンク

 

 

ドローンを飛行させる空域には法律があり、それをきちんと守る必要があります。

 

また、ドローン測量も大変身近で欠かせないものになってきていますが

事前確認がとても重要であり

きちんと行わなければトラブルにもなりかねません。

 

今回は、ドローン測量の流れ ❷ (測量に必要な飛行許可申請)についてお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

ドローン測量とは

測量とは

対象物のある場所が地球上のどの位置にあるのかを

正確に知るために行われることです。

 

ドローン測量では

上空より測量する対象物を

重複連続撮影した写真をつなぎ合わせデータ化します。

 

重複させるオーバーラップは

縦方向80%以上、横方向60%以上と推奨されており

その写真から作成されたものが、点群(3D)データになります。

 

 

関連記事

 

スポンサーリンク

ドローン(UAV)測量の流れ

 

ドローン測量は、国土交通省の

UAVを用いた公共測量マニュアル(案)平成29年3月改訂版」に

準じて行われることが推奨されています。

 

以下はドローンにて測量を行うための簡単な流れです。

    1. 飛行ルートの計画
    2. 必要となる許可や承認の取得
    3. GCP(対空標識)の設置と計測
    4. ドローンでラップ写真の撮影
    5. 写真解析ソフトウエアーを利用し写真解析を行う(点群データ・オルソ画像の作成など)
    6. 精度検証 (現地で実測した数値から完成データの座標値の精度を検証する)
    7. 図面化 (作成したデータを基に、平面図や断面図を作成)
    8. 成果品データの作成
    9. 納品

     

     

    スポンサーリンク

    ドローンの法律

    ではドローン測量を行うためには

    現場が飛行禁止空域になっていないか

    またその他にトラブルの原因とならないかなど

    しっかりと現場の環境を確認しておくことが大切ですね。

     

    測量現場が飛行禁止空域である場合の飛行許可申請は

    測量を行う14日以上前までに余裕をもって行いましょう。

     

    その他、ドローンに関わる法律をしっかりと理解しておきましょう。

     

    ドローンを飛行させるために理解する規則や法律

     

     

    飛行許可申請について

    飛行許可申請が必要な空域(航空法)

    まずドローン測量現場を、きちんと事前確認することが重要です。

     

    関連記事

     

    飛行禁止空域(航空法)

    特に測量現場が、空港周辺ではないか?人口密集地ではないか?しっかりと確認しておきましょう。

     

    関連記事

     

    ドローン測量時に必要な飛行申請のケース

    航空法以外にもトラブルとなるケースがあります。

    道路から離発着を行う場合

    道路上からのドローン離発着を行うケースでは、道路使用許可が必要となります。

     

    道路上の離発着を行わないケースでも

    橋梁上の道路でドローンを低空飛行(高さ5m未満)などを行うケースでも

    道路使用許可が必要です。

     

     

    関連記事

     

    測量撮影するエリアに河川や公園がある場合

    公園や河川など、官庁が管轄する場所が撮影地内にあれば事前協議や許可申請を行ってください。

     

    測量撮影エリア周辺に送電線鉄塔がある場合

    撮影範囲または、近接地に送電線鉄塔がある場合は、電力設備管理者と事前協議を行う必要があります。

     

     

    関連記事

     

    測量撮影エリア周辺に鉄道がある場合

    撮影範囲または、近接地に鉄道がある場合は、鉄道管理者と事前協議行う必要があります。

     

     

    関連記事

     

    測量撮影エリア周辺の近隣への配慮

    測量撮影エリア周辺の住民とトラブルとならないように

    区長さんや自治会長さんへの連絡を忘れないように注意しましょう。

     

     

    その他、測量周辺エリアへの配慮

    教育機関や重要施設がある場合は、管理者へ事前協議を行っておいて下さい。

     

     

    老後に2,000万円は必要!! 

    とした報告書を金融庁が出した事は記憶に新しく、老後の資金計画に関心を持つ人がとても増えてきています。個人でも年金を貯蓄していきましょう!!

    【資料請求はこちら】個人年金保険ポータルサイト

    まとめ

    測量当日にトラブルが起こらないように、きちんと事前準備が必要となります。

    以上のことに注意して、撮影準備を行いましょう。

     

    ドローンはとても注目されていますが

    ドローン事業はまだまだ完全普及まで到達していないことが現状です。

     

     

    ドローン測量は業務効率化ができます!

     

    Sonちゃん
    測量、土木、建築、都市計画等に利用する際の基礎となる、平面図や3Dモデリングの方法をわかりやすく解説しています。

    最新ドローン画像解析入門

     

    測量用ドローンPhantom 4 RTK 

    < Phantom 4 RTK特徴 >

    計画モードでは、オーバーラップ率/高度/飛行速度/カメラパラメーターなどを調整しながらドローンの飛行経路を選択し、自動マッピングまたは調査ワークフローを提供します。

    • 機体重量1391g
    • カメラセンサー:1インチCMOS
    • カメラ有効画素数:20MP
    • 最大飛行時間:30分

     

    DJI CAMP技能認定専用テキスト

    DJI CAMP技能認定専用 夜間・目視外・物件投下 飛行テキスト

     

     

    橋梁点検はドローン近接撮影テクニックが必須!

     

     

    早くドローンパイロットになるために操縦スキルを習得しよう!

     


     

     

    \高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』/

    まずはお試しの10日間は無料!

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!

    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったらフォローお願いします

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう