ドローン測量のポイント ❺ 撮影写真から3Dデータを作成する
スポンサーリンク

 

 

ドローンで行う測量では

撮影した写真により高精度な3Dデータを作成することができ

設計や施工計画時に必要な土の量を自動算出するといった

省力化に期待されています。

 

また3Dデータだけではなく

高精度なな2D地図データや高低差データも表示でき

測量したエリア内の距離や面積、容積などの計算に利用することが可能です。

 

また、測量する地形が危険性の高い場所や傾斜が急な場所においても

従来の測量方法に比べて比較的安全に測量を行うことができます。

 

ここでは、ドローンで撮影した写真を

写真解析用ソフトウェア(Pix4Dmapper)で作成する手順についてまとめています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

ドローンで撮影した写真の確認を行う

参照:UAV公共測量マニュアル(案)

 

ドローン自動撮影のラップ率の基準は

縦方向80%以上、横方向60%以上と定められおり

ドローン空撮では飛行アプリを利用し

ラップ率の自動計算からドローンを飛行させることになります。

 

ドローン自動撮影時には

  • 撮影対象に考慮した自動撮影設定で
  • 決められた撮影飛行ルートを
  • 連続写真にコマ落ちがないように

撮影を行っていくことが

のちに3Dデータを作成するときに効率的に行うポイントです。

 

 

写真解析用ソフトウェアで作業する前に

  • ボケ、ブレ、色が白とびなどをしていないか?
  • 連続写真に漏れが無いか(コマ落ちしていないか)

写真を確認しておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

写真解析用ソフトウェア(Pix4Dmapper)

Pix4Dmapperとは

自働オルソモザイク&3D処理ソフトウェア「Pix4Dmapper」は

スイスのPix4D社が開発したソフトウェアです。

 

ドローンなどで撮影した画像データから

三次元形状の復元(点群データ、3Dメッシュデータ作成)オルソモザイク画像を生成するだけでなく

特殊用途のカメラで撮影した画像を指数計算機能を用いて

演算処理をするソフトウェアです。

 

 

SANKI PLANでは

⇒Pix4D 日本正規販売代理店 株式会社イメージワン より Pix4Dmapperのライセンスを利用しています。

 

 

基本処理の流れ

 

 

 

STEP1:初期処理

 

撮影した写真を解析ソフトウェア「Pix4Dmapper」に投入します。

画像ファイルから特徴点の検出した後

タイポイントと呼ばれる特徴点を作成し

レンズ歪、焦点距離などのセルフキャリブレーション

調整計算の結果に基づく撮影位置の計算、標定点や検証点との誤差計算を行います。

 

 

STEP2:点群・3Dメッシュ作成

 

ステップ1で作成されたタイポイント(特徴点)をもとにして

高密度点群 (3D Point Cloud) ならびに3Dメッシュデータを作成します。

 

 

STEP3:DSM・オルソモザイク作成

 

ステップ2で作成した高密度点群をもとにして、

数値標高データ (DSM) ならびにオルソモザイクデータを作成します。

 

 

出力成果

 

 

Pix4Dmapperソフトウェアで行う写真解析時間

 

写真解析には

  • 写真の枚数
  • 写真の解像度
  • パソコンのスペック
  • ソフトウェアの設定内容
  • 撮影範囲
  • 要求精度

 

によって解析時間は異なります。

解析する写真は、1000枚以内を目安にすることをおすすめします。

 

2000枚以上になると写真解析は10時間前後になり

またパソコンスペックが低い場合

解析の途中でパソコンがダウンしてしますので、注意しておきましょう!

 

 

 

ドローンの写真測量だけでなく様々なシーンでの利用例

 

株式会社イメージワンPix4Dmapperをもっと活用する

災害現場の3Dデータ・オルソモザイク作成 御協力:SANKI PLAN

 

 

スポンサーリンク

まとめ

完成した解析データの確認と検証作業では

点群データやオルソ画像をパソコン上で展開し、検証点や標定点の座標を実測値と比較します。

 

ソフトウェアから出力されるレポートに

座標値の偏差値も記録されてきますので、しっかり検証と確認を行っておきましょう。

 

*完成した3D点群データを活用し

縦横断図などの図面作成や3Dの立体的な設計や動画を作成するには

専用の3DCADソフトが必要になります。

 

 

 

あわせて読みたい

 

 

ドローン測量は業務効率化ができます!

 

Sonちゃん
測量、土木、建築、都市計画等に利用する際の基礎となる、平面図や3Dモデリングの方法をわかりやすく解説しています。

最新ドローン画像解析入門

 

 

橋梁点検はドローン近接撮影テクニックが必須!

 


 

 

高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

まずはお試しの10日間は無料!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローお願いします

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう