ドローン測量について解説します!
スポンサーリンク

 

 

国土交通省が2016年度より

建築業界ではi-Construction(アイ・コンストラクション)を導入し

ドローン測量が行われるようになりました。

 

建築業界では、3K「きつい・危険・きたない」の労働環境の原因で人出不足となっており

今後、新3K「給与・休暇・希望」を目指し人手不足を解消しようとしています。

 

なぜ建築業界でドローンが求められているのか

従来までの測量方法と

ドローンによる測量のメリットに注目してお伝えしていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

測量とは?

測量とは

対象物のある場所が

地球上のどの位置にあるのかを正確に知るために行われることです。

 

一般的に、地図の作成や土地の位置・状態調査などのことをいいます。

 

対象物の経度・緯度・標高は、測量をすることによって

正確に求めることができますが

その調査目的によって測量の機材も違ってきます。

 

 

GNSS衛星測位システム

地球を周回している4つ以上の人工衛星を使用して位置を図る測量です。

 

人工衛星との距離を計算することによって対象物の位置(経度・緯度・標高)を求めることができます。

人工衛星が受信できる場所に限られる測量方法です。

 

トータルステーション(TS)

トータルステーション(TS)とは、測量を行うための機械です。

 

TSでは、すでに位置が分かっている目標物を設置し

測量点から目標物までの距離を測ることにことによって位置を求めることができます。

 

ドローン(無人航空機)

ドローンは手軽に、遠隔操作でコントロールできます。

 

従来はセスナなどの有人航空機から空中写真を撮っていましたが

ドローンでは遠隔操作で危険な場所なども手軽に撮影することができます。

 

MMS(Mobile Mappinng System、移動計測車両)

MMSとは、自動車などにビデオカメラやレーザー機器を搭載し

地上を動きながら撮影測量を行うことになります。

 

 

スポンサーリンク

従来までの一般的な測量方法

 

 

 

 

 

従来の測量とは、トータルステーションやGNSS測量機器などを使用した

地上で状態調査や測量を行うのが一般的なやり方です。

 

地上の測量結果から地図やCAD図面を作成し

または、紙や書類等を2次元平面図や設計図にして工事が進められていました。

 

空域からの調査では、セスナなどを使用する航空写真測量になっています。

 

 

 

 

施工後には、設計図通りであるかの検査作業が必要ですが

検査作業も施工前の膨大な書類等から確認しなければなりません。

 

これらのデーター収集時間にかかる労力も負担となっているのが現状です。

 

 

スポンサーリンク

ドローンで求められているのは“効率化”

では、どうして測量にドローンが使用されるようになったのでしょうか?

 

ドローンを使用した測量では

ドローンで空撮した写真や映像の解析を行うことによって

今まで手作業で行っていた1週間の工程を

1日~3日程度で行うことができるようになります。

 

また、3次元地形データーを取得することによって

CIM(Construction Information Modeling)のためのデーター活用より

土木構造物建設の効率化も可能です。

 

 

関連記事

ドローン測量のメリット

作業効率とコスト削減

地上での測量機器による作業では3日ほど要しますが
ドローンでは半日ほどで撮影することが可能です。
測量後の成果物作成に要する時間は
地上での測量データーをもとに断面図や横断図を作成するのに
3日程度必要になります。
ドローンでは
撮影データー解析した後に3次元CADソフトを使用すれば
横断図や縦断面図を作成するのに、1日程度で行うことができます。
トータル的に作業効率が良くなることで、大きくコスト削減を図ることができます。

Sonちゃん
現場での作業や図面データ化が早く終わります。

精度向上

ドローン測量では
3Dモデルの点群データを取得することができ
3DCADで容易に扱うことができます。
地上での人によるポイントは1日に200~300程度ですが
ドローンでは数百万点~数千万点の座標を撮れることが最大のメリットです。

3Dデータ作成

 

 

Sonちゃん
建築関係者とは地形データを共有でき、現地の状況を3Dデータで立体的に管理できます。

航空写真測量の場合

セスナに比べるとドローンは低い空域で撮影することができるので

鮮明で詳細な地形データーを得ることが可能になります。

 

  • セスナ:1000分の1~2500分の1の縮尺(高度約300m~3,000m)
  • ドローン:250分の1回~500分1の縮尺(高度40m~100mの範囲)

 

 

人が入れない場所でのデータ取得や作業員の安全確保の向上

普段では、人が入れない場所での測量は不可能でしたが
ドローンでは入れない場所の上空より撮影することが可能です。
また危険な場所に立ち入ることをしなくてよいため、安全確保の向上にもつながります。

 

ドローン測量のデメリット

では、ドローン測量のデメリットも見てみましょう。

ドローンの映像に映ったもの以外のものは、測量することができません。

 

例にすると・・・

山の測量をしたいとき、山に森林が多いと地上が森林で隠れるため、映すことができないのです。

 

Sonちゃん
樹木下などの下などのドローンで撮影できない場所は、地表データが取得できないことです。

老後に2,000万円は必要!! 

とした報告書を金融庁が出した事は記憶に新しく、老後の資金計画に関心を持つ人がとても増えてきています。個人でも年金を貯蓄していきましょう!!

【資料請求はこちら】個人年金保険ポータルサイト

まとめ

 

今後、確実に普及していくドローン測量です。

 

ドローン測量のメリットを生かし、建築業界の効率化が図れるような

ドローンパイロットの育成も課題ではないかと思います。

 

 

関連記事

 

 

ドローン測量は業務効率化ができます!

 

Sonちゃん
測量、土木、建築、都市計画等に利用する際の基礎となる、平面図や3Dモデリングの方法をわかりやすく解説しています。

最新ドローン画像解析入門

 

測量用ドローンPhantom 4 RTK 

< Phantom 4 RTK特徴 >

計画モードでは、オーバーラップ率/高度/飛行速度/カメラパラメーターなどを調整しながらドローンの飛行経路を選択し、自動マッピングまたは調査ワークフローを提供します。

  • 機体重量1391g
  • カメラセンサー:1インチCMOS
  • カメラ有効画素数:20MP
  • 最大飛行時間:30分

 

 

ドローン操縦の初心者向け練習方法

     

     

    Mavic 2 Pro

    本格的な空撮におススメのMavic 2 Proは、 L1D-20cカメラ搭載でプロ仕様の空撮が可能です。
    また各側面に障害物センサーも付き、安全に安定した飛行ができるため、初心者から上級者まで楽しむことができます。

    < Mavic 2 Pro特徴 >

     Hasselblad L1D-20cカメラを搭載

    • 機体重量907g
    • カメラセンサー:1インチCMOS
    • カメラ有効画素数:20MP
    • 最大飛行時間:31分 (25 km/hの一定速度で飛行時)
    • 最大飛行距離 :18 km (50 km/hの一定速度で飛行時)
    • 検知システム:全方向障害物検知

    関連記事

     

     

     

    動画撮影に特化した上位機種 Inspire2 

    Inspire2は、 30fpsや4K 60fpsに対応するし、カメラ交換もできるし、空撮に特化したすごいドローンです!

    < Inspie 2の特徴 >            

    最新のCineCore 2.1の画像処理システムを搭載しており、送信機を2台準備すると、パイロットとカメラマンが操作系統を分離することが出来ます。  

    • 重量3290g (2個のバッテリーを含む、ジンバルとカメラは含まず)
    • 最大離陸重量4000 g
    • 最大フライト時間:約27分 (Zenmuse X4Sを取り付けているとき)
    • 最大速度:94km/h

     

     

     

    ドローンの基礎知識をもっと深めたい!

     


     

    \高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』/

    まずはお試しの10日間は無料!

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!

    スポンサーリンク
    ドローン撮影やレッスンに関するお問い合わせ

    御社のドローン事業にこんな課題はありませんか?

    • ドローンを導入して、新規の事業展開を検討している
    • ドローンを導入して、既存事業のコスト削減を検討している
    • ドローンを導入しているが、なかなか効率化につながらない
    • 社員をドローンスクールに通わせたけど、ドローンの活用が進んでいない
    • ドローン操縦のスキルをもっとあげたい
    • その他、ドローン導入に関連する事など

    ドローン業界はとても注目されていますが、ドローン事業はまだまだ完全普及まで到達していないことが現状です。

    ドローン空撮サービスやサポートについてのご質問やご相談などがありましたら、ご気軽にお問い合わせください。フォームより24時間受付ています。

     

    SANKI PLANでは、ドローン利活用の発展へ積極的に取り組んでいます!!

    関連記事

     

    フォームより24時間受付ています。

    この記事が気に入ったらフォローお願いします

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう