ドローン測量デメリットとは?メリットデメリットについて解説します!

国土交通省が2016年度より建築業界では、i-Construction(アイ・コンストラクション)を導入しドローン測量が行われるようになりました。

建築業界では、3K「きつい・危険・きたない」の労働環境の原因で人出不足となっており

今後、新3K「給与・休暇・希望」を目指し人手不足を解消しようとしています。

なぜ建築業界でドローンが求められているのか。

ドローンデメリットもありますが、ドローンメリットでは効率化が大きく期待されているからです。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

従来までの一般的な測量方法

従来の測量とは、トータルステーションやGNSS測量機器などを使用した地上で状態調査や測量を行うのが一般的なやり方です。

地上の測量結果から地図やCAD図面を作成し、または、紙や書類等を2次元平面図や設計図にして工事が進められていました。

空域からの調査では、セスナなどを使用する航空写真測量になっています。

施工後には、設計図通りであるかの検査作業が必要ですが、検査作業も施工前の膨大な書類等から確認しなければなりません。

これらのデーター収集時間にかかる労力も負担となっているのが現状です。

 

スポンサーリンク

ドローン測量で求められているのは“効率化”

では、どうして測量にドローンが使用されるようになったのでしょうか?

ドローン測量では、ドローン空撮した写真や映像の解析を行うことによって、今まで手作業で行っていた1週間の工程を1日~3日程度で行うことができるようになります。

また、3次元地形データーを取得することによって、CIM(Construction Information Modeling)のためのデーター活用より土木構造物建設の効率化も可能です。

参考記事i-Construction の課題とは

 

スポンサーリンク

ドローン測量のメリット

広範囲の作業を短時間で測量できる

地上での測量機器による作業では3日ほど要しますが、ドローンでは半日ほどで撮影することが可能です。
測量後の成果物作成に要する時間は、地上での測量データーをもとに断面図や横断図を作成するのに3日程度必要になります。
ドローンで撮影データー解析した後に3次元CADソフトを使用すれば、横断図や縦断面図を作成するのに、1日程度で行うことができます。
トータル的に作業効率が良くなることで、大きくコスト削減を図ることができます。

人が立ち入れない場所が撮影できる

従来の測量方法では大きな機材を運んで行わなければいけませんが、ドローンで行う場合には、上空より簡単に測量できることが大きなメリットになります。
普段では人が入れない場所での測量は不可能でしたが、ドローンでは入れない場所の上空より撮影することが可能です。
また危険な場所に立ち入ることをしなくてよいため、安全確保の向上にもつながります。

高精度の3次元データ作成

 

ドローン測量では、3次元モデルの点群データを取得することができ、3DCADで容易に扱うことができます。
地上での人によるポイントは1日に200~300程度ですが、ドローンでは数百万点~数千万点の密度が高い座標を撮れることが最大のメリットです。

建築関係者とは地形データを共有でき、現地の状況を3次元データで立体的に管理できます。

航空写真測量の場合、セスナに比べるとドローンは低い空域で撮影することができるので、鮮明で詳細な地形データーを得ることが可能になります。

  • セスナ:1000分の1~2500分の1の縮尺(高度約300m~3,000m)
  • ドローン:250分の1回~500分1の縮尺(高度40m~100mの範囲)

ドローン測量のデメリット

山などで見えない地面は測量することができない

ドローンの映像に映ったもの以外のものは、測量することができません。

 

例にすると・・・

山の測量をしたいとき、山に森林が多いと地上が森林で隠れるため、映すことができないのです。

樹木下などの下などのドローンで撮影できない場所は、地表データが取得できないことです。

高度なドローン操作スキルが必要

ドローン測量で精密なデータを取得していくには、ドローンパイロットの高い操作技術が必要です。

自動飛行ができるソフトで安定している場合がいいのですが、原因が分からないトラブルなどで手動操作が必要となるケースもあります。

今後、確実に普及していくドローン測量です。

ドローン測量のメリットを生かし、建築業界の効率化が図れるようなドローンパイロット養成も課題ではないかと思います。

 

 

 

     ご 気 軽 に お 問 い 合 わ せ く だ さ い     

ドローン全般、3次元データ作成、ドローン操縦代行およびパイロット育成に関することなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • これからドローンを導入したい業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
  • ドローン測量を始めるために何からすればいい?
  • ドローン操縦できるスタッフをガッツリ育成したい!
  • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのか

などお客様の相談内容に合わせて、現場での直接のサポート、電話、メール、ZOOMなどのお好みのスタイルで対応いたします。

*お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。

 

電話でのお問い合わせ

090-5737-0422     受付時間 平日(月~土)/9:00~18:00

メールでのお問い合わせ(365日24時間)

ご質問やご相談など、各項目を入力のうえ、お問い合わせください。

入力が終わりましたら、「送信」クリックをお願いします!

*は必須項目です。






    必須 ご相談内容ご相談お見積もりお問い合わせその他
    必須 お名前
    必須 メールアドレス
    任意会社名
    必須郵便番号
    必須都道府県
    必須ご住所
    必須お電話番号
    必須メッセージ本文 

    スポンサーリンク

    3次元データ(オルソ画像・点群データなど)へ変換することによって、生産性の向上、人手不足の解消、コスト削減に役立ちます。以下はDrone 3D surveyinで行うドローン測量の流れです。

     

    <これまでご相談いただいた主な内容>

    • これからドローンを導入したいけど機材の選定はどうしたらいい?
    • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのかやり方が分からない
    • 業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
    • ドローンパイロット育成が難しい
    • 難しいドローン操縦に自信がないのでスキルUPをしたい
    • 3次元データの精度が悪いから精度を上げたい

    <Drone 3D surveying  お問い合わせ>:無料相談受付中