ドローン測量のポイント❹【ドローン自動撮影時に注意すること】
スポンサーリンク

 

 

ドローン測量では空中写真を用いて3Dデータを作成しますが

測量作業などの方法を定めたものが

UAV公共測量マニュアル(案)になります。

 

 

このUAV公共測量マニュアル(案)では

3Dデータの要求精度をクリアするための基準を定めており

その基準を満たすためには計画ルートの設定が重要です。

 

ドローン測量では自動飛行にて撮影を行いますが

撮影の方法としては

前後左右の写真が重なる(ラップ)ようにする必要があります。

 

ここでは、ドローン測量を自動飛行で撮影を行う際のポイントをまとめています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

     

    スポンサーリンク

    UAV測量公共マニュアル(案)にて標準とする要求精度

    ドローン測量では、のちに作成する3Dデータでの精度が重要になります。

     

    UAV公共測量マニュアル(案)におけるドローン精度は

    平面位置・高さともに最大誤差0.05m(5㎝)以内にする基準が指針として記されています。

     

    第49条
    作成する三次元点群の位置精度は、0.05m以内、0.10m以内又は0.20m以内のいず れかを標準とする。なおここでいう位置精度とは、作業範囲において観測した検証点の位置 座標と、この地点に相当する三次元点群が示す位置座標のX、Y、Zそれぞれの成分の較差の 許容範囲をいう。

     

    スポンサーリンク

    要求精度をクリアするためのドローン飛行計画

    要求精度をクリアするための 質の高いデータ解析を行うためには

    ドローンを飛行させる設定が重要です。

    基本的にドローン測量では自動操縦での撮影が一般的になります。

     

    SANKI PLANでは

    スイスのPix4D社が提供するドローン自動飛行アプリ

    Pix4Dキャプチャー」を利用しデータ解析を行っています。

     

    Pix4Dキャプチャーは、アップルストアで⇒無料でダウンロードすることができます

    HITHUJI
    ⇒Pix4Dcapture - スタートガイドがありますので、ダウンロードしたら利用できます。
    ↓Pix4Dcapture - スタートガイド目次
    ステップ 1:飛行ミッションの計画
    ステップ 2:飛行ミッションの実施
    ステップ 3:画像の処理
    (参照)

     

     

    アプリで飛行設定を行います。

    • 飛行させる機体の選択(DJIのドローンはほとんど選べます)
    • 飛行範囲と撮影コースの設定(カメラの撮影角度も変更できます)
    • ラップ率の設定
    • 飛行高度の設定
    • 飛行速度の設定

     

     

     

    ドローン測量の飛行計画は、以下の記事で説明しています

     

     

    スポンサーリンク

    ドローン撮影時の注意点

    ラップ撮影とは

    UAVドローン測量マニュアル(案):撮影する写真のイメージ(撮影後に実際の写真重複度を確認できる場合)

     

    ドローンで撮る写真の基準は

    前後左右の写真が重なる(ラップ)ように撮影する必要があります。

     

    ラップ率の基準は、UAVドローン測量マニュアル(案)では

    縦方向80%以上、横方向60%以上と定められおり

    ドローン空撮では飛行アプリを利用し

    ラップ率の自動計算からドローンを飛行させることになります。

     

    ドローン撮影では

    上空の決められた自動飛行のルートで、ラップ撮影を行い、

    決められた道筋を往復することで

    決められたオーバーラップ率とサイドラップ率を保つことができます。

     

     

    連続撮影時に注意する点

    基本的にドローン測量では自動操縦で撮影を行いますが

    連続写真の途中でコマ落ちすることがあります。

     

    連続写真の途中で1枚程度のコマ落ちであれば特に問題はありませんが

    連続してコマ落ちすると、写真解析の作業に支障が出ます。

     

    ドローンでの自動撮影中に観察しておくことが大切です。

     

     

    Sonちゃん
    ドローン撮影について、質問が多かったことです。
    自動撮影中に、2枚以上の連続コマ落ちした場合の対処法を教えてください。
    2枚以上の連続コマ落ちデータが必ずしもデータ作成に支障が出るとは限りません。
    しかし、運よく写真解析がソフトで出来たとしても、役所等提出の成果品として写真撮影の一覧表を提出します。
    できる限りの範囲で、撮影をやり直しを行った方いいと思います。
    成果品データ信用度が上がります。

     

    ドローン撮影中に、連続コマ落ちする原因で考えられることを教えてください。
    ドローンの機械的な問題なので、特に原因はわからないのですが・・・
    経験上、上位機種インスパイアなどのカメラのスペックが上がれば、ほとんどコマ落ちしません。
    phantomシリーズは結構コマ落ちします。
    同業者の方も言われていました。

     

    ドローンが自動飛行中にコマ落ちしているのはどこで分かりますか?

    基本的に、ドローンが写真撮影をするたびにシャッター音が鳴ります。

    写真が撮れていない時はシャッター音がしません。

    しかし、シャッター音が鳴っていても写真が撮れていないことがありますので、注意が必要です。

    確実に連続写真のコマ落ち確認をする方法は、ドローンで撮影した写真を現場で簡易ソフト解析してみることです。

    ソフト上で写真の軌跡と撮影状況が分かるので簡単に確認できます。

    ピンぼけなども同時に確認すると良いですね。

    事務所に帰って確認するよりも、万が一コマ落ちやピンボケしているとき時は、すぐに撮り直しができるのでロスタイムがなくていいと思います。

     

    災害地など凸凹がある場所や、急な傾斜がある場所で撮影を行う注意点

    • ドローンで撮影するときは対地高度の差を20%以内にする

    Aの撮影飛行ルートでは対地高度60m、Bの撮影飛行ルートでは最低でも対地高度72m以内にします。

    理想は、全飛行ルートで同じ対地高度で撮影するのが望ましいです。

     

    Sonちゃん
    撮影対象の高さ、高低差、地形などを考慮して、撮影する高度とカメラ角度を調整してください。

     

     

    株式会社イメージワンPix4Dmapperをもっと活用する

    災害現場の3Dデータ・オルソモザイク作成 御協力:SANKI PLAN

     

     

    撮影対象物にもよるのですが

    カメラ角度を60度ぐらいに傾けて

    縦横の飛行ルートで撮影するとリアルな3Dデータの作成ができます。

     

    円を描く飛行ルートでは、煙突や教会等の高さのある構造物を撮影する時に便利です。

     

    建物の側面の細かい部分まで3Dデータを作成しやすくなります。

    撮影では、飛行高度とカメラ角度を変え、2回(2周)以上撮影しておきましょう。

     

       

      まとめ

      いかがでしたでしょうか。

      ドローン自動撮影時には

      • 撮影対象に考慮した自動撮影設定で
      • 決められた撮影飛行ルートを
      • 連続写真にコマ落ちがないように

      撮影を行っていくことが効率的な作業ポイントになります。

       

       

      あわせて読みたい

       

       

       

      ドローン測量は業務効率化ができます!

       

      Sonちゃん
      測量、土木、建築、都市計画等に利用する際の基礎となる、平面図や3Dモデリングの方法をわかりやすく解説しています。

      最新ドローン画像解析入門

       

       

      橋梁点検はドローン近接撮影テクニックが必須!

       

       

        ドローンを飛行させるために理解する規則や法律

         


         

        \高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』/

        まずはお試しの10日間は無料!

         

        この記事が気に入ったら
        いいね!しよう

        最新情報をお届けします

        Twitter でフォローしよう!

        スポンサーリンク

        この記事が気に入ったらフォローお願いします

        最新情報をお届けします

        Twitterでフォローしよう