【ドローン入門】もしも、ドローンが墜落したらの対応手順です
スポンサーリンク

ドローンは自由に空を飛び回ることが魅力のひとつです。

 

しかし、常に墜落や落下のリスクを抱えていることも事実ですね。

 

ドローンには

安全機能としての自立飛行やフェイルセーフ機能も備わっていますが

万が一墜落した場合の対応も知っておく必要がありますよね。

 

ここでは、もしもドローンが墜落してしまった場合の手順をまとめてみようと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

ドローンに考えられる墜落の原因を知る

強風(突風)および天候

ドローンは強風にはとても弱く

強風の環境下では機体のバランスを崩してしまい

墜落する可能性があります。

 

風は時間や場所によって

常に変化していることを知っておく必要があります。

 

 

あわせて読みたい

 

 

バッテリー関連の原因

ドローンはバッテリーによって飛行時間が決まっています。

 

もちろん飛行中にバッテリー残量が減ると

当然飛行することができなくなるため墜落してしまします。

 

バッテリー残量以外にも

バッテリーのセルバランスに異常がある場合も危険です。

 

特に冬の時期は

バッテリーの温度が著しく低下していると突然墜落することがあります。

 

 

あわせて読みたい

 

 

電波障害

ドローンとは、プロポの電波によってコントロールされています。

 

その電波に

障害が発生すると

ドローンとの通信が正常に行われなくなるため

正常に飛行できなくなり墜落する可能性があります。

 

 

あわせて読みたい

 

 

自動復帰(リターントゥーホーム機能)

ドローンには自動で離陸地点に戻ってくれる

リターントゥホーム機能があります。

 

フェイルセーフとしてリターントゥーホーム機能はとても便利ですが

設定や使用するタイミングに誤りがあると

墜落する原因となってしまいます。

 

 

あわせて読みたい

 

 

CSC(Combination Stick Command)操作でモーターを停止させる

ドローンにはよりますが

CSCと呼ばれる特殊なプロポ操作を行ってしまい

強制的にモーターを停止させるモードがあります。

 

誤ってモーターを停止させてしまったら、墜落の原因となります。

 

 

人的操縦ミス

操縦経験が少ない状態で、無理な飛行をして墜落させるケースです。

大丈夫だと過信することは危険です。

 

 

 

スポンサーリンク

もしものドローン墜落後の対応

もしもドローンが墜落してしまった場合

精神的動揺も抑えられないかもしれませんが

すぐに墜落状況を確認しましょう。

    1. 墜落したドローンでケガ人や物損などがないか確認 ⇒ケガ人がある場合は、応急手当を行ったり、病院で手当てを行う
    2. 関係者への連絡
    3. ドローン機体の回収 (バッテリーを外しておく)
    4. ドローンの墜落原因を検証
    5. その後、墜落防止対策の検討
    6. ドローン機体の修理、または新規購入

     

    *機体の損傷が軽い場合は、メーカーへ修理を依頼するケースが多いと思います。

     

    しかし、軽度の損傷でも基本的に墜落した機体は

    故障のリスクがあることを念頭に入れておきましょう。

     

    安全のため使用しないという判断も必要になってきます。

     

     

    スポンサーリンク

    損害保険での対応

    損害保険に入っていないケース

    基本的に保険加入されてない方はドローンを飛行させたら危険です。

     

    第三者への損害賠償を個人で背負うなるので、非常にハイリスクです。

     

    自動車を無保険で運転するようなものですので

    必ず保険に入ることをおすすめします。

     

    あわせて読みたい

     

     

    賠償保険に入っているケース

    保険の加入内容によって弁護士費用の特約などもあります。

     

    しっかりと充実した損害保険に加入し、飛行させるようにしましょう。

     

    また、ハイスペックの高額なドローンを飛行させるケースは

    動産保険への加入もしておいた方が良いと思います。

     

    墜落した場合の修理費が保険から出ますので、ぜひ検討してみてください。

     

    ただし、墜落したドローン機体が見つからない場合

    (海や川へ沈んで回収不可能など)は保険対象外になります。

     

    その場合は動産保険の適用ではありませんので注意が必要です。

     

     

    Sonちゃん
    保険適応でないと悲しいですよね~

     

     

     

     

     

    まとめ

    墜落というリスクがあるドローンです。

     

    墜落のリスクを減らすためには

    ドローンパイロットの知識や操縦訓練の積み重ねも大切です。

     

    もしもドローンが墜落した場合

    ドローンパイロットはかなりのショックと精神的苦痛も考えられます。

     

    墜落の原因や損害の大きさによって

    ドローンパイロット自身のメンタルダメージは様々です。

     

    次にドローンを飛行させるのが、怖くなるケースも少なくありません

     

    そして、ドローン操縦が継続できないケースも少なくありません。

     

    ドローンの操縦を継続できる場合はいいのですが

    継続できないケースがあることも念頭にいれておきましょう。

     

     

    あわせて読みたい

     

     

    ドローンの基礎知識をもっと深めたい!

     

     

     

    ドローン操縦の初心者向け練習方法

       

       

       

      Mavic 2 Pro

      本格的な空撮におススメのMavic 2 Proは、 L1D-20cカメラ搭載でプロ仕様の空撮が可能です。
      また各側面に障害物センサーも付き、安全に安定した飛行ができるため、初心者から上級者まで楽しむことができます。

      < Mavic 2 Pro特徴 >

       Hasselblad L1D-20cカメラを搭載

      • 機体重量907g
      • カメラセンサー:1インチCMOS
      • カメラ有効画素数:20MP
      • 最大飛行時間:31分 (25 km/hの一定速度で飛行時)
      • 最大飛行距離 :18 km (50 km/hの一定速度で飛行時)
      • 検知システム:全方向障害物検知

      関連記事

         

         

        ドローン測量は業務効率化ができます!

         

        Sonちゃん
        測量、土木、建築、都市計画等に利用する際の基礎となる、平面図や3Dモデリングの方法をわかりやすく解説しています。

        最新ドローン画像解析入門

         

         

         

        2020年度から小学校で「プログラミング教育の必須化」が決まっています!

         

        この記事が気に入ったら
        いいね!しよう

        最新情報をお届けします

        Twitter でフォローしよう!

        スポンサーリンク

        この記事が気に入ったらフォローお願いします

        最新情報をお届けします

        Twitterでフォローしよう