ドローン測量における飛行高度計測誤差を軽減するには?

ドローン測量での撮影高度では、50~70メートル程度が最適です。

航空法で定められた高度150メートルまでが、ドローン飛行の高度設定となります。 

150メートル以上の上空では、航空機やヘリコプターなどと接触するリスクがあることと、ドローンが制御不能となった場合、どこへ流されるか分からない、ドローンがもし落下した場合の衝撃が強くなるなどのリスクがあるため原則飛行することはできません。

しかし、山で飛行させる場合の高度は、山の地表から150メートル未満となります。

ここでは、ドローンの飛行誤差の原因や最小限にする対処法を解説しています。

ドローン飛行高度の計測誤差に関与する要因は?

ドローンの飛行高度を計測するセンサーは、気圧センサーや超音波センサーなどです。 

気圧センサーは気圧の変化を感知してドローンの高度を割り出しています。

 上空では気圧センサー、地上付近の飛行では超音波センサーを組み合わせ高度維持が行われます。 

またドローンの高度の計測の方法では、レーザーやGNSS-R計測などがあります。

 ドローンの飛行高度計測の誤差に影響する可能性がある要因はいくつかあります

GPSの誤差

ドローンGPSを使用して位置情報を取得していますが、GPS信号の誤差が高度計測に影響を与えることがあります。

 森林地帯などのGPS信号が遮断される場所では、誤差が増加する可能性があります。 

GPSユニットを搭載したRTK対応ドローンは、基準局からの差分データを使用して高い精度で位置計測してくれるため、ドローンの高度測定の誤差を軽減するのに有効となります。  

あわせて読みたい

 

気象条件や気圧の変動

気温や風の変動が、気圧センサーなどに影響を与えることがあります。 

気象条件が変化すれば、大気密度が変動し高度計測の誤差に影響を与える可能性となります。

ドローンの姿勢変化

ドローンが風にさらされたり急激な動きをすると、それが高度計測にも影響を与えます。 

特に低高度での飛行や急激な姿勢変化には注意が必要です。

センサーのキャリブレーション

ドローンのセンサー類のキャリブレーションが正確でない場合、誤差が生じる可能性があります。

 適切なキャリブレーションを実施することが重要です。

 GPS信号が一時的に不安定な場合や遮蔽物がある場合でも、安定した高度情報を得ることが可能です。

地形の変動

地表の変動や高低差が激しい場所では、地形の変動が高度計測に影響を与えることがあります。 

飛行エリアの選定や飛行経路の調整も重要となります。

スポンサーリンク

ドローン飛行高度の計測誤差を最小限にする!

ドローンの高度測定誤差を最小限にするためには、飛行計画を最適化することが重要です。

GPS信号が弱い場所や複雑な地形での環境の飛行時には、これを考慮した飛行計画が有効です。   

ドローン飛行計画の重要性にについてはこちらで解説しています。

ドローン飛行計画の最適化を行うことは、ドローン測量を効率的に行い正確な地形データ取得を確保することを目的としています。

ここでは、ドローンを安全に高精度な地形データを取得するために飛行させる、ドローン飛行計画最適化の重要性を解説しています。

あわせて読みたい

 

スポンサーリンク

3次元測量分析した点群データ

ドローン測量、ドローン撮影、3次元測量解析などのご相談はご気軽にお問い合わせください。

スポンサーリンク