ドローン測量とは?精度を高めるドローン飛行計画の重要性について

ドローン測量とは、ドローンを使用して地表を上空から撮影したデータを専用ソフトで解析して地形などの情報を得る測量方法です。

ドローン測量のメリットは、低空から飛行できるため高解像度で詳細な地形や地物のデータを取得することが可能となります。

従来の測量方法と比べて、広範囲な地域での測量でも短時間で高精度な地形データを得ることができ、コストも低減できます。

しかし短時間で高精度な地形データを得るためには、事前に行うドローンの自動飛行計画が大変重要となってきます。

ここでは、ドローンを安全に高精度な地形データを取得するために飛行させる、ドローン飛行計画最適化の重要性を解説しています。

ドローン飛行計画最適化の重要性

ドローン飛行計画の最適化を行うことは、ドローン測量を効率的に行い正確な地形データ取得を確保することを目的としています。

地形データ精度の向上

飛行計画の最適化は地形データ品質の向上となり、のちに解析を行う作業においても信頼性の高い結果となります。

ドローン測量業務における効率の向上

最適に飛行計画を行うことは、実際にドローン撮影を行うときの飛行時間やバッテリーの使用量を最小限に抑えつつ、必要なデータ収集を可能にすることが出来ます。

これによって、効率かつコスト削減ができるドローン測量の実施が可能になります。

地表に高低差のある空間変動の把握

法規制や安全性の確保

飛行ルートの最適化には、航空法やいろいろな法規制へのコンプライアンスを確保するために重要な要素となります。

ドローン飛行空域での意障害物の衝突やドローン墜落を低リスクに回避することが可能です。

ドローン飛行計画の最適化の重要性は、測量データ精度の向上、ドローン測量業務の効率化、安全の確保やコスト削減などが確保できます。

 

ドローン測量、ドローン空撮、3Dモデル化などのご相談はご気軽にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク