【ドローン初心者】ドローンのGPSについて知っておきたいこと!

GPS(Global Postitioning System)とは、世界中の位置情報を測定・巡回する衛星システムです。

ドローンはGPS(Global Postitioning System)を一般的に搭載しており、ドローンの位置情報を特定し、正確な自己位置を把握するための重要な技術となっています。

ここでは、ドローンの基礎知識としてGPS機能について知っておきたいことを解説しています。

GPSの仕組み

GPSは、地球上に配置された衛星からの信号を使用して位置情報を算出する仕組みです。

宇宙にはGPS衛星が地球の周りに30機ほどあり、地球のどの場所においても、4機以上のGPS衛星が上空にあるようになっています。

GPS衛星が発した信号を、地球上でドローンが受信し現在の位置を把握しています。

スポンサーリンク

ドローンのGPS機能について知っておきたいこと

位置情報の取得

ドローンのデータはGPSで高い精度で位置情報を取得することができますが、環境や気象条件によって精度が変わることがあります。

それは建物や高層ビルの間などGPS信号が遮られる場所では、位置情報がずれる可能性があるということです、

また一般的なドローンのGPS位置情報のずれの目安は、2~5m程度になっていますが、高スペックドローンや測量用RTKドローンでは数㎝の高精度GPSを搭載しています。

位置情報の正確性

GPSは一般的数メートルから数センチメートルまでの範囲で位置を特定できますが、正確性は使用されるGPS機器や受信状況に依存します。

ホバリング(自律飛行)

ホバリングとは、ドローンが一定に静止しつつ、安定した姿勢を維持することです。

このホバリングはGPSを使用して自動的に行える重要な機能です。

GPS情報を取得して、ドローンの位置を把握し、自動的にその位置を維持します。

ホバリングは、操縦者による手動制御よりも安定性が高く精度も上昇します。

しかしGPS信号の弱化や遮断による影響でホバリングが困難な場合には、ドローン操縦を手動で行うことも必要です。

リターントゥホーム

ドローンのリターントゥホーム機能では、ドローンとプロポの通信が途切れた場合やバッテリーが低下した場合に自動的に作動し、GPSを使用して離陸ポイントに戻る機能です。

この機能によって予期せぬ状況やトラブル時にドローンを安全に回復することができています。

安全な着陸

GPSは、ドローンの着陸において重要な役割を果たします。

着陸の際に正確な位置情報を取得することが必要です。GPSによってドローンは自分の位置情報を認識し、着陸する場所を正確に特定し、安全に効果することができます。

ドローンのGPSは、安全で正確な飛行に重要な機能です。しかし、操縦者はGPSの境界や環境にも注意をして、安全な飛行を確保するための知識とスキルが必要となります。

 

ドローンのGPSは、安全な飛行や位置情報の取得不可欠な技術であり、ドローン操縦者がドローンを適切に飛行させ、トラブルを防ぐために重要な役割を果たしています。

あわせて読みたい

ドローンを飛行させる時には、GPS受信状況の確認は常に行ってくださいね。

 

スポンサーリンク