【ドローン操作コツ】ハンドキャッチテクニックとは?

ドローンを着陸させる方法のひとつとして、ハンドキャッチがあります。

ハンドキャッチとは、操縦者自身の手にドローンを着陸させることです。

ドローンを着陸させる地面が着陸に不向きで、安定していない条件の立地のケースなどに有効な着陸テクニックになります。

ハンドキャッチのテクニックを身に着け、安全に活用しましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

ドローンのハンドキャッチとは

ドローンを着陸させる時に地面が安定した場所や天候状態が良好であればよいのですが、いつも好条件ばかりだとは限りません。

そこで必要となるのがハンドキャッチのテクニックです。

以下のような場合にハンドキャッチが必要となるケースがあります。

  • 風が強く、安定して着陸できない時
  • 着陸場所が安定した平らではない場所
  • 着陸する周辺に、通行車両などが近接して動いているとき
  • 船上からの撮影ではハンドキャッチが前提
  • 離着陸場所の状態が傾斜地だったり、狭い場所だったりする場合
  • 自動飛行で帰還してきたドローンが、着陸予定地の場所からずれて着陸しようとし、かつその場所が着陸場所として適当でない時
  • 着陸場所に、雑草がたくさんあるとき

ドローンのハンドキャッチは、メーカー推奨ではありませんので 必ず自己責任で行ってください。

 

 

 

ハンドキャッチのメリット

着陸時の砂埃などから機体とカメラを守る

ドローンの着陸時に発生する地面効果では予想以上に埃などが舞い上がります。

巻き上げた埃などがドローン機体に入る可能性もあり故障の原因となります。

着陸場所には注意が必要となります。

平坦で無い場所でも着陸できる

着陸場所が平坦で安定していなかったら着陸に失敗する可能性が多くなります。

着陸に失敗するとドローンは転倒してしまい、プロペラ等が破損してしまう可能性が高いことが考えられます。

強風による着陸困難な状態を回避できる

ドローンは風の影響を受けやすく着陸地点が安定した場所であっても、着陸困難な可能性が多く発生します。

ハンドキャッチのデメリット

ドローンパイロットが怪我をするリスクが高まります。

ドローン機体の根本を手でしっかりとつかみましょう!

 

 

スポンサーリンク

ハンドキャッチ練習方法

モードによって手を使い分ける方が、やりやすいと思います。
プロポ(送信機)ハンドキャッチ
モード1右手左手
モード2左手右手

Phantomシリーズ

  1. プロポでドローンをコントールして近くに寄せます。
  2. プロペラの位置は、自分の目線より上に来るぐらいの高さで安定させます。
  3. プロペラに注意して、片手でドローンのスキッドを捕まえてください。
  4. もう片方の手でプロポを操作しします。
  5. しっかりと捕まえてから、プロポの下降のレバーを押し続けるとモーターはOFFになります。
  6. ハンドキャッチ成功です!

 

    ドローンを捕まえる場所は、スキッド(足)の根元の近くをしっかりと捕まえましょう!

    Mavic Proシリーズ

    Mavic Proのハンドキャッチは掴む場所が狭く限られていますので、よく機体の動きを観察しながら慎重につかまえましょう!
    1. プロポでドローンをコントールして近くに寄せます。
    2. プロペラの位置は、自分の目線より上に来るぐらいの高さで安定させます。
    3. 片手でドローン前方のプロペラ下近くの底を捕まえます(後方のプロペラは前方に比べ一段低くなっています。)
    4. もう片方の手でプロポを操作しします。
    5. しっかりと捕まえてから、プロポの下降のレバーを押し続けるとモーターはOFFになります。
    6. ハンドキャッチ成功です。

     

    いかがでしたでしょうか。

    ハンドキャッチを行えるようになり、ドローン操縦テクニックのスキルも向上しましたね。

    しかし、ドローンのハンドキャッチはしないことがベストですので、着陸方法の最終手段として考えてください。

    もしハンドキャッチを行う時は、キャッチする人の足元の状況をきちんと確認しておきましょう。

    最後にドローンのハンドキャッチは危険を伴いますので、ドローンから目を外すことなく慎重にハンドキャッチを行ってください。

     

    ドローンを捕まえたら、モーターを停止するまで捕まえたまま離さないでください!

    ハンドキャッチ時には、ヘルメット・グローブ・サングラス等の安全装備も忘れないようにしてくださいね。

     

         ご 気 軽 に お 問 い 合 わ せ く だ さ い     

    ドローン全般、3次元データ作成、ドローン操縦代行およびパイロット育成に関することなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

    • これからドローンを導入したい業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
    • ドローン測量を始めるために何からすればいい?
    • ドローン操縦できるスタッフをガッツリ育成したい!
    • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのか

    などお客様の相談内容に合わせて、現場での直接のサポート、電話、メール、ZOOMなどのお好みのスタイルで対応いたします。

    *お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。

     

    電話でのお問い合わせ

    090-5737-0422     受付時間 平日(月~土)/9:00~18:00

    メールでのお問い合わせ(365日24時間)

    ご質問やご相談など、各項目を入力のうえ、お問い合わせください。

    入力が終わりましたら、「送信」クリックをお願いします!

    *は必須項目です。






      必須 ご相談内容ご相談お見積もりお問い合わせその他
      必須 お名前
      必須 メールアドレス
      任意会社名
      必須郵便番号
      必須都道府県
      必須ご住所
      必須お電話番号
      必須メッセージ本文 

      ドローン初心者向け練習法

      現在のドローン空撮は、測量・農業・映像・インフラメンテナンス・物流・土木・警備・災害対策などの分野で積極的に行われています。これらの分野で活躍しているドローンパイロットは、高度な操縦技術を習得することが必要でありそれは容易ではありません。

      はじめの一歩は安価でGPS機能が搭載されていないミニドローン(機体100g未満)での室内練習を繰り返しながら、ドローンの難しい操作をクリアしましょう!

       

       

      ドローン操作コツ

      自由にドローンを操作するには、焦らず時間をかけてじっくりとドローン操作経験を積んでいくことが重要です。
       

      スポンサーリンク