【ドローン初心者練習法】電源投入時には重要な注意点アリ⁉
電源投入時の注意点と設定の確認項目をお伝えしています。
ドローンの電源を入れるときの手順を守らなければ、突然プロペラが回ったりする可能性もありとても危険な事故となります。

*ドローンがいきなり動き始めた場合は、プロポで対処しましょう。

飛行前のチェックや安全確認はとても大切です!
電源の入れ方はきちんと理解しておきましょう。
電源投入時には、以下の項目(機器のステータス)も忘れずに確認しておきましょう!!
  1. コンパスキャリブレーションの完了(エラーがないか)
  2. リターントゥホーム時の帰還高度の設定
  3. 空撮をする場合は、写真と動画の撮影サイズの確認
  4. リポバッテリーの温度・残量・セルバランス状態の確認
  5. ホームポイントの確認(現時点に更新されているか)
  6. 離陸後の機体動作確認(プロペラなどの異常音がないか)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドローンの電源の入れ方

 

  1.  ドローンとプロポの両方に電源が入っていないかを確認します。
  2.  ドローンが水平な状態で置かれているか確認します。
  3.  ①プロポ ②飛行アプリ起動 ③ドローンの順番で電源をいれます。(電源を切る場合は、逆の③②①の順番です)

 

電源を入れるときの注意点

はじめに離陸周辺エリアの状況(適切な環境)であるかの確認をします。
ドローンに電源を入れるときは、急にプロペラが回転した時に回避できる位置から手を入れて水平検知を確かめます。
ポイント

必ずドローンを水平にしなければいけません。

ドローン機体に電源が入ると、各センサー類が 現在の位置・高さ・向き・水平などを計算し始めるためです。

もし、平らではなく傾いた状態で電源を入れた場合は、上空での制御が傾いてしまいますので注意しましょう。

電源の入れる順番を間違った場合

ドローンがいきなり動き始める(いきなりプロペラが回転してしまう)場合があります!!

*ドローンがいきなり動き始めた場合は、プロポで対処しましょう。

電源投入時には、以下の項目(機器のステータス)も忘れずに確認しておきましょう!!
  1. コンパスキャリブレーションの完了(エラーがないか)
  2. リターントゥホーム時の帰還高度の設定
  3. 空撮をする場合は、写真と動画の撮影サイズの確認
  4. リポバッテリーの温度・残量・セルバランス状態の確認
  5. ホームポイントの確認(現時点に更新されているか)
  6. 離陸後の機体動作確認(プロペラなどの異常音がないか)

 

参考記事コンパスキャリブレーションとは?エラーが出た時の確認事項を解説

参考記事リターントゥホーム(RTH)とは?設定きちんとしてますか?

飛行前のチェックや安全確認はとても大切です!
電源の入れ方はきちんと理解しておきましょう。

 

     ご 気 軽 に お 問 い 合 わ せ く だ さ い     

ドローン全般、3次元データ作成、ドローン操縦代行およびパイロット育成に関することなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • これからドローンを導入したい業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
  • ドローン測量を始めるために何からすればいい?
  • ドローン操縦できるスタッフをガッツリ育成したい!
  • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのか

などお客様の相談内容に合わせて、現場での直接のサポート、電話、メール、ZOOMなどのお好みのスタイルで対応いたします。

*お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。

 

電話でのお問い合わせ

090-5737-0422     受付時間 平日(月~土)/9:00~18:00

メールでのお問い合わせ(365日24時間)

ご質問やご相談など、各項目を入力のうえ、お問い合わせください。

入力が終わりましたら、「送信」クリックをお願いします!

*は必須項目です。






    必須 ご相談内容ご相談お見積もりお問い合わせその他
    必須 お名前
    必須 メールアドレス
    任意会社名
    必須郵便番号
    必須都道府県
    必須ご住所
    必須お電話番号
    必須メッセージ本文 

    ドローン初心者向け練習法

    現在のドローン空撮は、測量・農業・映像・インフラメンテナンス・物流・土木・警備・災害対策などの分野で積極的に行われています。これらの分野で活躍しているドローンパイロットは、高度な操縦技術を習得することが必要でありそれは容易ではありません。

    はじめの一歩は安価でGPS機能が搭載されていないミニドローン(機体100g未満)での室内練習を繰り返しながら、ドローンの難しい操作をクリアしましょう!

     

     

    ドローン操作コツ

    自由にドローンを操作するには、焦らず時間をかけてじっくりとドローン操作経験を積んでいくことが重要です。
    スポンサーリンク