ドローン測量を効率的に活用するICT施工事例

ドローン測量は、ICT(情報通信技術)施工において非常に効率的に活用できる技術です。

ICT施工とは情報技術を建設現場に活用することで、生産性や効率性を向上させることが可能になります。

ここでは、ドローン測量はICT施工にどのように活用されているか解説していきます。

 

ドローン測量をICT施工へ活用するメリット

データ収集と交渉化

ドローン測量によって取得したデータは、建設現場の正確な地形などの情報が分かります。
この情報によって、建設現場の全体をとらえ、設計と施工のプロセスを改善することができます。
ドローンが取得する高精度な点群データや3Dモデルは、施工計画や意思決定において有益に利用することが可能です。

計画と設計の改善

ドローン測量によって取得できる詳細な地形情報は、建設プロジェクトの計画や設計段階で利用できます。
正確なデータをもとに、施工方法や材料の検討、土木工学の認識により、施工プロセスの改善や効率化が促進されます。

施工進歩管理

ドローン空撮を定期的に行うことで、建設現場の進歩状況を当面把握することができます。これによって、遅延や問題を早期に発見することがで、迅速に対応することが可能となります。
施工された部分と設計図との比較により、正確な施工の確認や品質管理に役立ちます。

安全性向上

ドローン空撮で高所や危険な場所の測量を行うことで、作業員の安全性を向上させることができます。
また、データを取得することによって、安全に施工を進めることが可能となります。

コスト削減

効率的に高精度なデーターを取得できることにより、建設現場や土木現場のコスト削減することができます。

従来の測量方法に比べて、工期期間の短縮などで人員の削減にもつながっていきます。

 

スポンサーリンク

ドローン測量によるICT施工活用事例

ICT施工

土木工事の上空から現場をドローン空撮することで、直接みることが出来ない所や、人が立ち入ることができない所の画像は、安全管理や点検に活用することが可能です。

 

点群データ

ドローン測量はICT施工において建設プロジェクトの効率化や品質向上にも貢献が期待されています。

ドローン測量、ドローン空撮、3Dモデル化などのご相談はご気軽にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク