ドローン操縦!近接撮影テクニックをクリアしよう!

 

 

ドローンパイロットは業務の状況に応じていろいろな撮影を行いますが

近接撮影は必ず必要とする操縦テクニックになります。

 

実際の近接撮影では

ドローンと対象物の距離を1メートル程まで近づくこともあり

もしも対象物と接触すれば墜落の可能性も高まります。

 

ドローンパイロットとして

近接撮影を上手くクリアできる操縦訓練の方法をご紹介しています。

 

繰り返し操縦訓練を行い、近接撮影テクニックを身につけましょう!!

 

 

 

 

 

 

ドローンの近接撮影が必要なケース

橋梁主塔ケーブル接続部
煙突頭頂部
橋梁床版
橋梁主桁

Sonちゃん
ドローンビジネスで求められる近接撮影の主なケースです。

 

 

  • 橋梁全体(道路面以外)主塔・床版・橋脚・主桁 等・・・
  • 煙突の高所部
  • 大型のプラント設備
  • ダム
  • 送電線鉄塔
  • ビルの外壁
  • 風力発電

 

 

近接撮影が上手くなる操縦訓練の手順と方法

 

Sonちゃん
モニターと壁に集中して頑張りましょう!

① 近接撮影に適切な訓練場所を探す

訓練場所として大きな壁面などを見つけてください。

 

その壁で、実際の近接撮影訓練を常時できるようにするためです。

 

② はじめは単純に目視操縦の訓練をする

壁との距離は関係ない状態で目視操縦で近接撮影を行います。

 

操縦者からドローンを近い距離で飛ばして

近接撮影の訓練してみましょう。

 

③ 壁から2メートルの距離で操縦訓練をやってみる

目の前の目視操縦に慣れたら壁との距離を近づけていきます。

 

壁面との距離を2メートルにチャレンジしてみましょう。

 

右左、上下、斜めなど壁面との距離を保ちながら

いろいろな動きを繰り返します。

 

 

④ さらに壁から1メートルの距離での操縦訓練をやってみる

2メートルに慣れたら

さらに距離を1メートルに近づけて、同じ訓練を繰り返し行いましょう。

 

ドローンは、壁に近づくと障害物センサーが作動しますので

その警告の感覚にも慣れておきましょう。

 

もし障害物センサーの警報音で集中できないようならば

センサーを解除して訓練しておくことも大切です。

 

 

スポンサーリンク

近接撮影のポイント

 

Sonちゃん
近接撮影の時に意識していることをお伝えします!!

 

常に、風の向きや強さを意識する!

風の向きや強さの確認は、機体の傾き方や流され方に着眼すると判断できます。

機体の微妙な傾きや流され方に注目し、風の流れを感じながら操縦しましょう。

 

ドローンと構造物との距離を一定に保つ!

ドローンと構造物の近接距離を2メートルと決め、その距離を保ちながら操縦と撮影を行います。

撮影中の距離を2メートルと決めても必ず保てるわけではありませんが

自分の中に決意がないと操縦も撮影も上手くいきません。

 

Sonちゃん
「この撮影の距離は2メートルで撮影する」という決意も必要です。

 

モニター画面での状態(破損・劣化)確認が大切!

モニター画面では、破損、劣化の状態を確認しながら慎重に撮影を進めます。

撮影中には、

要確認状態(破損・劣化など)が他にある可能性も生じますので

できるだけ距離を近づけて撮影をします。

 

要確認状態の場所では

無理はしない程度に多めに撮影することがポイントです。

 

コンパスキャリブレーションのエラー(警報)について

橋梁などの近接撮影時に橋梁内部が鉄筋などで構成されていると

ドローンは近接撮影時に電子コンパスにエラーを発動します。

 

エラーが発生した場合はドローンが方向感覚を失います。

 

コンパスエラー時は操縦不能になり墜落の可能性が高まりますので

近接撮影中のドローン機体のエラーランプとモニター画面のエラーにも

注意しながら飛行させなければいけません。

 

 

関連記事

 

 

まとめ

近接撮影でのポイントは、目視飛行で行うための集中力を持続することです。

 

ドローンとモニターに集中しましょう!!

 

またドローンの予備機を準備することで、心に余裕を持たせることができます。

 

予備機必要性は

墜落した場合に業務がSTOPすることなく継続することが可能になります。

 

 

Sonちゃん
但し、墜落した際、第三者への被害が全くない時に限りますけど。

 

 

近接撮影を行うドローンパイロットは心的負担を抱えながら業務を行います。

 

ドローンパイロットは撮影当日にベストな状態で臨めるように

身体とドローンを調整しておきましょう!

 

橋梁点検はドローン近接撮影テクニックが必須!

 

Mavic 2 Pro

Mavic 2 Proは、 L1D-20cカメラ搭載でプロ仕様の空撮が可能です。
また各側面に障害物センサーも付き、安全に安定した飛行ができるため、初心者から上級者まで楽しむことができます。

< Mavic 2 Pro特徴 >

 Hasselblad L1D-20cカメラを搭載

  • 機体重量907g
  • カメラセンサー:1インチCMOS
  • カメラ有効画素数:20MP
  • 最大飛行時間:31分 (25 km/hの一定速度で飛行時)
  • 最大飛行距離 :18 km (50 km/hの一定速度で飛行時)
  • 検知システム:全方向障害物検知

ドローン操縦の初心者向け練習方法


     

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!