【ドローン初心者】ドローンフライトモード(P・S・A)って何?
スポンサーリンク

ドローンの世界的シェアをもつDJIドローンでは

ドローンの飛行の制御を行う

3つのフライトモード(Pモード・Sモード・Aモード)があります。

 

プロポに切り替えスイッチがあり、任意に変更することができる上位機種もあります。

 

ドローンを操縦するために必要な知識

基本のフライトモードになりますので、しっかりと理解しておきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

フライドモードとは?

 

ドローンのフライトモードにはPモード・Sモード・Aモードがあり

プロポにある切り替えスイッチにて変更することができます。

 

フライトモードの切り替えが可能な機種は、スペックの高いドローンになります。

 

Sonちゃん
モードスイッチの入れ間違いには、ご注意くださいね。

Pモード(ポジショニングモード)

 

Pモードは、通常使用するフライトモードです。

 

Pモードでは

きちんとしたGPS環境下で初心者でも安定した飛行ができる設定になっており

安全性の高いモードです。

 

ドローン機体はGPSとビジョンシステムを利用して

自らの位置を把握しながら安定し、障害物を避けて飛行します。

 

ドローンが風に流されそうになったら、GPSででどこかに行かないようになります。

 

基本的にPモードで操縦を行い

必要に応じてほかのフライトモードに切り替えましょう。

 

Sモード(スポーツモード)

 

Sモードは、飛行速度制限もなく、高速で移動する被写体の撮影をすることができます。

 

高速撮影では、スピード感のある空撮が楽しむことができます。

 

その他は、風が強くて前に進めないときなどに風に抵抗するために使用します。

 

基本的に強風の日でのドローン飛行は墜落の危険性がありますので

初心者の方は使用せずにきちんと判断できる経験を重ねましょう。

 

 

Sモード利用時の注意点

バッテリー消耗が速くなりますので

バッテリー残量に注意して飛行させるようにします。

 

Sモードでは障害物完感知センサーは無効となります。

 

またSモードはスピードが速いため

ドローンを障害物で停止させる場合の時間が長くなりますので、注意しておきましょう。

 

Aモード(ATTI姿勢モード)

 

Aモードでは、気圧センサーによる高度維持以外の機能が無効となります。

 

機体の高度は、気圧センサーから得られる高度データを使って自動で保持されています。

 

Aモードは

環境要因などによってセンサーが上手く取得できない場合に利用するフライトモードです。

 

そのため、GPS・ピジョンポジショニングシステム・障害物検知システムも

すべて無効になります。

 

GPS受信ができないため

初心者の方にはおすすめできないフライトモードです。

 

 

Aモードが自動で切り替わる場合

Aモードは飛行中、自動で切り替わる場合があります。

  • GPS信号が弱いとき
  • コンパスが干渉しているとき

 

Aモードで自動で切り替わる可能性がある場所

  • GPS受信がしにくい雲が多い日や山や谷
  • 室内(建物の中)

 

 

スポンサーリンク

手動操縦練習はGPS機能がないトイドローンで!

国土交通省に飛行申請を行う場合は10時間飛行練習条件にも

GPS受信をしない状況での手動飛行練習を行う必要があります。

 

ドローンを安全に飛行させるためにも

GPS受信をしない状況下での練習は必要不可欠です。

 

Aモードに慣れておかなければ

突然のトラブルに対応することができませんので

手動操縦練習をしっかりとしておきましょう。

 

DJIドローンの機体によっては、Aモードの切替え方法が異なっていますので注意してください。

 

 

 

手動でAモードに切替えができないDJIドローン

  • Mavic 2 シリーズ
  • Mavic Air
  • SPARK

 

手動でAモードに切替えができるDJIドローン

  • Inspireシリーズ
  • Phantomシリーズ

 

手動操縦おススメのトイドローンたち

手動操縦での飛行練習はAモードを使用するのではなく

GPSが搭載されていないトイドローンでの練習をおすすめします。

 

HITHUJI
自分に合ったトイドローン見つけてみてください。

 

Holy Stone HS210

 

Sonちゃん
室内で練習するには、ちょうどいいサイズのドローンです。

< 特徴 >

  • 機体重量 20g
  • 飛行時間 5分~6分
  • カメラ なし
  • 操作モード モード1・2の変更が可能

 

HITHUJI
最初の最初は室内でたくさん練習するのが上達のコツなんですね。

Holy Stone ドローン HS210B 青 バッテリー3個付き 飛行時間21分

 

Holy Stone HS160

 

HITHUJI
アームを折りたたむことができるため、とてもコンパクトサイズで持ち運びに便利ですね。

 

Sonちゃん
Holy Stone HS160は、人気のホビードローンです!!

 

< 特徴 >

  • 機体重量 83.5g
  • 飛行時間 5分~6分
  • カメラ 720Pカメラ付き空撮可能
  • 操作モード モード1・2の変更が可能
  • FPV飛行が可能

 

Holy Stone HS160 国内認証済み モード1/2自由転換可  バッテリー2個 飛行時間15分

Holy Stone HS170

 

墜落しても壊れにくい丈夫なドローンです。

高度なセンサーが付いていないから
手動操縦トレーニング用としてもおすすめです。

< 特徴 >

  • 機体重量 42g
  • 飛行時間 5分
  • カメラ なし
  • 操作モード モード1・2の変更が可能

 

Holy Stone HS170 ミニドローン

 

    関連記事
    スポンサーリンク

    まとめ

    通常の操縦では

    Pモードでじっくりとゆっくり撮影するのが、安定した映像や写真が撮れるコツです。

     

    Sモードでスピードを出して撮影するのは

    広めの景色などを高所から撮影するときにおすすめですのでぜひ試してみてくださいね。

     

    Aモードに、急に切り替わった時にも対応できるように

    普段からGPS無しでの操縦訓練をしておくことも大切です。

     

     

     

    ドローンの基礎知識をもっと深めたい!

     

     

     

    ドローン操縦の初心者向け練習方法

       

       

       

      Mavic Air 

      機能性と携帯性に優れたMavic Airは、本格的に空撮を始めるドローンとしておススメです!

      < Mavic Air 特徴 >

      • 重量430g
      • 最大飛行時間 21分
      • 最大飛行距離 10 km
      • GNSS  :  GPS + GLONASS
      • ジンバル:3軸
      • カメラセンサー:1.2/3インチCMOS
      • 有効画素数:12 MP

       

       

       

      目的別におすすめするドローンやアクセサリーの記事一覧

      HITHUJI
      趣味でドローンを楽しまれたい方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

       

      Sonちゃん
      FPVドローンに興味がある方はこちらの記事です。

       

      HITHUJI
      ドローンのアクセサリーやパーツのご紹介をしています。

       

      Sonちゃん
      ドローンビジネスに活用できる産業用ドローンの記事です。

       

       

      カメラの基礎知識を知りたい方の参考記事

       

       

       

       

       



      ロリポップ!なら大人気のWordpressも簡単インストール!
      あなたもWordPressでブログデビューしちゃおう!!

       

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      最新情報をお届けします

      Twitter でフォローしよう!

      スポンサーリンク

      この記事が気に入ったらフォローお願いします

      最新情報をお届けします

      Twitterでフォローしよう