【ドローン初心者】墜落の原因と対処法を知ろう!
スポンサーリンク

 

 

ドローンでの最悪の出来事は、やはり「墜落」です。

 

ドローンは、なぜ墜落してしまうのでしょうか?

 

誰もが、本当に一番避けたいトラブルですよね。

 

近年のドローンは

高度なセンサー(障害物回避など)のおかげで

墜落するケースは少なくなっているかもしれませんが

 

ドローンパイロットの操作ミスによって墜落してしまうケースも少なくありません。

 

ドローンが墜落する原因を知っておきましょう。

 

トラブルの対処法について理解することで、墜落するリスクを小さくすることは可能ですよね。

 

今回は、ドローンが墜落する原因を知って墜落のリスクを減らしましょう!

 

 

こんな方におススメの記事です。

  • ドローンの墜落の原因について知りたい方
  • ドローン操縦の初心者の方
  • ドローン操縦のスキルを向上させたい方

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

ドローン初心者の墜落の原因と対処法を知ろう

まず最初に、ドローンは墜落する可能性があるという認識を前提におきましょう!

正しい知識と適切な運用を行うことでリスクを最小限にすることができます。

 

強風(突風)および天候

ドローンは強風の環境下では、機体のバランスを崩してしまいます。

機体の性能によってことなりますが、風速を5m/s以上になると注意が必要です。

 

ドローンは進行方向に対して追い風になると

揚力を失いやすくなり墜落する危険性が高くなります。

 

ドローンは防水ではないので

小雨程度でも本体内部の隙間から水が入り、機体にダメージを与えます。

 

 

対策

  • 天気予報を事前に確認し、天候が悪いときは延期などの決断する
  • 風速や風向きの確認を心がける(風速計などを利用する)

 

 

関連記事

 

 

バッテリー切れ

ドローンはバッテリーで飛行することができます。

 

飛行中にバッテリー残量が減ると

当然飛行することができなくなるため墜落してしまします。

 

リターントゥーホーム機能で帰還する最中に
バッテリー不足になり墜落するケースがあるようです。

 

対策

  • バッテリー残量をモニターで常に意識する
  • 風の状況などによりバッテリー使用を考慮しておく
  • 飛行している地点から帰還するポイントまでの距離のバッテリー消費量も必ず考慮する。

 

 

関連記事

 

 

バッテリーの異常

バッテリーのセルバランスに異常がある場合もあります。

 

特に冬の時期は
バッテリーの温度が著しく低下していると突然墜落することがあります。

 

 

対策

    • 飛行させる前に、必ずセルバランスとバッテリー温度の確認を行う
    • セルバランスに異常が認められたら新品と交換を行う
    • バッテリーの温度管理を適切に行い、保温ケースなどで保管をする
    • バッテリーが低温にならないように注意し、低温と考えられる場合にはホバリングなどで温度上昇を確認して飛行させる

     

     

    関連記事

     

     

    電波障害

    ドローンは電波を利用して操縦しています。

     

    電波障害が発生すると
    ドローンとの通信が正常に行われなくなるため
    正常に飛行できなくなり墜落する可能性があります。

    電波障害が起きやすい鉄塔や電波塔には注意する必要があり

    その付近を飛行させる場合には注意が必要となります。

     

    対策

    • 事前に飛行環境の調査をしっかりと行う。
    • 電波受信状況を確認し、一度飛行状況を様子みる。

     

     

    関連記事

     

     

    障害物との接触

    ドローンが障害物に接触した場合
    機体のバランスを崩してしまうケースが多く、最悪は墜落します。

    特に送電線などに接触した場合

    電気系がショートしてしまう恐れもあるので注意する必要があります。

     

     

    対策

    • 事前に周囲の環境を調べ把握しておく
    • ドローンと障害物との距離を正しく把握する
    • モニター画面だけでなく、目視にて飛行中のドローンの状況や周囲に注視する

     

     

    自動復帰(リターントゥーホーム機能)

    リターントゥーホーム機能はとても便利ですが
    設定や使用するタイミングに誤りがあると墜落する原因となってしまします。

    自動復帰する際に高度設定が低かった場合に

    障害物を回避できなかったりすると衝突する可能性があり危険です。

     

    対策

    • 飛行状況に応じて正しい高度設定を行う
    • 自動復帰させるときに危険となる箇所の事前確認を必ず行うようにする。

     

     

    関連記事

     

     

    CSC(Combination Stick Command)操作でモーターを停止させる

    ⭐ドローンにはよりますが、CSCと呼ばれる特殊なプロポ操作を行ってしまい、強制的にモーターを停止させるモードがあります。

    対策

    • 操作みすに注意をする
    • CSS操作を正しく理解する

     

    原因不明

    墜落原因は不明なので墜落理由の特定はできないのですが

    以下の要因が考えられます。

     

    • 電波の混線、断絶
    • 機体、プロポ、バッテリーの故障
    • 樹木の枝や鳥類との接触

     

    操縦者が認識できない状態で墜落してしまう場合もありますので

    注意が必要です。

     

     

    関連記事

     

     

    人的操縦ミス

     

    操縦ミスは、墜落の原因として意外と多いケースです。

    Sonちゃん
    車の運転と同じで「だろー運転」が墜落原因になりやすいです。

    操縦経験が少ない状態で

    無理な飛行を行い墜落させるケースも多いと思います。

     

    車の運転と同じで

    免許を取得したばかりの初心者運転手の事故率が高いのと同じですね。

     

     

    Sonちゃん
    最初から、スピードを上げて遠くに飛ばしたくなる気持ちはよく理解できるのですが、、、、、

    墜落するとすべて自分の責任になりますので

    時間をかけて徐々に難易度を上げていきましょう

     

    ドローンの安全操縦の一番のコツですね!

     

     

     

     

    スポンサーリンク

    ドローンを墜落させないための事前準備

    人口密集地と空港管制エリアでないかどうかの確認

    iPhone向けドローンフライトナビ - 飛行制限確認地図

     

     

     

    飛行禁止制限区域・空港・ヘリポート周辺空域をマップで確認

     

     

    関連記事

     

    グーグルマップで現場付近の環境確認

    Sonちゃん
    結構~広域に確認してます。
    • 送電線・鉄道・携帯基地局アンテナ・ビルの屋上などに設置されている大きなパラボナアンテナ
    • ヨットハーバーなど船舶無線の通信がありそうなエリア
    • 高さのある樹木が生い茂っている場所(野鳥類の巣がある可能性がある為)
    • 主要幹線道路の位置関係

     

     

    現地調査を行う

    Sonちゃん
    自分の目で細かいところを確認することが重要です!
    • グーグルMAPでは気づかなかった危険の種が見えてくることがありますので、じっくりと行いましょう。
    • 事前の現場環境確認作業をきちんと行ったことで、撮影当日は位置関係が頭に入り効率が良くなります。

    Sonちゃん
    現地確認の時に、飛行イメージを膨らませるのも大事ですね。
    関連記事

    飛行計画を立てる 

    取得したい写真や動画の内容を決めて、それに見合う飛行ルートや離発着場所の設定を行う。

     

     飛行前の機体点検

    飛行前の機体点検は、改正航空法で義務化されています!

     

    機体、プロポ、プロペラ、バッテリー、タブレットなどに傷や異常がないか確認し

    その後、起動確認を行いましょう。

     

    2019年6月13日(木)に成立した改正航空法で、安全対策が新たに定められています。
    飲酒時の操縦を禁止と飛行前の機体点検を義務化しています。
    罰則は、「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」となります。

    飛行後の機体点検と清掃

    • 清掃を習慣にすると細かな傷や異変に気づくので こまめな清掃はお勧めです。
    • 車で運搬する際の振動に注意して、積荷と運転をしてます。

     

     

    スポンサーリンク

    墜落の経験から

    常にドローンの墜落を意識・想定しておくことが一番大事だと思います。

     

    飛行させる時だけじゃなく

    準備段階なども含めた常に心の片隅で覚悟と想定しておくことです。

     

    その考え方から機体や撮影地の細かな変化や

    危険の予兆に早期に気がつくことができます。

     

    結果、墜落リスクの低減になりますので

    盲点も減るということにつながりますよ。

     

    最悪、ドローン機体の不具合や墜落が発生した場合に

    自分がとる行動手順を決めておくのも大事です。

     

     

    Sonちゃん
    墜落しても、素早く対応できる行動計画を整えておきましょう!

     

     

    まとめ

    ドローンの操縦は、常に墜落ということを念頭に置かなければなりません。

     

    墜落というリスクがついてきますが

    ドローンでしかできない魅力もたくさんあります。

     

    周囲の安全を確保しながら、操縦や知識のスキルアップに挑戦しましょう!

     

    ドローン基礎知識の学習用記事

     

    ドローン操縦の初心者向けのまとめ記事

     

     

    HITHUJI
    はじめてのドローンにおススメなのは、プログラミングもできるTello(テロー)です!

    Tello(テロー) Powered by DJI

    Tello

    < Tello 特徴>

    • 機体重量80g
    • 最大飛行時間13分
    • 自動離陸/自動着陸:1回タップするだけの簡単操作で離着陸が可能
    • ローバッテリー保護機能:バッテリー残量が少なくなると、アラートで警告
    • フェールセーフ保護機能:接続が切断されても、安全に着陸
    • ビジョンポジショニング・システム:正確なホバリングをアシストするスマートテクノロジー

       

       

      プログラミング教育用におすすめのドローン Tello EDU

      HITHUJI
      プログラミングしてTelloを飛ばしてみてください

      Tello EDUは、さまざまなプログラミング言語、豊富なプログラミング機能をサポートしています。

      Scratchでトイドローンをプログラミングして飛ばそう

      ドローンプログラミング アプリ開発から機体制御まで DJI SDK対応

       

      HITHUJI
      Mavic 2 Proは、 L1D-20cカメラ搭載でプロ仕様の空撮が可能です。
      また各側面に障害物センサーも付き、安全に安定した飛行ができるため、初心者から上級者まで楽しむことができます。

      本格的な空撮におススメ Mavic 2 Pro

      < Mavic 2 Pro特徴 > Hasselblad L1D-20cカメラを搭載

      • 機体重量907g
      • カメラセンサー:1インチCMOS
      • カメラ有効画素数:20MP
      • 最大飛行時間:31分 (25 km/hの一定速度で飛行時)
      • 最大飛行距離 :18 km (50 km/hの一定速度で飛行時)
      • 検知システム:全方向障害物検知

       


       

       

      高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

      まずはお試しの10日間は無料!

       

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      最新情報をお届けします

      Twitter でフォローしよう!

      スポンサーリンク

      この記事が気に入ったらフォローお願いします

      最新情報をお届けします

      Twitterでフォローしよう