【ドローン初心者】ドローン飛行は 常に”風”の影響を考える!
スポンサーリンク

 

 

ドローンを飛行させる場所はもちろん空ですので、天候にはとても悩まされます。

 

またドローンは軽量化するため防水機能があるドローンは少なく

風や雨に対しても弱く墜落の原因にもなります。

 

ドローンパイロットは

常に風を意識したフライトを行い墜落のリスクを減らしましょう!

 

今回は、風の影響とドローンの関係についてみてみようと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

スポンサーリンク

地上と上空の風の違い

 

一般的に、地上より上空のほうが強く風は吹いていると聞かれたことはあると思います。

 

風はどの場所においても一定ではなく、時間や場所で変化しています。

 

上空に吹く、目に見えない風には十分に注意しなければいけないですよね。

 

強風の中

ドローンフライトを強行してしまうと墜落の原因にもなりかねません。

 

 

スポンサーリンク

ドローンを飛行させる風の目安

撮影場所には、建物の間、海の近く、山間部などがありますが

風の通り道になりやすい場所であるかどうか事前に確認することは大切です。

 

飛行させる時間が長いほど、風の強さや風の向きも変わっていきます。

 

ドローンが飛ばせることができる風速は一般的に5m/sまでと言われていますが

日常的に5m/sを超える日は頻繁にあり、強風や突風もめずらしくありません。

 

まずは、体感的に5m/sを感じられるようになりましょう。

 

そして、周囲にある物体の状態を観察することもいいですよね。

 

 

ビューフォート風力階級表

風力階級 風速(m/s) 陸上 海上
0 0.0~0.2 静穏。煙はまっすぐに昇る。 鏡のような海面。
1 0.3~1.5 風向きは煙がなびくのでわかるが、風見には感じない。 鱗のようなさざ波ができるが、波頭に泡はない。
2 1.6~3.3 顔に風を感じる。木の葉が動く。風見も動き出す。 小波の小さいもので、まだ短いがはっきりしてくる。波頭は滑らかに見え、砕けていない。
3 3.4~5.4 木の葉や細かい小枝がたえず動く。軽く旗が開く。 小波の大きいものは波頭が砕けはじめる。泡はガラスのように見える。所々に白波が現れることがある。
4 5.5~7.9 砂埃がたち、紙片が舞い上がる。小枝が動く。 波の小さいもので長くなる。白波がかなり多くなる。
5 8.0~10.7 葉のある灌木がゆれはじめる。池や沼の水面に波頭がたつ。 波の中位のもので、一層はっきりして長くなる。白波がたくさんあらわれる。(しぶきを生じることもある)
6 10.8~13.8 大枝が動く。電線が鳴る。傘はさしにくい。 波の大きいものができはじめる。いたる所で白く泡立った波頭の範囲が一層広くなる。(しぶきを生じることが多い)

 

 

スポンサーリンク

風によるドローン飛行中止の目安とは?

風速

Sonちゃん
一概には言えませんが~
風力階級を目安にすると
MAX階級45.57.9)程度でドローン飛行を中止することになります。

ドローンが飛行している上空では

もっと強く風が吹いてますので

結構リスクが高い飛行になることを注意しておきましょう。

 

DIJドローンの強風アラート発信したときは?

 

  • まずはドローン下方の安全を確認しながら、強風の層を避けるため高度を下げます。
  • 高度を下げた状態でもアラートが連発するときは、帰還させるようにしましょう。

 

強風時に上空で飛行するドローンの様子は?

 

  • 風に流され始めるので、一定の場所でホバリングできなくなります。
  • 直進飛行が困難になります。
  • 離発着の危険をともないます。

 

ドローンが飛行中に風に流されそうになったときの操縦は?

 

  • まずは、高度を下げます。
  • PhantomやMavicなどで飛行している場合は、スポーツモードに切り替え、強風に抵抗しましょう。
  • 風向きに対して、ドローンがスムーズに飛行できる方向へと舵を切っていくように心がけましょう。

 

強風とドローンバッテリーの消耗

 

風が強くなるとドローンのスピードは落ちます。

 

確実にバッテリーを消耗しますので

離着陸地点まで戻れずにバッテリー切れになる可能性があるので注意しておきましょう。

 

ドローン機体の重さと風との関係

ドローンが風に耐えることができるのは、機体の重さと比例します。

 

ということは、ドローンの機体が軽いほど風に流されやすいことになります。

 

産業用などのドローンは

機体も重く出力が強いため、風に流されにくいということになりますが

もし重量が重いドローンが墜落した場合を考えると

重大な事故になりかねないことも事実です。

 

 

ドローンの重量と最大飛行可能風速を比較してみましょう。

 

 

ドローン 重量 最大風圧抵抗
tello 80g
Mavic Air 430g
Mavic 2 Pro 743g 10m/s
Phantom 4 Pro 1375g 10m/s
INSPIRE 2 3440g 10m/s
Matrice 600 pro 10kg 8m/s

 

各ドローンの最大風速抵抗はあくまでも目安です。

 

突然の突風で

ドローンが制御不能になる可能性もゼロではないことを念頭に

ドローンを飛行させなければいけません。

 

 

風の状況がわかる風速計

風速を測る手段として有効なのが、デジタル風速計です。

HITHUJI
風速計の選び方は、モニターが大きく持ちやすいものがおすすめです。

 

(Ckeyin) デジタル 風速計 プローブ付き

 

HOLDPEAK 866Bデジタル風速計

 

 

まとめ

ドローン飛行は天候に影響されやすいものです。

 

晴天で風も弱いベストな状態であればいいのですが

現実で考えるならば不可能な場合もあります。

 

 

しかし、ドローンパイロットとして適切な判断と決断をもって

フライトさせなければならないと思います。

 

 

Sonちゃん
しっかりと判断と決断できる経験を重ねましょう!

 

ドローンの基礎知識をもっと深めたい!

 

 

ドローン操縦の初心者向け練習方法

     

     

    Mavic 2 Zoom

    光学2倍ズームMavic 2 Zoomなら、ハイパープラスなどで今までと違う映像を楽しむことが出来ます!

    < Mavic 2 Zoom特徴 >

     光学2倍ズームレンズ(24mm 48mm)を搭載

    • 機体重量907g
    • カメラセンサー:1インチCMOS
    • カメラ有効画素数:12MP
    • 最大飛行時間:31分 (25 km/hの一定速度で飛行時)
    • 最大飛行距離 :18 km (50 km/hの一定速度で飛行時)
    • 検知システム:全方向障害物検知

    (飛ばし方DVDビデオ付)4K時代の最新版 ドローン空撮入門

     

     

    ドローンを飛行させるために理解する規則や法律

    目的別におすすめするドローンやアクセサリーの記事一覧

    HITHUJI
    趣味でドローンを楽しまれたい方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

     

    Sonちゃん
    FPVドローンに興味がある方はこちらの記事です。

     

    HITHUJI
    ドローンのアクセサリーやパーツのご紹介をしています。

     

    Sonちゃん
    ドローンビジネスに活用できる産業用ドローンの記事です。

     

     

    カメラの基礎知識を知りたい方の参考記事

     

     

     

     

    高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

    まずはお試しの10日間は無料!

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!

    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったらフォローお願いします

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう