福岡県大刀洗町 今村天主堂をドローンの魅力で伝える!

16世紀後半にこの地方にキリシタン集団が生まれた。
キリシタン弾圧の時期は隠れキリシタンとして、1892年信徒発見までその存在は明らかでなかった。
双塔ロマネスク様式風のレンガ造の教会は、本田保神父は熱心な信者のもと建設を計画し、信者の奉仕作業、外国からの資金援助を受け大正2年に完成した。
設計施工は、当時、教会建築の名工鉄川与助氏で、彼の作品の中でも最大かつ秀逸。

~大刀洗町HPより

【今村天主堂】 ドローンで撮影

 

国指定重要文化財とは、日本国内で文化財保護のために国が指定した特に重要な文化財のことです。
今村天主堂内部は本格的な三層構成で高いリブヴォールト天井とステンドグラスにより壮麗な内部空間を演出されています。

 

スポンサーリンク

3Dで見る今村天主堂

ドローン3次元測量で得られたデータを解析した点群データになります。

 

スポンサーリンク

今村天主堂フォト

今村天主堂は国指定文化財として管理され、その魅力は歴史的な価値や特徴があります。

明治時代(1891年)に建てられた今村天主堂は、日本が西洋文化との交流を前提として、キリスト教の影響も受け入れられた時期でもあります。

西洋の建築様式を念頭に置きつつ、日本独自の伝統的なデザイン要素も取り入れられています。

今村天主堂の内部は本格的な三層構成で,高いリブヴォールト天井とステンドグラスにより壮麗な内部空間を演出されています。

 

 

ドローン測量、ドローン撮影、3次元測量解析などのご相談はご気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

スポンサーリンク