注目が高まるドローン点検のメリットとデメリットとは?

ドローン撮影の中でも注目が高まっているのがドローン点検です。

今後このドローン点検では、インフラ設備の安全性の確保のために有効な方法であり、今後の普及にはさらに注目を集めています。

ここではドローン点検のメリットとデメリットを説明しています。

 

ドローン点検が注目されている理由とメリット

従来の点検作業では、インフラや建物の外観や設備の状態を人が上って危険な場所で行う必要がありました。

ドローン点検を活用することで、時間短縮、安全性、コスト面での課題を大きく解消することが可能です。

また、インフラや建物の外観や設備の状態、維持管理の必要性を判断するためのデータを迅速に得ることも可能になります。

安全性向上

ドローンを活用することで、人が高所や危険な場所への点検作業を直接行う必要がないため、労働者の安全性が向上します。

時間短縮で効率的

ドローン点検では、目標地点まで迅速にアクセスし高解像度のカメラやセンサーを使用できます。

これにかかる作業の合理化や人員削減は生産性も向上できます。

低コスト

従来の点検方法と比較して、ドローンを活用すると労働力や複雑な設備を必要とすることなく点検できるので、低コストで実施することが可能です。

また、広範囲の場所を短時間で点検することもできます。

データの高精度

ドローンセンサーやカメラは高精度であり、得られたデーターは正確性と信頼性が高く、異常発見や情報共有を早期にできます。

これまでの目視点検よりも精度が高まります。

スポンサーリンク

ドローン点検のデメリットや今後の課題

打診点検が出来ない

ドローン点検では、撮影による視覚点検となるため打診調査は行えません。

規制によるドローン飛行エリアの制限

ドローン飛行は、法律や規制によって制限されているエリアがあります。

ドローン点検するエリアが法律で制限されているため、事前確認が必要です。

空港周辺など航空機の航行及び地上でのドローン点検では、許可申請や調整が必要です。

点検で発見した異常部に応急処置や修理ができない

ドローン点検を実施した際に発見される異常や損傷には、すぐに応急処置や修理をすることができません。

後日、ドローン点検結果より修理作業を行う必要があります。

天候への制約

悪天候や強風の条件下ではドローン飛行が出来なくなるため、点検作業の実施の延期や中止となる可能性があります。

 

スポンサーリンク

3次元測量分析した点群データ

ドローン点検はいろいろな分野で活用されています。

注目を高めるドローン点検では、危険な場所へのアクセスが容易にできます。

ドローンの活用で点検作業の効率化、安全性を高めてみませんか?

ドローン測量、ドローン撮影、3次元測量解析などのご相談はご気軽にお問い合わせください。

スポンサーリンク