ドローンによる点検とは?インフラや危険な場所での活用がすごい!

ここでは、ドローンによる点検メリットや今後の課題を説明しています。

ドローンよる点検では、従来の点検方法よりも効率的で迅速な点検を可能にします。

建設現場、橋梁、護岸などさまざまな分野で幅広く活用されており、作業者の安全性向上、コスト削減、設備の維持管理の向上に貢献しています。

ドローンによる点検のメリットと今後の課題

点検用ドローンとは

点検用ドローンとは、高解像度カメラやセンサーを搭載した無人航空機(UAV)のことです。

これにより、構造物や設備の細部まで観察し、異常や損傷を検出することが可能となります。

点検用ドローンに期待される役割

高所や危険な場所での作業現場において、点検用ドローンは作業者の安全性を向上させることができます。

作業する場所を迅速に点検することによって、作業時間の短縮によりコスト削減が可能となります。

またドローン撮影によって取得されたデータは、問題の早期発見や正確な状態評価が可能です。

解析されたデータは、将来のメンテナンス予測や設備の改善計画に役立っています

点検用ドローンを活用するメリット

  • 点検作業者の安全の確保
  • 少人数・短時間で点検作業が行える
  • 高精度の画像で撮影ができる
  • コスト削減ができる

 

ドローンによる点検の課題

  • 撮影しにくい場所がある
  • 打音作業や触診ができない
  • 墜落の可能性がある
  • 飛行音や騒音がトラブルになる可能性がある
スポンサーリンク

ドローンによる橋梁点検事例

ドローンでは上空より橋梁の全体を容易に観察できるため、従来の方法よりも迅速に点検作業を進めることが可能です。

従来の点検方法で必要な足場設置などは不要なため、時間の短縮よりコスト削減が可能です。

ドローンによる橋梁点検を効率的に行う手順になっています。

  1. 発注者と撮影箇所の打合せ
  2. 現地の橋梁を事前確認し、飛行計画の立案
  3. 橋梁点検に必要となる飛行申請許可等の取得
  4. ドローンによる橋梁点検の撮影当日
  5. 撮影データの確認と検証及び、データ整理

 

スポンサーリンク

点検用ドローンの進歩は今後どうなるのか

  • 高性能センサー技術の進化
  • 人工知能(AI)の活用
  • 長時間飛行可能なバッテリー技術
  • リアルタイムで転送できる通信技術の向上

ドローン撮影は、地上からではない高度な視点から、構造物をいつもとは違う目線でとらえることができます。

ドローン活用による点検業務は、今後ますます広範囲での活用が進み効率的な点検手段となっていくでしょう。

 

ドローン測量、ドローン撮影、3次元測量解析などのご相談はご気軽にお問い合わせください。

スポンサーリンク