橋梁点検については

2014年に「長さ2メートル以上の全ての橋とトンネルに対して5年に一度、近接目視による点検を義務化する」

と省令で規定されています。

 

橋梁点検の近視目視点検とは

目で直接橋梁の状態を確認することが基本となっています。

 

また必要に応じて

触診点検(手で橋梁を直接触り状態を確認する点検)や

打音点検(橋梁を叩いた際の反響音で状態確認を行う点検)を行います。

 

橋梁点検では原則として適正に行える技能者が行いますが

近視目視に限り

同等な点検ができる技術を選択できるドローンによる橋梁点検が注目されています。

 

SANKI PLANでは、以下の手順で橋梁点検を実施しております。

 

  1. 発注者と撮影箇所の打合せ
  2. 現地の事前確認を行い、飛行計画の立案
  3. 必要となる飛行許可申請の取得
  4. 橋梁点検の撮影当日 (風の影響・近接撮影テクニック・撮影スケジュール計画・橋梁点検のポイント)
  5. 撮影データの確認と検証及び、データ整理

 

 

橋梁点検を効率的にできるような手順をまとめた記事
橋梁点検の記事一覧

 

 

DJI CAMP技能認定専用テキスト

DJI CAMP技能認定専用 夜間・目視外・物件投下 飛行テキスト

橋梁点検のことの記事一覧
ドローンを利用した橋梁点検を効率的に行うための注意点は6つ!
ドローンによる橋梁近接撮影点検の普及に向けて
【橋梁点検のコツ】ドローン近接撮影(主塔編)手順の紹介します
【橋梁点検のコツ】効率的なドローン近接撮影(床版編)を行うための手順
【橋梁点検のコツ】ドローン近接撮影(主桁編)手順を紹介します
【橋梁点検効率化と安全】ドローンを活用した橋梁撮影手順とは
高性能産業用ドローン【Maviv 2 Enterprise】ができること
橋梁点検におすすめのドローン!Mavic 2 シリーズ!!
ドローンによる橋梁点検手順 ❺【撮影データの確認と検証】
ドローンによる橋梁点検手順 ❹【橋梁点検のポイント】
ドローンによる橋梁点検手順 ❹【撮影スケジュール計画】