Drone 橋梁点検サービス(撮影依頼)

Drone 橋梁点検サービス(撮影依頼)

橋梁の定期点検は、2013年の道路法改定により5年毎に義務化されています。

 

従来までの橋梁点検の方法では

点検作業を行う時間や

人件費などのコスト面が高額な費用となることが大きな問題となっています。

 

⇒SANKI PLANでは、主に九州地方での橋梁点検を125橋させていただいております。(2019年5月現在)

橋梁点検撮影の主な手順

ドローンによる橋梁点検では

出来るだけドローンが橋梁に近づくことで

近接撮影(写真・動画)で損傷個所がないかの確認作業を行うことになります。

 

⇒SANKI PLANでは、以下の手順で橋梁点検を実施しております。

  1. 発注者と撮影箇所の打合せ
  2. 現地の事前確認を行い、飛行計画の立案
  3. 必要となる飛行許可申請の取得
  4. 橋梁点検の撮影当日 (風の影響・近接撮影テクニック・撮影スケジュール計画・橋梁点検のポイント)
  5. 撮影データの確認と検証及び、データ整理

 

 

橋梁点検を効率的にできるような手順をまとめた記事

 

 

橋梁点検についてのご相談やご質問は、フォームにてご気軽にお待ちしております。

⇒SANKI PLANお問い合わせ

 

 

ドローンビジネスサポート

⇒SANKI PLANでは

事業所での空撮・測量・橋梁点検などのドローン導入を検討されている方などへ

コンサルタントとしてドローン導入や操縦テクニックなどのサポートを行っています。

 

ドローンパイロットの目線や経験から

ドローン普及を効率的に行うことをいっしょに目指し、ドローン導入計画からドローン操縦テクニックまでをお手伝いします。

 

 

詳しくはこちらから確認をお願いします。

ご質問やご相談のみでも大丈夫です!

ドローンビジネスサポート

 

 

ドローンパイロットとは

現在のドローン活用は

測量・農業・映像・インフラメンテナンス・物流・土木・警備・災害対策などの分野で積極的に行われています。

 

またどの分野のドローン活用も、実証実験からビジネスへ向かっているようです。

 

これらの分野で活躍しているドローンパイロットは、高度な操縦技術を習得することが必要であり

それは容易ではありませんよね。

 

ドローン学校へは行けない方や、ドローン学校へ行ったけど飛ばすことに自信がない方などへ

ドローンパイロットへなるための操縦訓練方法を紹介しています。

 

 

国土交通省「全国包括承認書」を取得済

無人航空機の飛行に関わる許可番号(阪空運第3159号・阪空験第1111号)

 

日本全国

人口密集地、建物等から30m以内、夜間飛行、目視外飛行の包括飛行許可を取得済みです。

申請準備に時間をとることなくスムーズなスケジューリングが可能です。

 

第三者賠償責任保険への加入状況

東京海上日動火災保険(株):対人5億円・対物5億円

 

 

 

 






    ドローンについてのご質問やご相談などがありましたら、ご気軽にお問合せください。
    フォームより24時間無料で受付ております。

    ご用件の内容をお選びいただき、必要事項をご記入の上、「送信」をクリックしてください。

    ご質問やご相談空撮(静止画・動画)3D測量橋梁点検高所(煙突など)点検広域調査ドローン操縦サポートドローン導入サポート

     

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!