ドローンを利用した橋梁点検の普及に向けて

ドローンを利用した橋梁点検の普及に向けて

 

橋梁点検については

2014年に「長さ2メートル以上の全ての橋とトンネルに対して5年に一度、近接目視による点検を義務化する」

と省令で規定されています。

 

橋梁点検の近視目視点検とは

目で直接橋梁の状態を確認することが基本となっています。

 

また必要に応じて

触診点検(手で橋梁を直接触り状態を確認する点検)や

打音点検(橋梁を叩いた際の反響音で状態確認を行う点検)を行います。

 

橋梁点検では原則として適正に行える技能者が行いますが

近視目視に限り

同等な点検ができる技術を選択できるドローンによる橋梁点検が注目されています。

 

 

 

SANKI PLANでは、以下の手順で橋梁点検を実施しております。

  1. 発注者と撮影箇所の打合せ
  2. 現地の事前確認を行い、飛行計画の立案
  3. 必要となる飛行許可申請の取得
  4. 橋梁点検の撮影当日 (風の影響・近接撮影テクニック・撮影スケジュール計画・橋梁点検のポイント)
  5. 撮影データの確認と検証及び、データ整理

 

 

Sonちゃん
効率的な橋梁点検を目指しましょう!!

 

 

 

ドローンによる橋梁点検では

出来るだけドローンが橋梁に近づくことで

近接撮影(写真・動画)で損傷個所がないかの確認作業を行うことができます。

 

以下の記事では

これまでの橋梁点検経験をできるだけ効率的に実施できるように

おすすめの詳細手順をご紹介しています。

 

 

 

橋梁点検はドローン近接撮影テクニックが必須!

 

 

 

ドローンパイロットを育成することも、効率的に点検業務が行えるポイントになります。

橋梁点検やドローン操縦サポートについて、ご質問やご相談がありましたらご気軽にお問い合わせください。

⇒SANKI PLAN お問い合わせ

 

 






    ドローンについてのご質問やご相談などがありましたら、ご気軽にお問合せください。
    フォームより24時間無料で受付ております。

    ご用件の内容をお選びいただき、必要事項をご記入の上、「送信」をクリックしてください。

    ご質問やご相談空撮(静止画・動画)3D測量橋梁点検高所(煙突など)点検広域調査ドローン操縦サポートドローン導入サポート

     

     

     

    DJIドローン購入できます!

    < DJIドローン正規代理店 システムファイブ >

    DJIドローン全品動作確認&調整済み。トラブル時にも電話で安心サポート!!

        

    SYSTEM 5修理へご相談・初期不良・返品交換受付窓口はこちらから

     

     

    動画撮影に特化した上位機種 Inspire2 

    Inspire2は、 30fpsや4K 60fpsに対応するし、カメラ交換もできるし、空撮に特化したすごいドローンです!

    < Inspie 2の特徴 >            

    最新のCineCore 2.1の画像処理システムを搭載しており、送信機を2台準備すると、パイロットとカメラマンが操作系統を分離することが出来ます。  

    • 重量3290g (2個のバッテリーを含む、ジンバルとカメラは含まず)
    • 最大離陸重量4000 g
    • 最大フライト時間:約27分 (Zenmuse X4Sを取り付けているとき)
    • 最大速度:94km/h

     

     

    Mavic 2 Enterprise 

    産業用ドローMavic 2 Enterprise は、業務の可能性が広がるドローンです。

    消火活動
    現場でより容易に、より高い機動性をもって消火活動を行い、人命を守ります。
    警察活動
    取得したデータを活用して、治安回復や地域コミュニティを守ります。
    緊急対応
    行方不明者の位置を特定し、緊急事態に戦略的に対処します。
    送電線の点検
    重要なインフラを安全に調査し、 定期的な保守作業
    携帯電話基地局の調査
    より安全に、より効率的に調査を実施します。
    橋梁の点検・検査
    複雑で貴重な構造物に近接することなく、ズーム機能を用いて離れた状態で調査を実施できます。

    関連記事

     

     

     

    撮影用プロ機 Matrice 600 Pro 

    Matrice 600 Pro は、最大ペイロード6kgで、Ronin-MXジンバル、DJI Focus、マイクロフォーサーズシステムからRED EPICまでの幅広いカメラに対応します。

    関連記事

     

     

     

    DJI CAMP技能認定専用テキスト

     

    DJI CAMP技能認定専用 夜間・目視外・物件投下 飛行テキスト

     

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!

    ドローン撮影やレッスンに関するお問い合わせ

    御社のドローン事業にこんな課題はありませんか?

    • ドローンを導入して、新規の事業展開を検討している
    • ドローンを導入して、既存事業のコスト削減を検討している
    • ドローンを導入しているが、なかなか効率化につながらない
    • 社員をドローンスクールに通わせたけど、ドローンの活用が進んでいない
    • ドローン操縦のスキルをもっとあげたい
    • その他、ドローン導入に関連する事など

    ドローン業界はとても注目されていますが、ドローン事業はまだまだ完全普及まで到達していないことが現状です。

    ドローン空撮サービスやサポートについてのご質問やご相談などがありましたら、ご気軽にお問い合わせください。フォームより24時間受付ています。

     

    SANKI PLANでは、ドローン利活用の発展へ積極的に取り組んでいます!!

    関連記事

     

    フォームより24時間受付ています。