ドローンパイロットになろう!失敗しないドローンの選び方とは

現在販売されているドローンには、いろいろな種類がや機能があります。

 

特にトイドローンでは、たくさんの製品が各メーカーから販売されていますね。

 

まずドローンパイロットが

ドローンを選ぶ際に特に注意しておきたいことは

ドローン機体の大きさをステップアップして操縦訓練を進めていくことです。

 

お分かりだと思いますが

ドローンを選定するときには

同じ操作方法で大きな機体に移行できるメーカーの方が

より安全に効率よく上達することができますよね。

 

今回のドローンの選び方では、世界的ドローンのシェアをもつDJI社製のドローンを解説をしています。

 

 

 

 

 

 

 

はじめての本格的ドローンを選ぶ!

 

トイドローンを使って徹底的に室内練習に慣れたら、本格的なドローンの購入をしましょう!

 

Sonちゃん
トイドローンに慣れたら、次の機種としてはMavic AirやMavic 2 Proがおすすめです!

 

< Mavic AirとMavic 2 Proのスペック比較表 >
  • 機体
Mavic AirMavic 2 Pro
機体重量430g907g
サイズ(L×W×H)168×184×64㎜322×242×84㎜
折りたたみ時サイズ168×83×49㎜214×91×84㎜
最大飛行速度(Sモード)68.4㎞/h72㎞/h
最大飛行時間21分31分
動作環境温度0℃~40℃-10℃~40℃
障害物検知システム前・後・下方前・後・横・上・下方
Mavic Air

 

  • カメラ性能
Mavic AirMavic 2 Pro
センサー1/2.3インチ CMOS1インチ CMOS
撮影範囲0.5m~1m~
静止画サイズ(ピクセル)4056×30405472×3648
動画解像度4K:最大30p

2.7K:最大60p

FHD:最大120p

4K:最大30p

2.7K:最大60p

FHD:最大120p

最大ビデオビットレート100Mbps100Mbps
写真フォーマットJPEG/DNG(RAW)JPEG/DNG(RAW)
動画フォーマットMP4/MOV

(H.264/MPEG-4 AVC)

MP4/MOV

(MPEG-4 AVC/H.264、

HEVC/H.265)

ジンバル3軸3軸

 

 

DJIドローン購入できます!

< DJIドローン正規代理店 システムファイブ >

DJIドローン全品動作確認&調整済み。トラブル時にも電話で安心サポート!!

    

SYSTEM 5修理へご相談・初期不良・返品交換受付窓口はこちらから

 

Mavic Air 

< Mavic Air 特徴 >

  • 重量430g
  • 最大飛行時間 21分 
  • 最大飛行距離 10 km
  • GNSS  :  GPS + GLONASS
  • ジンバル:3軸
  • カメラセンサー:1.2/3インチCMOS
  • 有効画素数:12 MP

     

     

    Mavic 2 Pro

    < Mavic 2 Pro特徴 > 

    Hasselblad L1D-20cカメラを搭載

    • 機体重量907g
    • カメラセンサー:1インチCMOS
    • カメラ有効画素数:20MP
    • 最大飛行時間:31分 (25 km/hの一定速度で飛行時)
    • 最大飛行距離 :18 km (50 km/hの一定速度で飛行時)
    • 検知システム:全方向障害物検知

    関連記事

     

     

     

    ドローン選定でおすすめできない失敗談

     

    ここからは、実際に体験したおすすめできないドローンの選び方になります。

    最初から中型や大型機を購入される方もいるのですが、絶対におすすめできません。

     

    Sonちゃん
    私は最初に、8枚羽のS1000という大型ドローンを購入してしましました⤵

     

     

    Sonちゃん
    とにかく初心者が操縦するには、サイズも大きいし、音も大きすぎて怖くてたまりませんでした。

     

     

     

    飛行前の準備や運搬も大変でしたし

    初心者には無駄な労力と恐怖心の負担がかかりすぎてよくありません。

    最悪、最初の怖い印象がトラウマになってドローンを敬遠するようになります。

     

    最近よくみられるドローン事情

     

    ケース 1

    社内でドローンビジネスを導入し、Inspire2などの中型機を購入。

    初心者ドローンパイロットしかいないため、Inspire2の操縦方法もよく分からず

    1度だけ事務所の前で飛ばしてみたが、それ以後は飛ばすことをしなかった。

     

    Sonちゃん

    飛ばさない理由としては

    ドローンが墜落した場合の事を思うと操縦したくないという思いが強いためのようです。

     

     

    ケース 2

    従業員がドローン学校を卒業しただけの操縦経験のまま、社内でMatrice 600を購入した。

    その後Matrice 600は1年以上も飛ばすことなく、社内のオブジェ状態になっている。

     

    Sonちゃん

    その理由として、ドローン学校でのフライトだけでは

    現場でのフライト経験がないので

    従業員がドローンを怖がって操縦したがらないことのようです。

     

     

    現状のドローンパイロット育成では、

    最初の操縦の印象が  ”怖い” という状態になってしまい

    ドローンパイロットが育たない状況が多いように感じられます。

     

    このようなドローン操縦に対する恐怖心を小さくするためにも

    小さい機体から徐々に大きい機体へ移行し操縦訓練を進めることが大切です。

     

    あせらずにゆっくりと経験を積み上げて、操縦レベルと機体の大きさをUPしましょう!!

     

     

    スポンサーリンク

    ドローンの飛行訓練事前準備と確認事項について

     

    では、待ちに待ったドローンを購入したら

    さっそく開封後、プロポとバッテリーを満充電して飛行準備を始めましょう。

     

    モニター用のタブレットの充電と、マイクロSDカードの準備も忘れない様に準備します。

    その他、サングラスやプロポショルダー等の必需品も忘れない様にしましょう!

     

    関連記事

     

     

    飛行訓練を行う場所について

    飛行禁止区域でないか、飛行許可が必要なエリアでないかを必ず確認しておきましょう。

     

    関連記事

     

     

    まとめ

    ドローンパイロットのはじめの心構えとして

    必ず飛行ルールーを厳守し、事前確認を怠らない様にし

    飛行許可が必要な場合は必ず飛行許可の申請を行いましょう。

     

    その場合の許可の取得までは約2週間程度かかりますので

    ドローン購入前に申請を済ませておくと待ち時間がなくて効率的ですね。

     

    Sonちゃん
    ドローンパイロットを目指すあなたの第一歩は、ルールの厳守がスタートです!

     

     

    ドローン操縦の初心者向け練習方法

       

       

       

      ドローンを飛行させるために理解する規則や法律

       

       

       

      DJI CAMP技能認定専用テキスト

      DJI CAMP技能認定専用 夜間・目視外・物件投下 飛行テキスト

      高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

      まずはお試しの10日間は無料!

      2020年度から小学校で「プログラミング教育の必須化」が決まっています!

       

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      最新情報をお届けします

      Twitter でフォローしよう!