【橋梁点検のコツ】ドローン近接撮影(主塔編)手順の紹介します
スポンサーリンク

 

 

2メートル以上ある橋梁では、5年に1度の点検が義務付けられています。

 

ドローンによる橋梁点検は

従来の橋梁点検車を使って行うよりも

効率的にできるため注目されていますが

ドローン近接撮影の操縦テクニックという難易度が高いものが求められます。

 

今回の記事では、橋梁主塔部分近接撮影時のポイントを紹介しています。

 

橋梁点検に必要なドローン近接撮影の操縦テクニックを身につけ

効率的な点検を目指しましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

橋梁点検手順

橋梁点検をドローンで行う場合の全体の流れ

  1. 発注者と撮影箇所の打合せ
  2. 現地の橋梁を事前確認し、飛行計画の立案
  3. 橋梁点検に必要となる飛行申請許可等の取得
  4. 橋梁点検の撮影当日について(風の影響・近接撮影テクニック・撮影スケジュール計画・橋梁点検のポイント)
  5. 撮影データの確認と検証及び、データ整理

下記は橋梁点検の手順の詳細記事です。

 

これまでの橋梁点検の経験より、最も効率的なおすすめの流れを解説しています。

関連記事

 

橋梁点検近接撮影の流れ

橋梁点検では、ドローンによる近接撮影はリスクが高く

ドローンパイロットにとっても心的リスクが負担となる部分です。

 

⭐橋梁点検近接撮影を効率よくするために、先に橋梁全景や主塔の撮影を完了させ、次の撮影(主桁や支承部床板)に進むことをおススメしています。

 

 

関連記事

 

 

スポンサーリンク

主塔を近接撮影するときの手順

① 事前現地調査と飛行計画

対象主塔の詳細な飛行計画

  • どの主塔からか(橋長にもよりますが、主塔は2カ所(4本)のケースが多いです)
  • どこの位置からの操縦するか
  • どんな飛行ルートで撮影をするのか

 

関連記事

 

道路側の主塔の面(内側)を撮影するときの安全対策

車道側の主塔の面(内側)を撮影する際は
ドローンが墜落した場合の被害が大きくなりますので、安全対策は重要になります。

 

HITHUJI
道路側の主塔の面は、特に安全対策が必要です!
*歩行者と通行車両の安全に考慮した、ドローンの離発着場所と操縦位置を含む撮影計画が必要です。
車道側主塔撮影時における橋梁上の安全対策
  1. 車両通行止め
  2. 片側通行
  3. 1と2は行わず監視員と交通誘導員のみ(橋梁を通行する車両数が少ない場合のみ)

 

撮影当日の橋梁点検周辺への安全対策
  • 橋梁手前の両方向の車道に50m手前と100m手前に、「空撮点検中」の案内看板を設置
  • ドローンの見張り人以外に、交通誘導員を数名設置して歩行者と通行車両安全の確保
  • 事前に近隣住民や自治会へのドローン点検の周知

     

    効率的に撮影を進めるための撮影計画
    • 橋梁上での、ドローンのコンパスキャリブレーションは、橋梁内部鉄筋の影響で磁界が強くなかなか完了できません。キャリブレーションと機体の起動確認を行う場所を決めておくと撮影当日は効率的です。
    • 主塔の撮影面ごとに、日陰の影響を考慮した撮影スケジュール(時間帯)を計画しておきましょう。
    • 橋梁撮影は写真or動画で行うのか、発注者へ事前に確認します。

     

    Sonちゃん
    橋梁の形状や現場の状況に合う飛行計画を立案しましょう!

     

    ② 主塔近接撮影

    前回の橋梁点検で発見されている損傷個所は、特に注意して撮影を行いましょう!

     

    主塔近接撮影手順
    1.  ドローンを離陸させたら、主塔の頂部まで移動します。
    2.  ドローンのカメラを水平に主塔に向けます。
    3.  撮影したいカメラアングルに調整し、ドローンを橋梁に近づけていきます。
    4.  主塔の頂部からドローン機体を主塔に沿わせて、ゆっくりと下降させながら撮影を行います。
    5.  道路付近までドローンを下降させ撮影を終えたら、次にその位置でドローンの向きを変更します。
    6.  次に撮影したい主塔の面へドローン機体を移動させ、再度頂部まで上昇しながら撮影を行っていきます。

     

    *主塔の撮影は、この飛行ルート撮影の繰り返しになります。上昇して下降しての繰り返しです。

     

    Sonちゃん
    ドローンをエレベーターみたいに、ゆっくり上げたり下げたりする感じです。

     

    *録画(または、連続シャッター)スタートボタンの押し忘れが無いようにしてください!

     

    Sonちゃん
    結構、押し忘れする人が多いです。 私も、何回かありました・・・苦笑・・・・

     

     

    ドローンとモニターを見るリズムをつかむ

    橋梁近接撮影時は、ドローンとモニターの見るリズムを決めましょう。

    ドローン飛行中の操縦者の目線

    • ドローンの目視確認  3
    • モニター画面の映像確認  2

    Sonちゃん
    3・2・3・2・3・2・・・のペースがいいと思います。

    *個人差があると思いますので、自分に合ったドローン機体とモニター画面の目視確認リズムをつかんでくださいね。

       

      Sonちゃん
      通行車両や歩行者の状況が気になるところですが、ドローンパイロットは、ドローンの動きに集中しましょう。
      まわりの情報は、監視スタッフからの声が頼りになります。

       

       

      主塔撮影時での注意事項
      ⭐主塔の壁面だけでなく、主塔から延びるケーブルの接続箇所撮影を忘れないようにしてください。

       

      ⭐飛行スピードは、🐢ゆっくり(時速2㎞程度)です。

      風の影響でドローンが横揺れして

      撮影アングルのズレが生じることが多々あります。

       

      ゆっくり飛行をおすすめするのは

      横揺れ時のアングル修正の余裕の確保と

      操縦者の心の安定を維持するためです。

       

      斜張橋などの主塔は、道路から高さ50m以上あることが多いです。

      Sonちゃん

      高さ70mある主塔を撮影したことがありますが、かなりドローンは風で押されます~

      操縦はかなり、ヒヤヒヤです 😅

       

      ⭐主塔撮影では、風の影響が強い飛行となります。

      ドローン機体を大きく動かしてしまうと主塔やケーブルに衝突します。

       

      ドローンの飛行ルートは上昇下降の単純飛行ですが

      撮影が終わる瞬間までは

      ドローンの安定姿勢と垂直飛行ルートをキープしましょう!!

       

      集中力のあるドローン操縦を目指してください!

       

      スポンサーリンク

      まとめ

      Sonちゃん
      今回は、橋梁点検に取り組むときの注意点をお伝えします。

       

      ドローン撮影は

      橋梁とドローンの距離間隔を

      モニターの画面で奥行きを感じることはとても難しいことです。

       

      必ず、目視で主塔とドローンの距離間隔を確かめるようにしてください。

       

      *ドローン操縦のポイント

      • 最初に合わせたカメラアングルで撮影を進め継続すること
      • 機体が主塔やケーブルに接触しないように常に注意すること

       

      私も様々な形をした橋梁の撮影をさせて頂きましたが、毎回毎回、気が抜けない撮影です。

       

      • ドローンが飛んでいる時間は、常に衝突と墜落の恐怖と戦うことになります。

       

      日本には、たくさんの種類の橋梁があります。

      • 橋梁の形状 (形・高さ・長さ・幅・材質・色)
      • 環境 (海沿い・山間部・1級河川・災害地で崩落した橋・住宅密集地にある橋・鉄道が近くにある橋)

       

      色々な橋梁点検を経験して思うのは

      やはり事前の橋梁現場調査と飛行計画の立案が勝負を分けると思っています。

       

      つまり、超リアルな飛行イメージをドローンパイロットが描けるかどうかで効率的な橋梁点検ができます。

       

      飛行前に頭の中でたくさんイメージ飛行して

      基本練習を行い撮影できる自信が持つようになることです。

       

       

      • もし自信がないようならば何回も現場に足を運ぶ!!

       

      70%以上の成功する確信(自信)で撮影本番に臨むことが

      最適な撮影を完了させるコツだと思います。

       

      飛行ルートや離発着場所などについても

      自分と真逆の発想をする人の意見を参考にすることも大切です。

       

      チームスタッフの意見が意外とリスクが少なかったり

      改めて自分の考えたルートが安全と確認できます。

       

      • いろいろな想定ができるため、周りのスタッフの意見も大事にしましょう。

       

       

      撮影本番のドローンパイロットは

      プレッシャーを感じながらの孤独な操縦になります。

       

      計画段階でスタッフとしっかり意見を交わして

      その現場で最高の点検成果が得られる

      飛行計画を立案することに集中しましょう!

       

      橋梁点検はドローン近接撮影テクニックが必須!

       

       

      Mavic Mini

      < Mavic Mini 特徴 >

      • 超軽量199g
      • 最大18分の飛行時間
      • 最大2 kmのHD動画伝送
      • GPSとビジョンセンサーによる正確なホバリング
      • 3軸ジンバル搭載 2.7Kカメラ
      • 簡単撮影&編集

      最新ドローン完全攻略9(2019/12/11)

       

       

      動画撮影に特化した上位機種 Inspire2 

      Inspire2は、 30fpsや4K 60fpsに対応するし、カメラ交換もできるし、空撮に特化したすごいドローンです!

      < Inspie 2の特徴 >            

      最新のCineCore 2.1の画像処理システムを搭載しており、送信機を2台準備すると、パイロットとカメラマンが操作系統を分離することが出来ます。  

      • 重量3290g (2個のバッテリーを含む、ジンバルとカメラは含まず)
      • 最大離陸重量4000 g
      • 最大フライト時間:約27分 (Zenmuse X4Sを取り付けているとき)
      • 最大速度:94km/h

       

       

       

       

       

      ドローン測量は業務効率化ができます!

       

      Sonちゃん
      測量、土木、建築、都市計画等に利用する際の基礎となる、平面図や3Dモデリングの方法をわかりやすく解説しています。

      最新ドローン画像解析入門

       

      測量用ドローンPhantom 4 RTK 

      < Phantom 4 RTK特徴 >

      計画モードでは、オーバーラップ率/高度/飛行速度/カメラパラメーターなどを調整しながらドローンの飛行経路を選択し、自動マッピングまたは調査ワークフローを提供します。

      • 機体重量1391g
      • カメラセンサー:1インチCMOS
      • カメラ有効画素数:20MP
      • 最大飛行時間:30分

       

      ドローンの教科書 標準テキスト

      \高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』/

      まずはお試しの10日間は無料!

       

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      最新情報をお届けします

      Twitter でフォローしよう!

      スポンサーリンク

      この記事が気に入ったらフォローお願いします

      最新情報をお届けします

      Twitterでフォローしよう