【ドローン橋梁点検のコツ】GPS受信が遮断(床版編)手順を解説します!

これまでのドローン橋梁点検の経験から、床版部分の効率的な近接撮影手順をご紹介しています。

日本全国には約70万もの長さ2メートル以上ある橋梁では、5年毎に近視目視による点検が義務化されています。

初期段階の近視目視点検では、効率的に橋梁点検を行うことができるドローンがとても注目されています。

しかし、ドローンパイロットに求められる近接撮影は、難易度が高いことが課題になっているのが現状です。

特に床版の近接撮影時はGPS受信が遮断されますので、特に墜落のリスクが高い近接撮影になります。

業務の進捗とドローンパイロットの精神的安定を担保するために、予備機の準備が重要役割を担います。

ドローンを活用した効率の良い橋梁点検を目指しましょう!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

橋梁点検を行うときの全体の流れ

橋梁点検をドローンで行う場合の全体の流れは、以下の手順はこちらです。

  1. 発注者と撮影箇所の打合せ
  2. 現地の橋梁を事前確認し、飛行計画の立案
  3. 橋梁点検に必要となる飛行申請許可等の取得
  4. 橋梁点検の撮影当日について(風の影響・近接撮影テクニック・撮影スケジュール計画・橋梁点検のポイント)
  5. 撮影データの確認と検証及び、データ整理

 

 

スポンサーリンク

橋梁点検を効率的に行う部分別撮影手順

橋梁点検の近接撮影を効率的に行うために、以下の手順で橋梁撮影をおすすめしています。

ポイント
  1. 橋梁全景の撮影(東西南北からの橋梁全体を撮影する)
  2. 主塔の撮影
  3. 支承部の撮影
  4. 主桁の撮影
  5. 床板・縦桁・横桁の撮影
スポンサーリンク

床版・縦桁・横桁での近接撮影手順

床板・縦桁・横桁の近接撮影は、ドローンのGPS受信が遮断されます。

さらに水面からの巻き上げ風の影響があり、墜落のリスクが高い撮影になります。

ポイント
ドローンは、必ず目視操縦が原則です!!

下記に、床版・縦桁・横桁での近接撮影手順を説明しています。

  1.  岸から離陸して、その位置にてドローンをホバリングします。
  2.  ドローンをその位置で、床版1mの距離まで近づけてください。
  3.  カメラを床版の方へ向け、アングル角度を合わせましょう。
  4.  床版(右寄り)の近接撮影を開始します。*動画撮影がおすすめ
  5.  少しづつゆっくりと前進し、橋梁の中央地点まで撮影します。
  6.  橋梁の中央地点では、ドローン機体をその向きのまま左横に移動させましょう。
  7.  橋梁中央位置からドローンをバックさせながら、左寄りの近接 撮影をします。
  8.  岸に戻ったらドローンを着陸させてください。

 

 

床版・縦桁・横桁を効率的に近接撮影するポイント!

床版・縦桁・横桁の近接撮影は、橋長を2分割にする!

ポイント
床版・縦桁・横桁の近接撮影は、基本的に橋長の半分ずつの2分割撮影をおススメしています!
操縦位置床版の近接撮影部分離着陸場所
右岸側A:橋梁中央~右岸へ右岸
左岸側B:橋梁中央~左岸へ左岸

床版近接撮影手順❶~❽を参考に、効率の良い順番(A・B)を決めましょう!

 

ポイント
ドローン操縦位置はしっかりと目視操縦を行うために、確実に橋梁の真下から行ってください!

河川敷で平らなところや、崖を降りる場所もありますので、転んだり滑り落ちたりしない様に注意して移動してください。

 

移動時のドローン機材は、転倒した時の破損防止のためにハードケースを使用して移動を行います。

雑草や枝を取り除くために、カマやナタ等も常備しておきましょう。

 

因みに、登山靴を履いておくとスリップ転倒しにくくなりますよ

 

ドローン離発着場所をキチンと確保する

橋梁下では、平らな場所で離発着を行うためにゴムマットを準備します。

離発着ゴムマットの例:50×50㎝の正方形。厚さ5

 

橋梁下の状態は、雑草が茂ったり急傾斜の場合などがあります。

きちんとした離着陸スペースとして1m×1m程度の範囲を整えましょう。

 

 

ドローンの安全着陸のための方法

ポイント
橋梁点検の環境状況に応じて、ドローンを安全着陸させるために着陸方法を変更する必要があります。

ドローンが安全に着陸できない可能性が高い場合(強風・着陸周辺が雑草・急な傾斜地など)には

ドローン(phantom使用時)をハンドキャッチにて着陸させましょう。

 

Mavicシリーズもハンドキャッチできるのですが、基本的に危険なので極力しないようにしましょう。

 

これまでの橋梁点検の経験から、必ずハンドキャッチが必要になるケースがありますので、普段から練習をして備えておいてくださいね。

 

 

コンパスキャリブレーションを行うときの注意点

コンパスキャリブレーションは、橋梁の真下でない位置にて行います。
(橋梁が真上にない場所)
橋梁下では、GPS受信状態が良くないケースも少なくありません。

コンパスキャリブレーションは、GPS受信状態がいい場所で行いましょう。

 

参考記事

 

床版・縦桁・横桁の近接撮影時に注意すること

床版の近接撮影時は、GPS受信は遮断されますのでマニュアル操縦になります。

ドローンのランプも緑黄色に変わり、GPS受信が遮断されたことが分かります。

 

 

Mavicシリーズでは、下方画像センターを利用できる

Mavicシリーズでは、川の水面からドローンの高さまでが8m以内の距離のケースでは下方画像センサーが利用可能です。

下方センサーが機能した場合の操縦は、多少ですが安定した操縦ができます。

 

下方画像センサーは、川の流れなどを模様として判別した場合は機能しないので注意してください。

 

GPS受信が遮断される

床版・縦桁・横桁の真下ではGPS受信は遮断されるため、手動操縦スキルが必要です。

日頃から、GPS搭載がないドローンでの基本練習を繰り返し行いましょう!

 

 

河川から吹く風の影響に注意する

近接撮影時は、GPS受信が遮断された状態と河川上で吹く風の影響を受けやすくなりとても不安定な飛行になります。

ドローン操縦者は、少しの間でも気が抜けない状態になります。

 

ドローンの動きに集中して、ちょっとしたドローンの動きも確認しながらの適切な判断とプロポの操作が重要です。

 

操作が1秒遅いだけで、床板や橋脚に衝突してしまうケースもあります。

特に集中して操縦を行いましょう。

 

床版の近接撮影時はGPS受信が遮断されますので、特に墜落のリスクが高い近接撮影になります。

業務の進捗とドローンパイロットの精神的安定を担保するために、予備機の準備が重要役割を担います。

もちろんドローンパイロットは墜落しないことを考えて橋梁点検に臨みます。

予備機があることでドローンパイロットのプレッシャーはとても軽減されますね。

ドローンパイロットの気持ちの中には、墜落することで周りの人に迷惑をかけてしまうことが、常に一番のプレッシャーなのです。

床版の撮影で墜落は川の中になりますので、第三者への損害は少ないと考えます。

ポイント
特に近接撮影時でのドローン予備機は、ドローンパイロットの心理的負担軽減の役割を果たします!

 

会社や周りの人に迷惑をかけてしまう・・・

作業が止まってしまうという・・・・

 

というプレッシャーをいつも抱えています。

墜落するリスクを軽減するために、ドローン予備機は必要ですよね。
ドローン予備機で墜落のリスクも減らし、さらに効率の良い橋梁点検を目指しましょう!!

 

     ご 気 軽 に お 問 い 合 わ せ く だ さ い     

ドローン全般、3次元データ作成、ドローン操縦代行およびパイロット育成に関することなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • これからドローンを導入したい業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
  • ドローン測量を始めるために何からすればいい?
  • ドローン操縦できるスタッフをガッツリ育成したい!
  • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのか

などお客様の相談内容に合わせて、現場での直接のサポート、電話、メール、ZOOMなどのお好みのスタイルで対応いたします。

*お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。

 

電話でのお問い合わせ

090-5737-0422     受付時間 平日(月~土)/9:00~18:00

メールでのお問い合わせ(365日24時間)

ご質問やご相談など、各項目を入力のうえ、お問い合わせください。

入力が終わりましたら、「送信」クリックをお願いします!

*は必須項目です。






    必須 ご相談内容ご相談お見積もりお問い合わせその他
    必須 お名前
    必須 メールアドレス
    任意会社名
    必須郵便番号
    必須都道府県
    必須ご住所
    必須お電話番号
    必須メッセージ本文 

    橋梁点検ドローンを効率的にできる手順

    全国にある約70万もの橋梁の4割以上は、10年後に建設後50年経過する老朽化橋になるとみられています。

    Drone 3D surveyingでは、これまで100橋以上の近接撮影を行ってきました。

    約70万の橋梁点検費用の削減や人員不足などの問題解決には、ドローン橋梁点検を効率的に進めることが重要です。

    スポンサーリンク

    3次元データ(オルソ画像・点群データなど)へ変換することによって、生産性の向上、人手不足の解消、コスト削減に役立ちます。以下はDrone 3D surveyinで行うドローン測量の流れです。

     

    <これまでご相談いただいた主な内容>

    • これからドローンを導入したいけど機材の選定はどうしたらいい?
    • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのかやり方が分からない
    • 業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
    • ドローンパイロット育成が難しい
    • 難しいドローン操縦に自信がないのでスキルUPをしたい
    • 3次元データの精度が悪いから精度を上げたい

    <Drone 3D surveying  お問い合わせ>:無料相談受付中