ドローン活用が期待できるプラント保守業務効率化に向けて

日本にある多くのプラント設備では

高度経済成長期に発展した設備が多く老朽化が進んでいます。

 

これらのプラント設備を安全に稼働させるためには

どの設備も効率のよい予防保全が必要となります。

 

しかしプラント設備の老朽化に加え

保守管理者の高齢化や若手の経験不足が問題となっているのが現状です。

 

経済産業省はこういった問題を解決するために

ドローンを活用した運用指針である

「プラントにおけるドローンの安全な運用方法に関するガイドライン」は20193月に公表されています。

 

今後プラント運用指針ではさらなる生産性の向上を期待して

屋内での点検もドローンで活用が広げられるように、20203月に改訂されることになりました。

 

今回の記事は

プラントの保守管理に取り組むための

「プラントにおけるドローンの安全な運用方法に関するガイドライン」についてご紹介します。

 

 

 

 

プラント保安分野の問題解決に向けたドローン活用促進の背景とは

石油コンビナート等の石油・化学プラントにおいては、生産性の向上や安全・安定的な操業の維持が求められる中、プラント設備の高経年化やベテラン従業員の引退などによる保安力の低下が大きな課題となっています。
こうした課題を解決するため、IoT技術やAI、ビックデータ、ドローンといった先進技術を活用し、プラントの安全性・生産性の向上、さらには保安業務の合理化を図ることが重要です。
この中でも、プラントにおけるドローンの活用は、高所点検の容易化、点検頻度の向上による事故の未然防止、災害時の迅速な現場確認等が可能となり、プラントの保安力の向上に繋がると期待されている一方で、点検精度と安全性を両立する観点からは、防爆エリアへの進入及び設備への落下等を防ぎ、安全な利活用方法を普及させることが重要です。

経済産業省 ガイドラインとりまとめの背景より引用

HITHUJI
プラント設備の複雑化や危険設備を保守管理するためのドローン活用では、安全に普及させることがポイントですね。

プラント設備の老朽化も進み

生産性の向上や安全・安定的な操業の維持には適切な保守管理必要です。

 

プラントの適切な保守を維持するための

保守管理者の高齢化や若手従業員の経験不足が問題となっていることにより

保守力の低下が重要視され、ドローン活用が促進されています。

 

 

 

HITHUJI
煙突のような高所へ容易に行くことができるのは、やっぱりドローンよね。
スポンサーリンク

プラントにおけるドローンの安全な運用方法に関するガイドライン

(参照:プラント保安分野におけるドローンの活用に向けた取り組み)

 

現在のプラントにおけるドローンの安全な運用方法に関するガイドラインでは

経産省は総務省消防庁、厚生労働省と連携して策定されているものです。

 

ガイドラインにおいては

ドローン活用時のプラントの状態ごとの

リスクアセスメントやリスク対策の留意事項が整理されています。

 

ドローンの活用により保守力の向上が期待されていますが

プラント設備の防爆エリアへの進入や設備への落下事故を防ぐため

安全を重視したドローン利活用を普及させることが重要だと考えられています。

 

ガイドラインでは、ドローン活用時の状態を3つに分類し

状態に応じたドローンの運用方法が整理されていますので、確認しておきましょう。

 

 

1. 通常運転時

プラント内において、通常の生産活動が実施されている状態をいう

① 通常運転時(リスクアセスメント)

 

② 通常運転時(リスク対策)

 

2. 設備開放時

プラント内において、開放状態によりメンテナンスが行われている設備や、遊休設備等において、爆発性雰囲気を生成する可能性がなく、または、生成しないため、火気の使用制限がない状態をいう。

 

3. 災害時

プラント内において火災等の事故が発生した場合、または、地震・津波・水災害・周辺地域の災害等の影響によりプラント内に火災等が発生するおそれのある状態をいう。
「イモトのWiFi」は各国の現地通信会社と直接アクセスすることで、現地の人と変わらない通信品質を非常に安価な価格体系で提供することができます。
WiFiルーター本体の機器レンタル料は無料、定額のデータ通信料金のみでご利用いただけます。

まとめ

現在の「プラントにおけるドローンの安全な運用方法に関するガイドライン」でのドローンを飛行させるエリアは

プラント事業者の管理下である私有地の屋外を対象としていました。

 

今後の改訂の予定では

煙突などの屋内などを運用するためのルールも新たに盛り込まれるため

ドローンの特徴を活かす範囲も広げられ取り組みの拡大も期待されています。

 

しかしプラントの屋内には、たくさん大型設備や配管が隙間なく設置されている環境下でもあります。

 

ドローンと設備との安全な離隔を確保しながらの操縦スキルも求められますね。

 

Sonちゃん
周りが鉄筋の構造物しかないので、ドローン機体のコンパスエラーもよく出ます。

 

ドローン機体の進歩では

GPS受信が無くても屋内飛行ができるドローンの開発や

撮影する屋内に、RTKシステムを設置してドローンを制御し飛行させる方法や

ドローンに様々な画像認識センサーや赤外線センサーなどを搭載し、飛行させる機体の開発も行われています。

 

 

HITHUJI
屋内用ドローン機体の進化に、注目と期待をしておきたいですね。

関連記事

 

 

 

 

橋梁点検を効率的にできるような手順をまとめた記事

 

DJI社製ドローン本体の商品紹介

 

 

HITHUJI
Inspire2 は、30fpsや4K 60fpsに対応するし、カメラ交換もできるし、空撮に特化したすごいドローンです!

動画撮影に特化した上位機種 Inspire2 

Inspire2

 < Inspie 2の特徴 >                        

最新のCineCore 2.1の画像処理システムを搭載しており、送信機を2台準備すると、パイロットとカメラマンが操作系統を分離することが出来ます。            

  • 重量3290g (2個のバッテリーを含む、ジンバルとカメラは含まず
  • 最大離陸重量4000 g
  • 最大フライト時間:約27分 (Zenmuse X4Sを取り付けているとき)
  • 最大速度:94km/h

 

 

撮影用プロ機 Matrice 600 Pro 

Matrice 600 Proは最大ペイロード6kgで、Ronin-MXジンバル、DJI Focus、マイクロフォーサーズシステムからRED EPICまでの幅広いカメラに対応します。

 

 

ドローン測量を効率的に行うためにまとめた記事

 

測量用ドローンPhantom 4 RTK

< Phantom 4 RTK特徴 >

計画モードでは、オーバーラップ率/高度/飛行速度/カメラパラメーターなどを調整しながらドローンの飛行経路を選択し、自動マッピングまたは調査ワークフローを提供します。

  • 機体重量1391g
  • カメラセンサー:1インチCMOS
  • カメラ有効画素数:20MP
  • 最大飛行時間:30分

 

 

「イモトのWiFi」は各国の現地通信会社と直接アクセスすることで、現地の人と変わらない通信品質を非常に安価な価格体系で提供することができます。
WiFiルーター本体の機器レンタル料は無料、定額のデータ通信料金のみでご利用いただけます。

 



ロリポップ!なら大人気のWordpressも簡単インストール!
あなたもWordPressでブログデビューしちゃおう!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!