国土交通省!飛行前に情報共有サービス(FISS)への登録化へ
スポンサーリンク

 

 

国土交通省は

ドローンの安全確保に向けて

飛行許可を行ったすべてのドローンについて飛行前登録を義務付けました。

2019724日より)

 

平成27年より

相次ぐドローンの事故やニアミスに対する安全防止策として開始したもので

飛行申請許可を受けたドローン機体は事前の飛行計画登録が必要です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

飛行許可申請とは

ドローンを飛行させる空域には

航空法の規制により飛行許可が必要になるケースがあります。

 

以下の空域では、国土交通省へ飛行の許可申請が必要です。

 

 

以下の飛行禁止方法で飛行する場合も飛行許可が必要です。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

飛行情報共有システム(ドローン情報基盤システム)FISSとは

飛行情報共有システムとは

ドローンの活用が拡大するためには安全を確保とした国土交通省のオンラインサービスです。

 

簡単に言うと、、、

⭐ドローン操縦士は飛行許可申請承認後、飛行計画(飛行日時・飛行経路、飛行高度)などを事前にオンラインサービスで登録しなければいけないということです。

事前登録することによって国は飛行情報を把握することができ

また誰もが同じようにオンライン上で飛行情報を共有できるシステムになります。

 

国土交通省サイト「飛行情報共有システム」では

地図上で飛行予定場所のドローンが飛行機マークで表示され

飛行機マークをクリックすると

飛行予定ドローンの飛行日時や高度などが閲覧できるようになっています。

 

 

 

スポンサーリンク

飛行情報共有システム(FISS)登録画面

「飛行情報共有システム」(ドローン情報基盤システム(飛行情報共有機能)

アカウントと作って登録しておきましょう!

 

HITHUJI
飛行申請方法には個別申請と包括申請がありますが、今後どちらの申請の方法でも事前登録が必要になりますね。

 

 

サービス概要(PDF)

国土交通省(別紙)飛行情報の共有サービスがはじまります

 

 

老後に2,000万円は必要!! 

とした報告書を金融庁が出した事は記憶に新しく、老後の資金計画に関心を持つ人がとても増えてきています。個人でも年金を貯蓄していきましょう!!

【資料請求はこちら】個人年金保険ポータルサイト

まとめ

 

飛行情報共有システムでは、全国で登録しているドローン飛行情報が確認することができます。

 

全ドローンの飛行計画をサイトの情報を確認して

近隣付近でのドローン同士のニアミスや衝突事故などのリスク軽減につなげられそうです。

 

Sonちゃん
飛行情報共有システムの導入で、これまでより安全が向上することに期待してます。

 

 

趣味でドローンを楽しみたい人

これからドローン始めたいなと思う人たちも

安全を理解して手順を守りドローンを楽しんでほしいですね。

 

通常の飛行申請の手続きは面倒だと思う方や

今回のシステム導入で手間が増えることでまた面倒だと思ってしまい

ドローンから離れる人が増えなければいいなと思っています。

 

さらなる安全の確保によってドローンの有効的活用ができ

社会がどんどん便利になるということがことが願いです。

 

 

関連記事

 

 

ドローンの基礎知識をもっと深めたい!

 

 

ドローンを飛行させるために理解する規則や法律

 

ドローン操縦の初心者向け練習方法

     

     

    目的別におすすめするドローンやアクセサリーの記事一覧

    HITHUJI
    趣味でドローンを楽しまれたい方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

     

    Sonちゃん
    FPVドローンに興味がある方はこちらの記事です。

     

    HITHUJI
    ドローンのアクセサリーやパーツのご紹介をしています。

     

    Sonちゃん
    ドローンビジネスに活用できる産業用ドローンの記事です。

     

     

    カメラの基礎知識を知りたい方の参考記事

     

     

     

     


     

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!

    スポンサーリンク
    ドローン撮影やレッスンに関するお問い合わせ

    御社のドローン事業にこんな課題はありませんか?

    • ドローンを導入して、新規の事業展開を検討している
    • ドローンを導入して、既存事業のコスト削減を検討している
    • ドローンを導入しているが、なかなか効率化につながらない
    • 社員をドローンスクールに通わせたけど、ドローンの活用が進んでいない
    • ドローン操縦のスキルをもっとあげたい
    • その他、ドローン導入に関連する事など

    ドローン業界はとても注目されていますが、ドローン事業はまだまだ完全普及まで到達していないことが現状です。

    ドローン空撮サービスやサポートについてのご質問やご相談などがありましたら、ご気軽にお問い合わせください。フォームより24時間受付ています。

     

    SANKI PLANでは、ドローン利活用の発展へ積極的に取り組んでいます!!

    関連記事

     

    フォームより24時間受付ています。

    この記事が気に入ったらフォローお願いします

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう