ドローン橋梁点検手順 ❷【点検前現場確認】

日本全国に約70万ある橋梁は、10年後には橋梁の4割以上は50年経過する老朽化橋になります。

橋梁の長寿命化と安全の期待の確保を目的とした橋梁点検が義務化されています。

従来の点検方法には、点検作業を行う時間や人件費などのコスト面が高額な費用となることが大きな問題となっていたため、ドローンによる特徴を活かした橋梁点検が期待されています。

ドローンにより橋梁点検を行うためには、事前に実際の橋梁のサイズや特徴を確認し飛行計画を立てることがとても重要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドローン橋梁点検の手順

ドローンによる橋梁点検の全体の手順です。

  1. 発注者と撮影箇所の打合せ
  2. 現地の橋梁を事前確認し、飛行計画の立案
  3. 橋梁点検に必要となる飛行申請許可等の取得
  4. 橋梁点検の撮影当日 (風の影響・近接撮影テクニック・撮影スケジュール計画・橋梁点検のポイント)
  5. 撮影データの確認と検証及び、データ整理

で完了になります。

 

スポンサーリンク

橋梁点検を行う前の事前確認事項

橋梁点検を行う前の事前確認として重要なことは現地に行く!

歩きながら橋梁全体を自分の目で確認する事です。

橋梁について

  • 橋梁台帳を参考に、橋長・歩道・道路幅などの確認
  • 前回の点検時に損傷個所があれば、目視で位置を必ず確認

橋梁周辺の環境について

  • 橋梁の周りに電波塔や、高い樹木の有無
  • 野鳥の巣がありそうな樹木地帯の有無
  • 一般車両の往来量
  • 小・中学校の通学路の確認
  • 川の満潮、干潮の状況確認。また、撮影予定日の満潮時刻と干潮時刻をその場でスマホで確認
  • 橋梁のたもとに、民家がある場合は挨拶をしておきましょう

参考記事ドローンは野鳥から攻撃される?トンビなどの攻撃は墜落に要注意!

 

ドローン飛行に関すること

  • 4か所の離発着地点を決定 (右岸側の上流側&下流側 + 左岸側の上流側&下流側)
  • 風の向きや風力の計測
  • 太陽の位置、日影の位置を確認
  • 頭の中で、撮影イメージを繰り返し

出来るだけ時間をかけてゆっくりと事前確認をしましょう。

飛行イメージや飛行環境は重要ですので、余裕をもって事前確認することがおすすめです。

 

参考記事ドローン橋梁点検!現場確認ポイントを徹底解説します!

 

スポンサーリンク

橋梁点検のドローン飛行計画について

ドローンパイロットが、橋梁全体のサイズや特徴を把握することが重要です!

橋梁全長の撮影計画

ドローンによる橋梁撮影は、橋梁の中央より両側に分ける(計4か所)撮影計画が効率的です。
*橋梁の全体の長さが100mのケースとするならば、右岸と左岸のどちらからでも順序はありません)

ドローン操縦はそれぞれの両岸で行うことをおすすめしています。

右岸(上流側・下流側)

右岸で操縦する位置を確認し、以下の手順でドローン撮影を実施します。

  1. ドローンを河川側(右岸)から橋梁の中心位置(50m)まで移動させます。
  2. そのままドローンを橋梁側面に近づけ、撮影位置(撮影アングル)を決めます。
  3. 撮影位置からドローンをゆっくりと横に移動しながら右岸に向け撮影していきます。

 

左岸(上流側・下流側)

反対岸へ移動し、左岸側も同じようにドローン撮影を実施します。

  1. ドローンを河川側(左岸)から橋梁の中心位置(50m)まで移動させます。
  2. そのままドローンを橋梁側面に近づけ、撮影位置(撮影アングル)を決めます。
  3. 撮影位置からドローンをゆっくりと横に移動しながら左岸に向け撮影していきます。

 

橋梁全体の撮影計画

橋梁全景での写真は、基本的に6か所から撮影する計画を行います。

上流側からの全景撮影

  • 右岸側
  • 橋梁中心
  • 左岸側

 

下流側からの全景撮影

  • 右岸側
  • 橋梁中心
  • 左岸側

 

実際の橋梁全景の画像ですので参考にしてください。

 

実際に橋梁点検を行う前の事前確認を行うことによって、橋梁点検当日ではスムーズにかつ効率的に行えるようになります。

この他にも突発的な問題、天候や環境による飛行問題などもあります。

まずはドローンによる橋梁点検のイメージをしっかりと確認していただけたらと思います。

 

 

     ご 気 軽 に お 問 い 合 わ せ く だ さ い     

ドローン全般、3次元データ作成、ドローン操縦代行およびパイロット育成に関することなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • これからドローンを導入したい業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
  • ドローン測量を始めるために何からすればいい?
  • ドローン操縦できるスタッフをガッツリ育成したい!
  • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのか

などお客様の相談内容に合わせて、現場での直接のサポート、電話、メール、ZOOMなどのお好みのスタイルで対応いたします。

*お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。

 

電話でのお問い合わせ

090-5737-0422     受付時間 平日(月~土)/9:00~18:00

メールでのお問い合わせ(365日24時間)

ご質問やご相談など、各項目を入力のうえ、お問い合わせください。

入力が終わりましたら、「送信」クリックをお願いします!

*は必須項目です。






    必須 ご相談内容ご相談お見積もりお問い合わせその他
    必須 お名前
    必須 メールアドレス
    任意会社名
    必須郵便番号
    必須都道府県
    必須ご住所
    必須お電話番号
    必須メッセージ本文 

     

     

    橋梁点検ドローンを効率的にできる手順

    全国にある約70万もの橋梁の4割以上は、10年後に建設後50年経過する老朽化橋になるとみられています。

    Drone 3D surveyingでは、これまで100橋以上の近接撮影を行ってきました。

    約70万の橋梁点検費用の削減や人員不足などの問題解決には、ドローン橋梁点検を効率的に進めることが重要です。

     

    スポンサーリンク

    3次元データ(オルソ画像・点群データなど)へ変換することによって、生産性の向上、人手不足の解消、コスト削減に役立ちます。以下はDrone 3D surveyinで行うドローン測量の流れです。

     

    <これまでご相談いただいた主な内容>

    • これからドローンを導入したいけど機材の選定はどうしたらいい?
    • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのかやり方が分からない
    • 業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
    • ドローンパイロット育成が難しい
    • 難しいドローン操縦に自信がないのでスキルUPをしたい
    • 3次元データの精度が悪いから精度を上げたい

    <Drone 3D surveying  お問い合わせ>:無料相談受付中