航空法を守ったドローンの飛行練習場所はどこですか?
スポンサーリンク

ドローンを安全に飛行させるためには、航空法の理解と飛行のマナーが大切です。

 

200g以上のドローンでは航空法の対象となり

飛行練習場所を探すのも大変です!

 

では、ドローンはどこで飛ばしたらいいのでしょうか?

 

今回は、航空法と飛行のルールを守ったドローンを飛ばせる練習場所についてみてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

航空法の禁止空域

以下は、航空法でドローンが飛行できない空域になります。

  • 空港などの周辺の空域
  • 地表または水面から150m以上の高さの空域
  • 人口集中地域の上空

 

⇒人口集中空域(DID)の確認はこちらです

スポンサーリンク

すべての空域にある飛行ルール

以下は、ドローン飛行の時に守らなければならない飛行のルールです。

  • 日中の時間帯で行う(夜間飛行禁止)
  • 目視できる範囲内で飛行する(目視外飛行禁止)
  • 人(第三者)または物(第三者の建物や車など)との距離は30m以上あける
  • 祭礼・縁日(イベントなど)などのドローン撮影禁止
  • ドローンでの輸送や投下は禁止

 

 

 

スポンサーリンク

ドローンの飛行許可が必要ではない空域

航空法と飛行のルールにより

ドローンの飛行許可が必要ではない空域をまとめてみました。

 

  • 地上、水面から150m未満の空域
  • 人口が集中していない空域
  • ドローンを飛行させるために許可が必要ではない空域
  • 日中の時間帯
  • 人や物から30m以上の距離を保った空域
  • ドローン操縦者がドローン機体を目視で監視できる環境空域

 

航空法と飛行ルールを守った ドローンを飛ばせる練習場所はどこ?

ドローン飛行を練習する適切な場所について

航空法や飛行ルールを守っての

ドローンの飛行練習をする場所を探すのは とても大変ですよね。

 

全国各地には まだ施設数は少ないけど

ドローンスクールやドローン練習場も設置されています。

 

有料にはなりますが許可申請などの申請も必要もありませんので

初心者もスキルアップを目指している人も

練習を重ねるにはいい場所だと思います。

 

ドローン練習場では、ドローンフライト申請に必要な 10時間以上の経験にも使えます!

 

また、ドローン初心者の頃の飛行練習は、 部屋の中でするのが一番のおすすめです。

ドローンの始め方

3,000円くらいのホビードローンを購入して

落ちても大丈夫なように お布団の上とかで練習するといいと思います。

 

Sonちゃん
ドローンが落ちても布団があるし 部屋の中だと まわりにも気をつかわなくていいからね。

 

ホビードローンで 操縦感覚がつかめるようになったら

本格的に野外練習場に行ってみてください。

 

手動操縦練習におすすめホビードローン達です!

Holy Stone HS210

室内で練習するには、ちょうどいいサイズのドローンです。

最初の最初は室内でたくさん練習するのが上達のコツ!!

< 特徴 >

  • 機体重量 20g
  • 飛行時間 5分~6分
  • カメラ なし
  • 操作モード モード1・2の変更が可能

 

Holy Stone HS210 ミニドローン バッテリー3個付き

 

 

Holy Stone HS160

アームを折りたたむことができるため、とてもコンパクトサイズで持ち運びに便利です。

Holy Stone HS160は、ホビードローンの中でよく買われてます!!

< 特徴 >

  • 機体重量 83.5g
  • 飛行時間 5分~6分
  • カメラ 720Pカメラ付き空撮可能
  • 操作モード モード1・2の変更が可能
  • FPV飛行が可能

 

Holy Stone HS160ドローン 折り畳み式

 

 

Holy Stone HS170

墜落しても壊れにくい丈夫なドローンです。

高度なセンサーが付いていないため、手動操縦トレーニング用としてもおすすめです。

< 特徴 >

  • 機体重量 42g
  • 飛行時間 5分
  • カメラ なし
  • 操作モード モード1・2の変更が可能

 

Holy Stone HS170 ミニドローン

 

HITHUJI
あとは 操縦シュミレーションがあるって聞いたけど?

 

Sonちゃん

そうそう

あとひとつの練習方法は パソコンのドローン操縦シュミレーションでの練習かな。

とりあえず スティックの感覚はつかめるから試してみて!

おススメシュミレーターは リアルフライト7です!

 

近くでドローンを安全に飛ばせる場所も探してみましょう。

ドローン飛行がすぐに確認できるサイトを利用しましょう。

 

関連記事

Sonちゃん
基本練習は何回も繰り返しましょう!

DRONEニュース(飲酒時のドローン操縦禁止)

*DRONEニュース(2019年3月8日)

政府は航空法改正案の飲酒時のドローン操縦禁止を閣議決定しました!

飲酒状態でドローン操縦するのは危険行為とし、飲酒状態でドローンを飛ばした場合、1年以下の懲役か30万円以下の罰金を科せられます。

まとめ

ドローン操縦のスキルアップの鍵は

航空法や飛行ルールの理解と飛行練習を重ねることですね。

 

初心者の方は、ホビードローンを使って飛行練習を始めてみましょう。

 

特に初心者がドローン操縦の練習を行う場合はリスクが大きくなりますので

自分のスキルにあった練習場所を選択することも大切です。

 

そして飲酒状態でのドローン操縦は危険ですので、絶対にしないでくださいね。

ドローンの基礎知識をもっと深めたい!

 

ドローン操縦の初心者向け練習方法

     

     

     

    Mavic Mini

    < Mavic Mini 特徴 >

    • 超軽量199g
    • 最大18分の飛行時間
    • 最大2 kmのHD動画伝送
    • GPSとビジョンセンサーによる正確なホバリング
    • 3軸ジンバル搭載 2.7Kカメラ
    • 簡単撮影&編集

    最新ドローン完全攻略9(2019/12/11)

     

     

     

    目的別におすすめするドローンやアクセサリーの記事一覧

    HITHUJI
    趣味でドローンを楽しまれたい方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

     

    Sonちゃん
    FPVドローンに興味がある方はこちらの記事です。

     

    HITHUJI
    ドローンのアクセサリーやパーツのご紹介をしています。

     

    Sonちゃん
    ドローンビジネスに活用できる産業用ドローンの記事です。

     

     

    カメラの基礎知識を知りたい方の参考記事

     

     

     

     

     

     



    ロリポップ!なら大人気のWordpressも簡単インストール!
    あなたもWordPressでブログデビューしちゃおう!!

     

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!

    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったらフォローお願いします

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう