【スマート農業】”スマート農業”って何?

近年のドローンビジネスは、農業の分野でも多く見かけるようになりました。

 

最近では新聞やニュースなどでよく耳にする“スマート農業”ですが

いったい何のことなんでしょうか?

 

今回は、ドローンビジネスと“スマート農業”についてみてみようと思います。

 

 

農林水産業が目指すスマート農業とは

 

近年、ICTの技術は進歩を続け、私たちの身近のいろいろな分野に取り入れられていますよね。

 

農業の分野も例外ではなく、ICTやロボット技術を活用する「スマート農業」が提案されています。

 

農林水産省は「スマート農業」の実現に向けた研究会を設置し

平成263月に公表した定義を「ロボット技術やICT等の先端技術を活用し

超省力化や高品質生産等を可能にする新たな農業」としています。

 

 

スマート農業とは、ロボットやICT技術を活用し

多くの人手を使わずに効率よく

高品質な農作物を作ろうと推進している農業を目指すことです。

 

 

 

 

ドローンビジネス ”スマート農業”のメリットとは

GPS自動走行による大規模生産の実現

GPS利用しトラクターを自動走行させる夜や悪天候の日でも

人手がいらずに長時間自動で作業することができる。

 

結果、生産性の向上の期待や

複数のトラクターを自動で協調させ大規模な農業展開も可能とできる。

 

農作物の能力を最大限に発揮する

気温・土壌センサー・NDVIカメラなどのあらゆるセンサーを利用し

農作物の成長の条件などの精密なデータを取得することによって

適切な栽培情報や圃場(ほじょう)管理を行うことが可能となる。

 

結果、精密農業から得られる情報から最大限の収穫量や品質管理ができる。

 

またデータ結果から得られる情報から

広大な田畑に必要な水や肥料の量、そして農薬の使用量なども削減され

生育状態を把握しながら効率的な育成ができる。

 

 

重労働や危険な作業からの解放

さまざまな作業を自動化することにより

収穫や除草作業などの重労働や危険な作業の軽減が得られる。

 

また、現状高齢化している既存農家への肉体的負担の軽減を図ることができる

 

新規就農者の確保

誰もが取り組みやすい農業を目指すために

栽培技術のノウハウなどをデータ化することにより若者などの新規参入など働きやすい環境を目指す。

 

消費者や実需者への安心と安全の提供

クラウドシステムなどの導入により

消費者や実需者への農作物の生産情報や商品の詳細を伝えることにより

安心と安全を提供できること

 

スポンサーリンク

スマート農業の背景

日本での少子高齢化が問題となっているのはご存知だと思います。

 

農業の分野でも、新規就農者や既存農家の高齢化などにより労働力不足は深刻な問題です。

 

こういった背景には、農業への重労働というイメージや

栽培技術のノウハウの共有や伝承の不足が原因とされてきました。

 

 

スマート農業へ期待されるドローンビジネスとは

 

農薬の散布

ドローンに農薬の積載を行い、空中より農薬を散布します。

ドローンで農薬を散布できることで、作業の効率化およびコスト削減の効果が期待できます。

 

従来では、重い農薬のタンクを抱えた手作業を行っていたことが

ドローンによって至近距離散布することもでき短時間で完了することが可能となります。

 

精密農業

情報通信技術のデータ化を導入することで

これまでの農家の経験と勘を重視してきた農作物の管理より

ひとつひとつの農作物を最適に管理することが可能です。

 

ドローンは、こうした情報通信技術のデータ化を目指す管理(収穫量や品質の向上を目指す管理)を行える最適な方法です。

 

ドローンで搭載するマルチスペクトルカメラでは、近赤外線などの光波が所得可能です。

 

自動航行させたドローンによる情報を指数化し分析することで

育成状況や病気・害虫などの兆候まで細かく管理できるようになります。

 

 

害獣対策

ドローン搭載できるサーマルカメラでは

赤外線を検出することが可能で

農作物に害を与える野生動物を監視したりすることができます。

 

スマート農業導入への課題

 

今後のスマート農業が普及する課題としては

農機の完全自動走行を目指す技術開発や、導入コストなどの価格面など多くの課題があります。

 

またスマート農業を標準化する際の開発コストや人件費

そしてスマート導入から利益が増えるかなども検討するポイントです。

 

 

まとめ

スマート農業へのドローン利活用は、年々増えていくと思います。

 

人手不足の解消、生産性向上、品質向上などメリットはかなり多いですよね。

 

農業でのドローン普及は

運用技術者、データ管理者などの育成を確実に進めていければいいのですが

現状では費用対効果のバランスがまだ取れにくいようなイメージもあります。

 

ドローンも含め運用機材や解析ソフトなどの導入コストが

リーズナブルになることを願いたいです。

 

今後、当たり前にドローンが田畑で仕事していたら素晴らしいです!

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

 

 

スマート農業のすすめ~次世代農業人【スマートファーマー】の心得~

 

 

スマート農業バイブル Part II~『データドリブン』で日本の農業を魅力あるものに 

 

 

 

ドローンを飛行させるために理解する規則や法律

 

 

 

ドローン操縦の初心者向け練習方法

     

     

     

     

    Mavic 2 Pro

    本格的な空撮におススメのMavic 2 Proは、 L1D-20cカメラ搭載でプロ仕様の空撮が可能です。
    また各側面に障害物センサーも付き、安全に安定した飛行ができるため、初心者から上級者まで楽しむことができます。

    < Mavic 2 Pro特徴 >

     Hasselblad L1D-20cカメラを搭載

    • 機体重量907g
    • カメラセンサー:1インチCMOS
    • カメラ有効画素数:20MP
    • 最大飛行時間:31分 (25 km/hの一定速度で飛行時)
    • 最大飛行距離 :18 km (50 km/hの一定速度で飛行時)
    • 検知システム:全方向障害物検知

    関連記事

     

     

     

    早くドローンパイロットになるために操縦スキルを習得しよう!

     

     

    目的別におすすめするドローンやアクセサリーの記事一覧

    HITHUJI
    趣味でドローンを楽しまれたい方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

     

    Sonちゃん
    FPVドローンに興味がある方はこちらの記事です。

     

    HITHUJI
    ドローンのアクセサリーやパーツのご紹介をしています。

     

    Sonちゃん
    ドローンビジネスに活用できる産業用ドローンの記事です。

     

     

     

    「イモトのWiFi」は各国の現地通信会社と直接アクセスすることで、現地の人と変わらない通信品質を非常に安価な価格体系で提供することができます。
    WiFiルーター本体の機器レンタル料は無料、定額のデータ通信料金のみでご利用いただけます。

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!