【ドローン初心者】リポバッテリーの管理どうしてますか?
スポンサーリンク

ドローンで使用されているリポバッテリーは

高出力で軽量というメリットがありますが

デメリットとしては、取り扱いに注意しないと危険ということです。

 

きちんと管理しなければ危険なリポバッテリーです。

 

今回は、業務用としてドローン撮影を行うときは

いくつものリポバッテリーを管理しなければなりませんよね。

 

また、夏と冬のリポバッテリーの管理方法にもコツがあります。

 

今回は安全に効率よく業務が行えるように、リポバッテリーの運用方法のご紹介になります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

ドローンビジネス

Sonちゃん
ドローンビジネスは、こんなにどんどん期待され増えています!

 

  1. 空撮映像の利用(ホームページなどのプロモーションビデオやイベントや観光地のPR)
  2. スマート農業に関連するドローン活用
  3. 建築・工事現場などの広域調査
  4. ドローンを活用した測量と3Dデータ作成
  5. 橋梁やトンネルなどのインフラ点検
  6. 配送業界によるドローン宅配
  7. 高所点検やソーラーパネルのメンテナンス
  8. 救助活動
  9. 不動産広域の調査
  10. 生体系観察

 

HITHUJI
業務中は、たくさんのリポバッテリーを管理しなければいけませんよね。
スポンサーリンク

業務でのリポバッテリー管理方法を紹介します!

今後期待されているドローンビジネスです。

 

ドローンを業務で飛行させる場合には

安全面ややコストを考慮したバッテリーの使用方法や保管方法も大切ですよね。

 

今回は、安全面やコストを移動時のSANKI PLANの管理方法をご紹介します。

 

 

業務として必要な予備リポバッテリーの数量は?

Sonちゃん
業務ではガッツリ飛ばすので、バッテリーの予備は多い方が安心です。
  • 1機のドローンに予備バッテリーを6本~10本ほど準備しています。
  • ドローン機体も、予備機として同じ機種を2機準備しています。

 

 

 

 

リポバッテリーの管理方法

  • リポバッテリーは満充電にて使用開始し、その日に使用したものは再度使わないようにする
  • 移動時にはリポバッテリーの温度変化に注意する。
  • 夏季は熱くならないようにし、冬期は温度が下がらないように車のヒーターで温めたりしたりする。
  • 移動時はハードケースに入れ、衝撃から守る。

 

HITHUJI
リポバッテリーは、普段の取り扱い方法も重要ですね。

リポバッテリーが発火!

4年程前に、大きいサイズの新品リポバッテリー(22000mAh)を充電中になんと「火」が出て燃えました!

その時、納品に来ていただいていた業者さんも超びっくりされていました。

 

後日火が出たリポバッテリーと充電器は、新品のリポバッテリーと交換していただきました。

いまだに発火原因は分かりません。

 

充電作業中も火災が起こる可能性や、最悪は飛行中のトラブルになりかねないことも経験しました。

 

DJIドローンの最近のリポバッテリーでは、バッテリーの中にマイコン機能もあり、温度や電圧等の計測機能もあります。

だからといって油断は禁物ということですね。

 

  • 基本は、リポバッテリー充電中は監視すること!
  • 移動時の振動・衝撃等からバッテリーを守ること!
  • 保管場所の温度管理が大切!(窓の横で、夏の直射日光が当たっている場所などにバッテリーを置かない様にするなど)

 

 

リポバッテリーの特徴を理解しておきましょう。

業務では想定外の不具合や墜落もありえます。
予備機&予備バッテリーがあると操縦者のメンタルにも余裕が出ます。
関連記事

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

業務に使用する際のリポバッテリーの運用例や発火経験をご紹介しました。

 

ドローンを業務とするには

予備リポバッテリーの管理や予備機の知識や準備はとても大切になります。

 

今後、ドローンでの利活用のスピードは

ますます加速することも予想されまので、基本的知識に理解が必要となっています。

 

今後の業務へ参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

 

ドローン操縦の初心者向け練習方法

     

     

    ドローン測量は業務効率化ができます!

     

    Sonちゃん
    測量、土木、建築、都市計画等に利用する際の基礎となる、平面図や3Dモデリングの方法をわかりやすく解説しています。

    最新ドローン画像解析入門

     

    測量用ドローンPhantom 4 RTK 

    < Phantom 4 RTK特徴 >

    計画モードでは、オーバーラップ率/高度/飛行速度/カメラパラメーターなどを調整しながらドローンの飛行経路を選択し、自動マッピングまたは調査ワークフローを提供します。

    • 機体重量1391g
    • カメラセンサー:1インチCMOS
    • カメラ有効画素数:20MP
    • 最大飛行時間:30分

     

     

     

     

    Mavic Mini

    < Mavic Mini 特徴 >

    • 超軽量199g
    • 最大18分の飛行時間
    • 最大2 kmのHD動画伝送
    • GPSとビジョンセンサーによる正確なホバリング
    • 3軸ジンバル搭載 2.7Kカメラ
    • 簡単撮影&編集

    最新ドローン完全攻略9(2019/12/11)

     

     

    Mavic 2 Pro

    本格的な空撮におススメのMavic 2 Proは、 L1D-20cカメラ搭載でプロ仕様の空撮が可能です。
    また各側面に障害物センサーも付き、安全に安定した飛行ができるため、初心者から上級者まで楽しむことができます。

    < Mavic 2 Pro特徴 >

     Hasselblad L1D-20cカメラを搭載

    • 機体重量907g
    • カメラセンサー:1インチCMOS
    • カメラ有効画素数:20MP
    • 最大飛行時間:31分 (25 km/hの一定速度で飛行時)
    • 最大飛行距離 :18 km (50 km/hの一定速度で飛行時)
    • 検知システム:全方向障害物検知

    関連記事

     

     

    Tello Powered by DJI

    はじめてのドローンにおススメなのは、Telloです!

    < Tello 特徴>

    • 機体重量80g
    • 最大飛行時間13分
    • 自動離陸/自動着陸:1回タップするだけの簡単操作で離着陸が可能
    • ローバッテリー保護機能:バッテリー残量が少なくなると、アラートで警告
    • フェールセーフ保護機能:接続が切断されても、安全に着陸
    • ビジョンポジショニング・システム:正確なホバリングをアシストするスマートテクノロジー

      関連記事

       

       

       

      「イモトのWiFi」は各国の現地通信会社と直接アクセスすることで、現地の人と変わらない通信品質を非常に安価な価格体系で提供することができます。
      WiFiルーター本体の機器レンタル料は無料、定額のデータ通信料金のみでご利用いただけます。

       



      ロリポップ!なら大人気のWordpressも簡単インストール!
      あなたもWordPressでブログデビューしちゃおう!!

       

       

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      最新情報をお届けします

      Twitter でフォローしよう!

      スポンサーリンク

      この記事が気に入ったらフォローお願いします

      最新情報をお届けします

      Twitterでフォローしよう