ドローンのモニターフード使ってますか?

 

 

ドローンをスマホやタブレットで操縦するときに使用する

モニターフードがなくて困っていませんか?

 

このモニターフードですが

ドローンを操縦する方にはぜひ持っておきたいアイテムになっています。

 

今回は、このドローンのモニターフードの選び方のポイントを紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

モニターフードとは?

 

ドローンのモニターフードとは

操縦画面モニターとしてスマホやタブレットを使用しますが

この時モニターへの写り込みや反射などを防ぐために立てている

「ついたて」になります。

 

モニターフードは遮光フードと呼ばれることもあります。

 

日中に野外でドローンを操縦するとき

モニターへ太陽光が反射したり

自分自身が写り込んだりした場合

モニターがとても見づらくなります。

 

すぐに太陽光の反射などが解消できればいいのですが

モニターが見づらくなったことが原因で

ドローンを見失ったり誤操作したりすることだって考えられます。

 

ドローン操作中にモニター画面が見えないのはとても危険です。

 

このようなトラブルを未然に防ぐようにしてくれるのが、モニターフードの役割になっています。

 

Sonちゃん
日差しが強い日は、とにかくモニターが見えづらくなります。

ドローンを見失ったり

思うような映像や写真も撮影しずらくなりとても危険です!

 

貴重なベストタイミングの見逃しや、とても悔しい思いもします。

 

モニターフードを選ぶポイント

モニターフードは、空撮には必需品です。
基本的に天気の良い日に空撮したくなると思うので常備しておいた方が得策ですね。

フードのサイズと形状

それぞれのモニターサイズに合ったものを選ぶのは当然ですね。

 

モニターフ―ドの形状は、箱型の4面遮断タイプと3面遮断タイプがあります。

Sonちゃん
3面タイプの折りたたみ式の方が使いやすいと思います。
4面タイプは遮断率とモニターは見やすいと思いますが
タブレットでのタッチ操作性が悪くなるので
3面タイプをおすすめします。

フードを折りたたんだ時のサイズ

持ち運びに便利なサイズにまで折りたためた方がやはりいいですね。

 

フードの脱着の簡易性

モニターとフードの脱着の仕方も重要です。

モニターフードによっては取り付けが難しいものがする場合があるので

購入時にはチェックされておくことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

モニターフード装着時のポイント

    • 太陽と向かい合ってモニターフードを装着して
    • モニターへフードで影をつくります。
    • モニターフードを装着して操縦したほうが
    • モニターはよく見えます。
    • その他にいろいろな空撮条件を考えて
    • 操縦のポジショニングを決めるようにしましょう。

     

    モニターフード使用例

     

    おすすめのモニターフード

    Mavic Air/Mavic Pro/Spark/Phantomに対応 送信機用モニターフード

    6サイズ選択可能:コンパクトで軽量で収納や携帯に便利です。

    • 4.7インチ(L111)
    • 5.1インチ(L121)
    • 5.5インチ(L128)
    • 6.1インチ(L136)
    • 7.9インチ(L168)
    • 9.7インチ(L200)
    • 10.5インチ(L220)
    スマホ用モニターフード

    タブレット用モニターフード

    老後に2,000万円は必要!! 

    とした報告書を金融庁が出した事は記憶に新しく、老後の資金計画に関心を持つ人がとても増えてきています。個人でも年金を貯蓄していきましょう!!

    【資料請求はこちら】個人年金保険ポータルサイト

    まとめ

    モニターフードを使用することで

    ドローンのモニターを見やすくすることができます。

     

    モニターフードはトラブルを防ぐという重要な役割をもっています。

     

    モニターフードを持っていないという方は

    この機会にぜひ、モニターにあったサイズのフードを購入しておきましょう。

     

     

    ドローンフライトへ出かけるときの準備はできていますか?

     

     

     

     

    ドローン操縦の初心者向け練習方法

       

       

       

      早くドローンパイロットになるために操縦スキルを習得しよう!

       

       

       

      Mavic 2 Pro

      本格的な空撮におススメのMavic 2 Proは、 L1D-20cカメラ搭載でプロ仕様の空撮が可能です。
      また各側面に障害物センサーも付き、安全に安定した飛行ができるため、初心者から上級者まで楽しむことができます。

      < Mavic 2 Pro特徴 >

       Hasselblad L1D-20cカメラを搭載

      • 機体重量907g
      • カメラセンサー:1インチCMOS
      • カメラ有効画素数:20MP
      • 最大飛行時間:31分 (25 km/hの一定速度で飛行時)
      • 最大飛行距離 :18 km (50 km/hの一定速度で飛行時)
      • 検知システム:全方向障害物検知

      関連記事

       

      目的別におすすめするドローンやアクセサリーの記事一覧

      HITHUJI
      趣味でドローンを楽しまれたい方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

       

      Sonちゃん
      FPVドローンに興味がある方はこちらの記事です。

       

      HITHUJI
      ドローンのアクセサリーやパーツのご紹介をしています。

       

      Sonちゃん
      ドローンビジネスに活用できる産業用ドローンの記事です。

       

       

       

       

      高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

      まずはお試しの10日間は無料!

      ヒゲ悩みに一撃【ミラ

       

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      最新情報をお届けします

      Twitter でフォローしよう!