ドローン モニターフード使ってますか?
日中に野外でドローンを操縦するとき、モニターへ太陽光が反射したり自分自身が写り込んだりした場合モニターがとても見づらくなります。
ドローンをスマホやタブレットで操縦するときに使用するモニターフードがなくて困っていませんか?
モニターフードとは、モニターへの写り込みや反射などを防ぐために立てている「ついたて」になります。
すぐに太陽光の反射などが解消できればいいのですが、モニターが見づらくなったことが原因でドローンを見失ったり誤操作したりすることだって考えられます。
ドローン操作中にモニター画面が見えないのはとても危険です。
モニターフードを使用することでドローンのモニターを見やすくすることができます。
モニターフードはトラブルを防ぐという重要な役割をもっています。
モニターフードを持っていないという方は、この機会にぜひ、モニターにあったサイズのフードを購入しておきましょう。
モニターフードですが、ドローンを操縦する方にはぜひ持っておきたいアイテムになっています。
ドローンのモニターフードの選び方のポイントを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

モニターフードとは?

 

ドローンのモニターフードとは、操縦画面モニターとしてスマホやタブレットを使用しますが、この時モニターへの写り込みや反射などを防ぐために立てている「ついたて」になります。
モニターフードは遮光フードと呼ばれることもあります。
日中に野外でドローンを操縦するとき、モニターへ太陽光が反射したり自分自身が写り込んだりした場合モニターがとても見づらくなります。
すぐに太陽光の反射などが解消できればいいのですが、モニターが見づらくなったことが原因でドローンを見失ったり誤操作したりすることだって考えられます。
ドローン操作中にモニター画面が見えないのはとても危険です。
このようなトラブルを未然に防ぐようにしてくれるのが、モニターフードの役割になっています。

日差しが強い日は、とにかくモニターが見えづらくなります。
ドローンを見失ったり、思うような映像や写真も撮影しずらくなりとても危険です!
貴重なベストタイミングの見逃しや、とても悔しい思いもします。

 

スポンサーリンク

モニターフードを選ぶポイント

モニターフードは、空撮には必需品です。
基本的に天気の良い日に空撮したくなると思うので常備しておいた方が得策です。

フードのサイズと形状

それぞれのモニターサイズに合ったものを選ぶのは当然ですね。
モニターフ―ドの形状は、箱型の4面遮断タイプと3面遮断タイプがあります。

3面タイプの折りたたみ式の方が使いやすいと思います。
4面タイプは遮断率とモニターは見やすいと思いますが、タブレットでのタッチ操作性が悪くなるので3面タイプをおすすめします。

フードを折りたたんだ時のサイズ

持ち運びに便利なサイズにまで折りたためた方がやはりいいです。

フードの脱着の簡易性

モニターとフードの脱着の仕方も重要です。
モニターフードによっては取り付けが難しいものがする場合があるので購入時にはチェックされておくことをおすすめします。
スポンサーリンク

モニターフード装着時のポイント

    • 太陽と向かい合ってモニターフードを装着して
    • モニターへフードで影をつくります。
    • モニターフードを装着して操縦したほうが
    • モニターはよく見えます。
    • その他にいろいろな空撮条件を考えて
    • 操縦のポジショニングを決めるようにしましょう。

     

    モニターフード使用例

     

    おすすめのモニターフード

    折畳み式 日よけフード スマホモニター画面サンシェード

    Mini 3 Pro/Mini 2/Mavic Air 2S/Mavic Air 2/Mavic Mini 2/Mavic3対応

    送信機用サンシェード 6サイズ選択可能 折り畳み式 モニターサンフード

    DJI Mavic Air/Mavic Pro/Spark/Phantom/OSMOなど対応

    ドローン用モニターフード iPad Air 2/Air 3/Air 4 iPad 9.7インチ/10.2インチ iPad Pro 9.7インチ/10.5インチ/11インチ

     

    モニターフードを使用することでドローンのモニターを見やすくすることができます。
    モニターフードはトラブルを防ぐという重要な役割をもっています。
    モニターフードを持っていないという方は、この機会にぜひ、モニターにあったサイズのフードを購入しておきましょう。

     

     

     

         ご 気 軽 に お 問 い 合 わ せ く だ さ い     

    ドローン全般、3次元データ作成、ドローン操縦代行およびパイロット育成に関することなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

    • これからドローンを導入したい業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
    • ドローン測量を始めるために何からすればいい?
    • ドローン操縦できるスタッフをガッツリ育成したい!
    • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのか

    などお客様の相談内容に合わせて、現場での直接のサポート、電話、メール、ZOOMなどのお好みのスタイルで対応いたします。

    *お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。

     

    電話でのお問い合わせ

    090-5737-0422     受付時間 平日(月~土)/9:00~18:00

    メールでのお問い合わせ(365日24時間)

    ご質問やご相談など、各項目を入力のうえ、お問い合わせください。

    入力が終わりましたら、「送信」クリックをお願いします!

    *は必須項目です。






      必須 ご相談内容ご相談お見積もりお問い合わせその他
      必須 お名前
      必須 メールアドレス
      任意会社名
      必須郵便番号
      必須都道府県
      必須ご住所
      必須お電話番号
      必須メッセージ本文 

       

       

      ドローン初心者向け練習法

      現在のドローン空撮は、測量・農業・映像・インフラメンテナンス・物流・土木・警備・災害対策などの分野で積極的に行われています。これらの分野で活躍しているドローンパイロットは、高度な操縦技術を習得することが必要でありそれは容易ではありません。

      はじめの一歩は安価でGPS機能が搭載されていないミニドローン(機体100g未満)での室内練習を繰り返しながら、ドローンの難しい操作をクリアしましょう!

       

       

      ドローン操作コツ

      自由にドローンを操作するには、焦らず時間をかけてじっくりとドローン操作経験を積んでいくことが重要です。

       

      ヒゲ悩みに一撃【ミラ

      スポンサーリンク

      3次元データ(オルソ画像・点群データなど)へ変換することによって、生産性の向上、人手不足の解消、コスト削減に役立ちます。以下はDrone 3D surveyinで行うドローン測量の流れです。

       

      <これまでご相談いただいた主な内容>

      • これからドローンを導入したいけど機材の選定はどうしたらいい?
      • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのかやり方が分からない
      • 業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
      • ドローンパイロット育成が難しい
      • 難しいドローン操縦に自信がないのでスキルUPをしたい
      • 3次元データの精度が悪いから精度を上げたい

      <Drone 3D surveying  お問い合わせ>:無料相談受付中