【ドローン初心者】ドローンを買う前に知っておきたいこと
スポンサーリンク

ドローンを買いたいと思ったら、どれがいいの? 何が違うの?

ほとんどの方が悩みますよね。

 

買ってしまったあとに後悔しないために

今回は、ドローンを買う前に知っておきたいことをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

まず、ドローンの使用目的を決めましょう!

ドローンは

皆さんがご存知のとおりたくさんの種類がありので

ドローンを買う前には、かならず飛ばす目的をしっかりと決めましょう!

 

また、初心者の頃は墜落して故障する頻度も気になるところです。

 

購入できる予算なども設定しておきましょう。

 

空撮を本格的にしたい

 

 

  • 低価格のカメラ付きのドローンは1万円前後より購入することもできますが、機体が軽いと風に流されやすいため、外での空撮を望まれる方には中型機なども必要になってきます。
  • ドローンで綺麗な空撮を行うためには、撮影時のブレを補正することができるシンバル付きのドローンが必要です。

 

業務(農業・測量など)で使用したい

 

  • 業務によって使用目的も違います。
  • 農業用では農薬や肥料などを散布を目的とし、測量では赤外線カメラ搭載可能なドローンを選ぶ必要があります。

 

 

ドローンの操縦を楽しんだり、ドローンレースがしたい

 

 

    • プロポのモードの切り替えが付いている機種もありますが、切り替えができない機種もあります。
    • ドローンレース(タイムスピードを競う競技)をめざすときには、FPV載機能の確認が必要ですね。

     

    ドローンレース用の機種の周波数帯は5.8Hzになりますので

    アマチュア無線免許が必要となります。

     

    関連記事

     

     

     

    スポンサーリンク

    購入する前の注意事項

    ドローン機体が200g以上のドローンを購入し飛行させるには航空法が適用されます。

     

    また安全に飛行させる場所を探さななければいけません。

     

    ドローンを飛行させるために理解する規則や法律

     

     

     

    スポンサーリンク

    ドローン機種の性能による価格の違いとは

    ドローンの価格は、ローター・リポバッテリー容量・カメラ性能によって価格が違います。

     

    では、それぞれの特徴について、ざっくりみてみたいと思います。

    ローター

    複数(4.6.8など)のローターを搭載しているドローンでは
    安定した飛行と操縦ができるため価格は高くなり
    ドローン本体も重くなります。
    複数のモーターを搭載したドローンでは
    上空での飛行も安定し操縦も容易なのも特徴です。

    リポバッテリー容量

    飛行時間は、リポバッテリーの容量に比例します。

    リポバッテリーの容量が大きいほど飛行時間は長くなりますが、価格も高くなります。

     

    価格帯での飛行時間の目安ですが

    1万円以下のドローンで3分~5分

    5万円前後のドローンで約10分

    10万円前後のドローンで約20分程度飛行できるバッテリーになっています。

     

    安心して飛行させるには予備のバッテリーも必要となりますよね。

     

    関連記事

     

     

    カメラ性能

    現在売られている1万円以下のドローンにも

    カメラが搭載されている機種が多数あります。

     

    カメラ性能では画素数によって価格が比例し

    高性能で空撮できるドローンも増えています。

     

    特にドローンの魅力は空撮できることですよね

    ドローン以外に購入するものもあります

    乾電池

    ドローン本体はバッテリーを内蔵していますので

    USBケーブルで充電しますが、ドローンを操縦するプロポでは

    乾電池を入れた電源を採用しているものもあります。

     

    一般的に単三乾電池×4本になっていますが、違う場合もありますので、確認しておきましょう。

     

    予備バッテリー

    ドローンのひとつのバッテリーでは飛行時間が短いため

    予備のバッテーリーが必要となりますので

    機体に対応するバッテリーを確認して購入するようにしましょう。

     

    また、ドローンのバッテリーはリポバッテリーを採用していますので

    十分に取り扱いには注意し正しい保管方法を守りましょう。

     

    micro SDカード

    空撮するためには記録用のmicroSDカードが必要になります。
    ドローンのmicroSDカードを挿入し、映像を記録します。
    また、PCにmicroSDカード用のスロットがない場合は
    SDカードリーダー(USB接続)の準備も必要です。
    関連記事

    ドローン用収納ケース

    屋外で練習するためにはドローンを移動しなければなりません。
    ドローンやバッテリーはデリケートなものです。
    専用ケースで、本体や送信機、また予備のプロペラやバッテリーを収納して衝撃から守りましょう。

    まとめ

     

    ドローンを購入する前には

    ドローンの種類やその他に必要な備品の知識も必要となります。

     

    ドローンを購入する前の予備知識を知って

    スムーズに購入できるように参考にしていただけると幸いです。

     

     

     

     

    ドローン操縦の初心者向け練習方法

       

       

       

       

      Mavic Mini

      < Mavic Mini 特徴 >

      • 超軽量199g
      • 最大18分の飛行時間
      • 最大2 kmのHD動画伝送
      • GPSとビジョンセンサーによる正確なホバリング
      • 3軸ジンバル搭載 2.7Kカメラ
      • 簡単撮影&編集

      最新ドローン完全攻略9(2019/12/11)

       

       

       

      ドローンの基礎知識をもっと深めたい!

       

       

      目的別におすすめするドローンやアクセサリーの記事一覧

      HITHUJI
      趣味でドローンを楽しまれたい方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

       

      Sonちゃん
      FPVドローンに興味がある方はこちらの記事です。

       

      HITHUJI
      ドローンのアクセサリーやパーツのご紹介をしています。

       

      Sonちゃん
      ドローンビジネスに活用できる産業用ドローンの記事です。

       

       

      カメラの基礎知識を知りたい方の参考記事

       

       

       

       

          高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

      ヒゲ悩みに一撃【ミラ

       

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      最新情報をお届けします

      Twitter でフォローしよう!

      スポンサーリンク

      この記事が気に入ったらフォローお願いします

      最新情報をお届けします

      Twitterでフォローしよう