ドローン操縦モード1とモード2の違いは?どっちがおすすめ?

ドローンを操縦するプロポ(送信機)には、操縦するためのモード1とモード2を選択する必要があります。

モード1とモード2では、操縦する操作が異なっていますので非常に重要な問題です。

はじめに選択したモードで今後はドローンを操縦することになります。

日本のラジコンやドローンビジネス界での主流はモード1で、海外の主流はモード2になっています。

今回は、ドローン操縦モード選択についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

プロポ(送信機)の制御スティック

左右のスティックを使ってドローンを操縦します。

操縦方法にはモード1~4の4種類がありますが、代表的な操縦レバー可動選択の種類は、モード1とモード2になっています。

 

スポンサーリンク

モード1 モード2 の違いは?

ドローンを操縦するためのプロポです。

重要な役割となるものですので、プロポに十分に慣れることがドローン操縦スキルアップへとつながります。

ドローンを操縦するためには、モードを選択しなければいけません。

モード1とモード2の違いは、操作が逆になってしまうところです!

 

モード 1国内のラジコンヘリなど操縦方法です。
左スティック(エレベーター・ラダー)/ 右スティック(スロトットル・エルロン)
モード 2国際的に使用されている操縦方法です
左スティック(スロトットル・エルロン)/ 右スティック(エレベーター・ラダー)
スポンサーリンク

モード1 モード2 どっちを選ぶ?

これから初めてドローンの操縦を覚えたいときは モード1とモード2のどちらがおすすめですか?

最初に覚えるならば モード1をおすすめします。
国内ではモード1で操縦している人が多いので 教える人も 教わる人も統一しておいた方が何かとスムーズですよ

ドローンビジネス業界は どうですか?

業務用でドローンを扱う会社では 複数人でドローンを操縦することになります。
もしそれぞれの操縦者でモードが異なった場合 ドローンのモード設定をその都度変更するということは操縦ミスにつながりますので 大変危険です!
日本のドローンスクールにおいても、モード1での対応が多いようです。
モード1のおすすめ理由をまとめてみました。
  • 日本のドローン操縦経験者はモード1で操作されている人が多い。
  • 日本でドローンを業務にされたい場合は、圧倒的にモード1がスタンダードである。

趣味や独学でドローンを操縦されたい方や、ドローンレースを世界で目指す方は主流はモード2になります。

まだまだモード選択を迷われる方も多いのではないでしょうか?

ここでは参考にされてください。

モード選択では、どちらかに決めたらしっかりと操縦訓練をする!ということですね。

プロポはドローンへ電波を発する発信機ですので、日本で使用するためには技適マークの確認も必要です。

ひとつひとつ、ステップアップしていきましょう。

 

 

 

     ご 気 軽 に お 問 い 合 わ せ く だ さ い     

ドローン全般、3次元データ作成、ドローン操縦代行およびパイロット育成に関することなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • これからドローンを導入したい業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
  • ドローン測量を始めるために何からすればいい?
  • ドローン操縦できるスタッフをガッツリ育成したい!
  • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのか

などお客様の相談内容に合わせて、現場での直接のサポート、電話、メール、ZOOMなどのお好みのスタイルで対応いたします。

*お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。

 

電話でのお問い合わせ

090-5737-0422     受付時間 平日(月~土)/9:00~18:00

メールでのお問い合わせ(365日24時間)

ご質問やご相談など、各項目を入力のうえ、お問い合わせください。

入力が終わりましたら、「送信」クリックをお願いします!

*は必須項目です。






    必須 ご相談内容ご相談お見積もりお問い合わせその他
    必須 お名前
    必須 メールアドレス
    任意会社名
    必須郵便番号
    必須都道府県
    必須ご住所
    必須お電話番号
    必須メッセージ本文 

     

    ドローン初心者向け練習法

    現在のドローン空撮は、測量・農業・映像・インフラメンテナンス・物流・土木・警備・災害対策などの分野で積極的に行われています。これらの分野で活躍しているドローンパイロットは、高度な操縦技術を習得することが必要でありそれは容易ではありません。

    はじめの一歩は安価でGPS機能が搭載されていないミニドローン(機体100g未満)での室内練習を繰り返しながら、ドローンの難しい操作をクリアしましょう!

     

     

    ドローン操作コツ

    自由にドローンを操作するには、焦らず時間をかけてじっくりとドローン操作経験を積んでいくことが重要です。
    ヒゲ悩みに一撃【ミラセレブ】
    スポンサーリンク

    3次元データ(オルソ画像・点群データなど)へ変換することによって、生産性の向上、人手不足の解消、コスト削減に役立ちます。以下はDrone 3D surveyinで行うドローン測量の流れです。

     

    <これまでご相談いただいた主な内容>

    • これからドローンを導入したいけど機材の選定はどうしたらいい?
    • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのかやり方が分からない
    • 業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
    • ドローンパイロット育成が難しい
    • 難しいドローン操縦に自信がないのでスキルUPをしたい
    • 3次元データの精度が悪いから精度を上げたい

    <Drone 3D surveying  お問い合わせ>:無料相談受付中