プログラミング教育にドローンはおすすめ!子どもとTelloを始めよう!

 

 

ドローンの活用が、全国各地で進んでいるのはもうご存じですね。

 

今後、ドローンは私たちの生活の中へ広がりをみせるのはもう確実です。

 

 

では、子どもたちのドローン教育分野はどうなっていくのでしょうか?

 

ドローン教育については

法律や安全飛行、動画や静止画の編集やプログラミングなど数多くのことが考えられます。

 

しかし、まだまだ学校教育では未開の分野になっているのが現状です。

 

ドローン「Tello」を使えば

プログラミングも親子いっしょに楽しみながら学ぶことができます。

 

とてもおすすめなドローン教育です!

 

子どもたちとミニドローン「Tello」を始めてみませんか?

 

ここでは、現状のドローン活用から考えるドローン教育についてまとめています。

 

 

 

 

 

 

現状のドローン活用について

近年のドローン活用では

日本の高齢化や少子化に伴う労働力不足の問題より

効率的に業務を行うために検証実験や実用化が進んでいます。

 

ドローンの活用

ドローン活用としては

  • 災害地の調査撮影
  • ドローンの写真を利用して測量データを作成し、縦横断図などの図面作成
  • 送電線鉄塔・煙突・橋梁・トンネルなどのインフラ設備の点検業務
  • ドローンによる農薬散布やマルチスペクトルカメラを利用した植物育成状況のモニタリング
  • 様々のアングルからの映画やCMの映像撮影
  • ドローン配送による遠隔地への物資の輸送
  • 赤外線カメラなどによる警備の巡回活動や、火災時の現状確認の撮影
  • 鳥獣類の被害対策
  • 遠隔で行う自動操縦の実験について

ANAやKDDIなどの大手企業は頻繁に行っています。

⇒ドローンを活用した社会に向け、ANAドローンチームが活躍!

⇒KDDI、4G LTE対応「スマートドローン」による日本初の完全自律飛行実証実験を長岡市山古志にて実施

 

 

あわせて読みたい

 

 

今後は、確実にドローンパイロットの育成やプログラミング自動飛行が必須となりそうです。

 

 

今後のドローン教育を考える

ドローンの各分野での実用化は、10年後、普通となっているでしょう。

しかし、ドローン教育に関しての学校教育は、現状では未開の分野です。

 

またIT業界への利用は年々拡大されており、今後人材不足が懸念されています。

 

こういった背景から

2020年度より新しく実施される小学校学習指導要領のもと

小学校ではプログラミング教育が必須となります。

 

 

あわせて読みたい

 

 

HITHUJI
Telloに興味がある方はご覧くださいね。

 

 ●Tello Boost コンボ ×1式
●PGY TELLO用 キャリングケース × 1


 

 

 

なぜドローン教育を選ぶのか

ドローンはインターネット等で手軽に購入できる商品になっています。

そして安価であるのに高性能なミニドローンは

子どものおもちゃとしても魅力的です。

 

ドローンは親子でいっしょに始めれば

  • 操作は簡単で面白い
  • 楽しく遊ぶことができる
  • プログラミングを学べる

という素晴らしい教材だと考えます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

2030年頃の子どもたちの未来を考えると

今から子どもたちにドローン教育を行っておくのがベストだと思います。

 

今後ドローンだけではなく

プログラミング能力などのスキルが社会には必要となります。

 

子どもたちにはプログラミングスキルが、求められることになりそうですね。

 

まずは親子いっしょに

おもちゃのミニドローン(200g未満)Telloをぜひ試してみてください。

 

HITHUJI
ドローンとして操縦を楽しむためにTello専用コントローラもあります。

Sonちゃん
操縦の上達は、大人より子どもの方が早いかもしれませんよ。

 

 

子どもたちの将来の為に、ご家族でドローンをぜひ楽しんでみてくださいね。

 

 

本格的プログラミング学習ができるドローン【Tello EDU】
あわせて読みたい

 

空飛ぶプログラム~ドローンの自動操縦で学ぶプログラミングの基礎

     

     

     

    ドローン操縦の初心者向け練習方法

       

       

       


       

       

       

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      最新情報をお届けします

      Twitter でフォローしよう!