Mavic Mini(重量199g)と注意する法律と飛行ルールとは
スポンサーリンク

高性能ミニドローンMavic Miniは

機体重量が199gいうこともあって

とても注目されている人気のドローンです。

 

高性能なドローンのスペックも気になるところですが

ドローンの法律「改正航空法」の規制対象外となっていることも重要ですね。

 

今回は、分かりにくい改正航空法やその他の飛行ルールについてもう一度確認し

Mavic Miniで安全にフライトを楽しみましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

改正航空法とは

無人航空機の飛行許可が必要となる空域は航空法で定められています。
  • 空港等の周辺の空域
  • 地表又は水面から150m以上の高さの空域
  • 人口集中地区の上空

 

 

関連記事

 

 

 

飛行ルールの対象となる機体について

では、どういったドローン機体が航空法の対象となるのでしょうか?

 

国土交通省では、飛行ルールの対象となるドローン機体について

機体本体の重量とバッテリーの重量の合計が

200g未満のものを除くと記されています。

 

Mavic Miniの機体(バッテリーを含む)は199gですので

規則の対象外となるということです。

 

 

Sonちゃん

しかし、一部の空域を除いて

気軽にフライトを楽しむことができることが注意点です。

 

 

*注意しましょう!

 

航空法の第99条の2の規制
空港等周辺での飛行や他の航空機への影響が予想される高度150m以上の飛行については国土交通大臣の許可等が必要

飛行ルール対象外(機体重量200g未満)の機体であっても

空港等の周辺での飛行や

他の航空機への影響が予想される高度150m以上の飛行については

国土交通大臣の許可等が必要になります。

 

あわせて読みたい

 

 

 

スポンサーリンク

小型無人機等飛行禁止法

その他の規則として小型無人機等飛行禁止法による飛行禁止区域では

機体重量が200g未満であっても

小型無人機飛行禁止法の対象となるため

国が定める重要施設周辺(国会議事堂、内閣総理大臣官邸等)を

無許可で飛行することができません。

 

あわせて読みたい

 

 

 

スポンサーリンク

各自治体の条例

都道府県条例とは

都道府県ごとの各市町村の条例によりドローン飛行のルールが定められています。

 

各地域によってそれぞれの飛行ルールが定められていますので

飛行条件について地方自治体の窓口で確認するようにしましょう。

 

あわせて読みたい

 

 

Mavic Mini

200g未満のドローンとは

Mavic Miniの機体重量は199gですが

プロペラガードなどその他のパーツを取り付けると200g以上となります。

 

国土交通省では、飛行ルールの対象となる機体について

機体本体の重量とバッテリーの重量の合計が

200g未満のものを除くと記されていますので

プロペラガードなどのオプションパーツをMavic Miniに付けても

申請の必要はありません。

 

 

Mavic Miniの特徴

  • 超軽量199g
  • 最大18分の飛行時間
  • 最大2 kmのHD動画伝送
  • GPSとビジョンセンサーによる正確なホバリング
  • 3軸ジンバル搭載 2.7Kカメラ
  • 簡単撮影&編集

 

 

 

 

 

Mavic Mini

< Mavic Mini 特徴 >

  • 超軽量199g
  • 最大18分の飛行時間
  • 最大2 kmのHD動画伝送
  • GPSとビジョンセンサーによる正確なホバリング
  • 3軸ジンバル搭載 2.7Kカメラ
  • 簡単撮影&編集

最新ドローン完全攻略9(2019/12/11)

 

 

 

Sonちゃん
フライトを楽しむためのバッテリーが始めから3つ付いています。

 

 

【国内正規品】DJI Mavic Mini コンボ

 

あわせて読みたい

 

 

 

Mavic Mini 専用アプリ

 

Mavic Miniを購入したら

スマホに DJI Fly アプリをインストールしておきましょう!

 

DJI Fly アプリにタップするだけで
素晴らしい映像を作成できる
様々なクリエイターテンプレートがあります。
映像の編集の初心者の方でも、いろんな映像を作成できます。

 

 

 

まとめ

Mavic Miniを飛ばすのに資格、申請、許可は必要はありませんが

以下の飛行ルールを守る必要があります。

 

<航空法>

Mavic Miniを空港周辺や150m以上の空域で飛ばすことはできません。

 

<小型無人機等飛行禁止法>

国の重要な施設(国会議事堂、各国の大使館、原子力発電所など)の周辺300m以内で飛ばすことはできません。

 

<各自治体の条例>

東京都の都立公園では、すべてのドローンのフライトが禁止されています。

その他、河川敷でのフライトを禁止している自治体や

浜辺でのフライトを禁止しているビーチもあります。

 

Mavic Miniを公共の場所で飛ばす場合、その場所の管理者に必ず確認しましょう。

 

 

ドローンをフライトさせるときには

しっかりと飛行ルールを守り安全に楽しみましょう!

 

 

ドローン操縦の初心者向け練習方法

     

     

     

    ドローンの基礎知識をもっと深めたい!

     

     

     

    高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

    まずはお試しの10日間は無料!

     

     

    2020年度から小学校で「プログラミング教育の必須化」が決まっています!

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!

    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったらフォローお願いします

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう