子どもと本格的プログラミングが学習できるドローン  Tello EDU とは

2020年度より、プログラミング教育は必修化となりますね。

プログラミング教育はパソコンを使うことが必須だと思われがちですが、パソコン操作が苦手な子どもも多いかと思います。

こんな時に子どもたちがスムーズにプログラミングに興味を持ちやすいように、パソコンではなく、まずはドローンTello EDOを使って汎用的な思考力を楽しく、ドローンTello EDOで学んでみませんか?

Tello EDUはプログラミングを学べることができ、教育用として楽しく遊びながら学ぶことが出来ます。

また、 Tello EDUはプログラミング言語(Scratch・Python・Swift)も簡単に学べます。

今回は、プログラミング教育向けミニドローンTello EDOを使って、楽しく子どもと一緒に本格的なプログラミングを学んでみましょう!!

 

 

 

プログラミングとは

プログラミングとは

コンピューターに対して順番に指示を出すことにより

意図した動作を最後までコンピューターにさせることです。

 

何かの動作をするための設計過程を

あらかじめいくつか予測確認しなければならないため

もし、うまく動作しなかった場合はプログラムの修正を行う必要があります。

 

プログラミングとは動作を最後まで成功させるためのプロセスでもあります。

 

 

 

プログラミング教育改革は始まります

近年の日本では

高齢化や少子化によるによる就労人口の減少が問題視されており

AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)は飛躍的に発達し

どの産業分野でもITへの取り組みが進んでいます。

 

文部科学省ではプログラミングを通して育成する思考力のことを

プログラミング的思考と呼んでいます。

 

今後の教育改革では

情報活用能力を身につけるために必要なプログラミング的思考能力は重要であり

子供たちの教育カリュキュラムとして

2020年度より小・中・高の授業において順次取り入れられるようになります。

 

 

2020年度より小・中・高等学校では順次始まる

2020年度より小学校では

プログラミングという教科が追加されるのではなく

従来の理科や算数といった授業に

パソコンを使用したプログラミング教育が始まります。

 

小学校でのプログラミング教育の目的は

身近な環境の中に

プログラミングによって動作しているものがあるということや

問題解決に向けての順番や改善方法などを考える大切さを学ぶことです。

 

中学校では、2021年度からプログラミング教育が導入されます。

技術や家庭科の授業にプログラミング教育を導入して

簡単なプログラミングを行うなど

より実践的な内容を学ぶことになっています。

 

高等学校では、2022年度から共通必履修科目として情報Ⅰが新設されます。

 

 

 

スポンサーリンク

Tello EDU

    • 機体重量約87g
    • 最大飛行距離 100m
    • 最高速度 8m/s
    • 最高飛行時間 13分
    • 最高飛行高度 30m
    • カメラ 500万画素

 

ドローン編隊

1台のデバイスで、複数台のTello EDUを一度にプログラミングすることができ

コードを使ってTello EDUを編隊飛行します。

 

またミッションパッドの上では

Tello EDUを飛ばして

フリップ(宙返り)やアクロバットな飛行パフォーマンスを楽しめます。

 

プログラミング楽しくを学びながら、創造の翼を広げましょう!

 

 

高度なプログラミング

ミッションパッドは

プログラミング精度を向上させる素晴らしいツールになっています。

 

ガイドポイントとしてだけでなく

トリガー機構としても利用することができます。

 

各ミッションパッド内の固有情報を使ってプログラミングすれば

選択肢が広がり

Tello EDUの可能性をさらに引き出せます。

 

機体が各ミッションパッドの固有IDを認識し

アクロバット飛行をするようにコードを書くこともできます。

 

Tello EDUのドローン編隊を指揮して、想像力をフルに発揮しましょう。

 

 

簡単プログラミング

Tello EDUは、ブロックプログラミング対応です。

 

画面上のコーディングブロックをドラッグするだけで

Tello EDUをプログラミングすることができますので機体が動作します。

 

さらに、Tello スペーストラベル チュートリアルでは

楽しいストーリーを楽しみながら

iPadでコーディングするSwiftプログラミング言語を学ぶことができます。

 

このチュートリアルは、Swift Playgroundsアプリから利用できます。

 

通常モデルTelloとTello EDUは何が違うの

通常モデルTelloもプログラミングに対応していますが

公式に対応している言語は「Scratch」だけとなります。

 

Tello EDUでは
「Scratch」に加えて「Swift」「Python」でのプログラミングに対応していますので
通常モデルTelloよりも
プログラミング言語を扱っていけるようになっています。
またTello EDUは
プログラミング飛行をサポートしてくれるミッションパットが付属されているため
価格が通常Telloよりも高めです。
あわせて読みたい

まとめ

3種類のTelloが販売されています。

  • Tello(通常モデル)
  • Telloアイアンマン・エディション
  • Tello EDU(プログラミング教育版)

 

 

プログラミングをとりあえず始めてみたい方は通常モデルでも大丈夫です。

空撮を楽しむときはバッテリーの追加は必要なので
バッテリー3個付属のTello Boost Comboがおすすめです。

ドローン編隊のように複数台連動して同時に飛ばしたり
しっかりプログラミングを学習したいときはTello EDUを選びましょう!

 

空飛ぶプログラム~ドローンの自動操縦で学ぶプログラミングの基礎

 

 

 

 

 

 

ドローン操縦の初心者向け練習方法

     

     

     

    ドローンの基礎知識をもっと深めたい!

     

     

     

     

    Mavic Mini

    < Mavic Mini 特徴 >

    • 超軽量199g
    • 最大18分の飛行時間
    • 最大2 kmのHD動画伝送
    • GPSとビジョンセンサーによる正確なホバリング
    • 3軸ジンバル搭載 2.7Kカメラ
    • 簡単撮影&編集

    最新ドローン完全攻略9(2019/12/11)

     

     

     

    2020年度から小学校で「プログラミング教育の必須化」が決まっています!

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!