ドローン映像をリアルタイムに見れるFPVの楽しみ方と注意点

最近のドローンでは、高性能なカメラを搭載されたものを見かけることが多くなりました。

ドローンの高性能カメラを使って楽しめることは、綺麗な映像を残すだけではありません。

FPV対応ドローンでは、FPV専用のゴーグルやヘッドマウントディスプレイ(HMD)やモニターでリアルタイムに映像を見れる別の楽しみ方があります。

また、スマホやタブレット対応のFPVドローンも多く販売されるようになりましたよね。

今回は、リアルタイムFPV(一人称視点)の楽しみ方と注意点についてご紹介しています。

ぜひ、FPVドローンも楽しんでみてください。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

ドローン映像をリアルタイムで見ることが出来るFPVとは

FPVとはFirst Person Viewの略で、一人称視点のことになります。

FPV対応ドローンのカメラ映像を

電波で

  • FPV専用のVRゴーグル
  • ヘッドマウントディスプレイ(HMD)
  • モニター

へ伝送されます。

FPV専用のVRゴーグルやヘッドマウントディスプレイ(HMD)でドローン映像を見ると

ダイナミックで臨場感あふれる感覚が体験できます。

 

スポンサーリンク

FPVドローンの楽しみ方とは

FPV対応ドローンは、空撮をする場合にとても便利です。

一般的なドローンで空撮した映像をチェックするためにはドローンを着陸させることが必要ですが、FPV対応ドローンでは、映像をモニターなどでリアルタイムで確認することが可能です。

FPV対応ドローンは、最適なタイミングで空撮をすることもできます。

臨場感のある視点からの操縦が可能

FPV対応ドローンの魅力は、臨場感でダイナミックな視点からの操縦ができることです。

また、FPV専用ゴーグルを装着をすればアクロバティックな動きで、自分がドローンに乗っているような感覚で操作を楽しむこともできます。

ドローン操縦者以外も楽しめる

ドローン操縦者以外でも映像としてFPVドローンを楽しむことができます。

操縦が上手にできない時でも、他の人が操縦しているドローンの映像をモニターでFPV映像を見ることができ、ドローンを類似的に体感できます。

FPVドローンレースを楽しむ

FPV対応ドローンの最大の楽しみ方になっているのがFPVドローンレースです。

FPVドローンならドローン練習を操作することで迫力のある一人称映像で臨場感のあるレースができます。

世界では新しいモータースポーツとして人気です。

FPVドローンではない機体でもドローンレースはできますが、FPVドローンの時速150㎞だと迫力が違いますよ。

 

FPVドローンレースには免許が必要です

FPVドローンでは周波数5.7GHzを使用するためアマチュア無線技士の免許が必要となります。

アマチュア無線技士免許は、比較的簡単に取得することが出来ますのでチャレンジしてみましょう。

 

 

スポンサーリンク

FPV対応ドローンの選び方

FPVに対応しているドローンを選択すると楽しみ方の幅がとても大きく広がりそうです。

FPVドローンを選ぶ目的を決めましょう!

  • ドローン操縦と臨場感ある映像を楽しむのか
  • 世界中で行われているFPVドローンレースにチャレンジするのか

技適マークをチェックしましょう!

日本で販売されているドローンであれば技適マークが付いていますので

特別な許可は必要ありません。

海外製のドローン購入の場合には技適マークが付いていないことがありますので、違反行為にならないように注意しておきましょう。

ドローン操縦と臨場感ある映像を楽しむ時

  • 4K対応カメラとをジンバルを搭載しているFPVドローン
  • コストパフォーマンスを重視するならフルHD対応モデルのFPVドローン

一般的FPV対応ドローン使用時の注意点

一般的なFPV対応ドローンでは2.4GHz帯を使用しているため無線免許は必要ありません。

FPV対応ドローンをゴーグル着用での飛行には、改正航空法に注意しなければいけません。

 

 

FPV対応ドローンをゴーグルを着用しての飛行は「目視外飛行」となります。

まずは、1万円以下の一般的なFPV対応ドローン(100g未満)で空撮を楽しみましょう。

FPVドローンにたくさん慣れたらヘッドマウントディスプレイを装着して

本格的なタイプのFPVドローンにチャレンジしてみても楽しそうですね。

FPVに慣れておくと一般的に空撮するだけでなくいろいろな楽しみ方も広がりそうです。

 

 

     ご 気 軽 に お 問 い 合 わ せ く だ さ い     

ドローン全般、3次元データ作成、ドローン操縦代行およびパイロット育成に関することなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • これからドローンを導入したい業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
  • ドローン測量を始めるために何からすればいい?
  • ドローン操縦できるスタッフをガッツリ育成したい!
  • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのか

などお客様の相談内容に合わせて、現場での直接のサポート、電話、メール、ZOOMなどのお好みのスタイルで対応いたします。

*お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。

 

電話でのお問い合わせ

090-5737-0422     受付時間 平日(月~土)/9:00~18:00

メールでのお問い合わせ(365日24時間)

ご質問やご相談など、各項目を入力のうえ、お問い合わせください。

入力が終わりましたら、「送信」クリックをお願いします!

*は必須項目です。






    必須 ご相談内容ご相談お見積もりお問い合わせその他
    必須 お名前
    必須 メールアドレス
    任意会社名
    必須郵便番号
    必須都道府県
    必須ご住所
    必須お電話番号
    必須メッセージ本文 

    スポンサーリンク

    3次元データ(オルソ画像・点群データなど)へ変換することによって、生産性の向上、人手不足の解消、コスト削減に役立ちます。以下はDrone 3D surveyinで行うドローン測量の流れです。

     

    <これまでご相談いただいた主な内容>

    • これからドローンを導入したいけど機材の選定はどうしたらいい?
    • 3次元測量業務でどのように効率性をあげていくのかやり方が分からない
    • 業務に合わせたソフトやドローン機材の選定が分からない
    • ドローンパイロット育成が難しい
    • 難しいドローン操縦に自信がないのでスキルUPをしたい
    • 3次元データの精度が悪いから精度を上げたい

    <Drone 3D surveying  お問い合わせ>:無料相談受付中