ドローン映像をリアルタイムに見れるFPVの楽しみ方と注意点

 

 

最近のドローンでは

高性能なカメラを搭載されたものを見かけることが多くなりました。

 

 

ドローンの高性能カメラを使って楽しめることは、綺麗な映像を残すだけではありません。

 

 

FPV対応ドローンでは

FPV専用のゴーグルやヘッドマウントディスプレイ(HMD)やモニターで

リアルタイムに映像を見れる別の楽しみ方があります。

 

また、スマホやタブレット対応のFPVドローンも多く販売されるようになりましたよね。

 

今回は、リアルタイムFPV(一人称視点)の楽しみ方と注意点についてご紹介しています。

ぜひ、FPVドローンも楽しんでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドローン映像をリアルタイムで見ることが出来るFPVとは

FPVとはFirst Person Viewの略で、一人称視点のことになります。

 

FPV対応ドローンのカメラ映像を

電波で

  • FPV専用のVRゴーグル
  • ヘッドマウントディスプレイ(HMD)
  • モニター

へ伝送されます。

 

FPV専用のVRゴーグルやヘッドマウントディスプレイ(HMD)でドローン映像を見ると

ダイナミックで臨場感あふれる感覚が体験できます。

 

 

 

FPVドローンの楽しみ方とは

FPV対応ドローンは、空撮をする場合にとても便利です。

 

一般的なドローンで空撮した映像をチェックするためには

ドローンを着陸させることが必要ですが

FPV対応ドローンでは、映像をモニターなどでリアルタイムで確認することが可能です。

 

FPV対応ドローンは、最適なタイミングで空撮をすることもできます。

 

臨場感のある視点からの操縦が可能

FPV対応ドローンの魅力は

臨場感でダイナミックな視点からの操縦ができることです。

 

また、FPV専用ゴーグルを装着をすればアクロバティックな動きで

自分がドローンに乗っているような感覚で操作を楽しむこともできます。

 

ドローン操縦者以外も楽しめる

ドローン操縦者以外でも

映像としてFPVドローンを楽しむことができます。

 

操縦が上手にできない時でも

他の人が操縦しているドローンの映像を

モニターでFPV映像を見ることができ、ドローンを類似的に体感できます。

 

FPVドローンレースを楽しむ

FPV対応ドローンの最大の楽しみ方になっているのがFPVドローンレースです。

FPVドローンなら

ドローン練習を操作することで迫力のある一人称映像で臨場感のあるレースができます。

 

世界では新しいモータースポーツとして人気です。

 

Sonちゃん
FPVドローンではない機体でもドローンレースはできますが、FPVドローンの時速150㎞だと迫力が違いますよ。

 

 

FPVドローンレースには免許が必要です

 

FPVドローンでは周波数5.7GHzを使用するため

アマチュア無線技士の免許が必要となります。

 

アマチュア無線技士免許は

比較的簡単に取得することが出来ますのでチャレンジしてみましょう。

 

 

免許取得方法はこちらの記事をご覧ください。

 

 

 

スポンサーリンク

FPV対応ドローンの選び方

FPVに対応しているドローンを選択すると楽しみ方の幅がとても大きく広がりそうです。

 

FPVドローンを選ぶ目的を決めましょう!

 

  • ドローン操縦と臨場感ある映像を楽しむのか
  • 世界中で行われているFPVドローンレースにチャレンジするのか

 

技適マークをチェックしましょう!

日本で販売されているドローンであれば技適マークが付いていますので

特別な許可は必要ありません。

 

海外製のドローン購入の場合には

技適マークが付いていないことがありますので

違反行為にならないように注意しておきましょう。

 

関連記事

 

 

ドローン操縦と臨場感ある映像を楽しむ時

  • 4K対応カメラとをジンバルを搭載しているFPVドローン
  • コストパフォーマンスを重視するならフルHD対応モデルのFPVドローン

 

 

一般的FPV対応ドローン使用時の注意点

一般的なFPV対応ドローンでは

2.4GHz帯を使用しているため無線免許は必要ありません。

 

FPV対応ドローンをゴーグル着用での飛行には

改正航空法に注意しなければいけません。

 

 

FPV対応ドローンをゴーグルを着用しての飛行は「目視外飛行」となります。

 

ドローン機体が200g以上の場合のFPV飛行では

国土交通省への許可申請を忘れずに行いましょう。

 

関連記事

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

FPV対応ドローンの楽しみ方や注意点について紹介してきました。

 

まずは、1万円以下の一般的なFPV対応ドローン(200g未満)で空撮を楽しみましょう。

 

FPVドローンにたくさん慣れたら

ヘッドマウントディスプレイを装着して

本格的なタイプのFPVドローンにチャレンジしてみても楽しそうですね。

 

FPVに慣れておくと

一般的に空撮するだけでなくいろいろな楽しみ方も広がりそうです。

 

 

 

ドローンの基礎知識をもっと深めたい!

 

 

ドローン操縦の初心者向け練習方法

     

     

    Mavic Air 

    機能性と携帯性に優れたMavic Airは、本格的に空撮を始めるドローンとしておススメです!

    < Mavic Air 特徴 >

    • 重量430g
    • 最大飛行時間 21分
    • 最大飛行距離 10 km
    • GNSS  :  GPS + GLONASS
    • ジンバル:3軸
    • カメラセンサー:1.2/3インチCMOS
    • 有効画素数:12 MP

     


     

     

     

    高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

    まずはお試しの10日間は無料!

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!