次世代農業を担うマルチスペクトルイメージドローン P4 Multispectral

日本の農業分野においても

    • 農業従事者の高齢化
    • 後継者不足
    • 新規農業従事者不足

による労働力不足が問題になっています。

 

そこで期待されているのが

ドローンのマルチスペクトルカメラで圃場を撮影することで分かる

リモートセンシングの見える化です。

 

2019年10月よりDJIから販売された

精密農業・土地管理用のためのドローン P4 Multispectralを活用することで

ドローンRGBカメラや5種類のセンサから取得したデータを管理し

農業効率化が促進できそうです。

 

 

 

 

 

精密農業・土地管理用ドローン DJI P4 Multispectral

 

 

精密農業とは、農地の土壌状態や農作物の状態を観察し

生産性などを細かく取得し分析することで農業運営へ効率化を図る管理方法です。

 

精密農業・土地管理用ドローン P4 Multispectralでは

圃場全域の植生まで健康状態を調べ

さらには雑草や害虫被害、土壌の状態なども測定してくれる

世界初の完全統合型マルチスペクトルイメージングドローンです。

 

 

高精度マルチスペクトル画像で植生状況を把握する

P4 Multispectralは

RGBカメラ1台とレッドエッジや近赤外線など5種類の狭帯域センサーを備えた

マルチスペクトルカメラアレイで構成される

ジンバル安定化画像システムを搭載しています。

 

 

マルチスペクトルカメラとは

人の目には見えない近赤外線やレッドエッジと呼ばれる波長の光の反射を見ることで

植物の成長や健康状態を確認するための画像を撮ることができるカメラです。

 

 

そのマルチスペクトル画像システムにより

  • 植生のストレス状態
  • 土壌組成
  • 水中塩分
  • 汚染に関する独自の情報

などを得ることができます。

 

ドローンのRGBカメラのリアルタイム動画表示と、正規化差植生指数(NDVI)出力を切り替えて、現場ですぐに洞察データを確認できます。

 

 

統合型日照センサー

さらにドローン上部に統合されている

スペクトル日照センサーが太陽放射照度を捉えることにより

1日の異なる時間帯でのデータ収集の精度を向上させ、一貫性が増します。

 

この情報を後処理データと組み合わせれば

最も正確なNDVI測定結果を生成することができます。

 

 

 

農業用ドローン普及の取り組み

参照:農林水産省(ドローンの普及計画)

 

 

ドローンに搭載した高精細カメラやマルチスペクトルカメラなどの画像により

  • 施肥や収穫適期を判断する生育状況分析
  • 病害虫の診断

など、様々な技術が実証、サービスが開始されている段階になっています。

 

 

今後の課題として

  • 広範囲に対するセンシング効率や解析制度向上
  • 対象品目の拡大などの技術の進歩
  • 実証

により費用対効果が明らかにされることが出来るようになることです。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ドローン技術は、様々な分野で期待され進展しています。

農業用ドローンの普及の期待は、以下の7分野ではとても大きく

  • 農薬散布
  • 肥料散布
  • 播種
  • 受粉
  • 農産物等運搬
  • ほ場センシング
  • 鳥獣被害対策

 

随時、技術の開発・実証・普及状況に応じて見直しをすることとしています。

 

 

関連記事

 

 

 

 

スマート農業におすすめBook

スマート農業のすすめ~次世代農業人

 

 

 

ドローン操縦の初心者向け練習方法

     

     

     

     

    精密農業と土地管理のドローンP4 Multispectral 

    作物水準での正確なデータを収集し、農業ミッションや環境モニタリングなどの用途向けに構築されたマルチスペクトル画像システム搭載の高精度ドローン

    <  P4 Multispectral  の特徴>

    • 機体重量1487 g
    • 最大飛行時間:約27分
    • カメラ:6台の1/2.9インチCMOS(可視光イメージング用RGBセンサー1台、マルチスペクトルイメージング用モノクロセンサー 5台を含む)
    • フィルター:ブルー・グリーン・レッド・レッドエッジ・近赤外線

    関連記事

     

    スマート農業バイブル Part II~『データドリブン』で日本の農業を魅力あるものに
     

     

     

     

     

    Mavic 2 Pro

    本格的な空撮におススメのMavic 2 Proは、 L1D-20cカメラ搭載でプロ仕様の空撮が可能です。
    また各側面に障害物センサーも付き、安全に安定した飛行ができるため、初心者から上級者まで楽しむことができます。

    < Mavic 2 Pro特徴 >

     Hasselblad L1D-20cカメラを搭載

    • 機体重量907g
    • カメラセンサー:1インチCMOS
    • カメラ有効画素数:20MP
    • 最大飛行時間:31分 (25 km/hの一定速度で飛行時)
    • 最大飛行距離 :18 km (50 km/hの一定速度で飛行時)
    • 検知システム:全方向障害物検知

    関連記事

     

     

    早くドローンパイロットになるために操縦スキルを習得しよう!

     

    目的別におすすめするドローンやアクセサリーの記事一覧

    HITHUJI
    趣味でドローンを楽しまれたい方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

     

    Sonちゃん
    FPVドローンに興味がある方はこちらの記事です。

     

    HITHUJI
    ドローンのアクセサリーやパーツのご紹介をしています。

     

    Sonちゃん
    ドローンビジネスに活用できる産業用ドローンの記事です。

     

     

     

     

     

        高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!