ドローンによる橋梁近接撮影点検の普及に向けて
スポンサーリンク

 

 

2014年より、橋梁点検は5年ごとに点検が義務化されています。

 

人手不足の問題

そして点検コストの削減や橋梁近視目視の点検効率化を普及させるために

ドローンによる橋梁点検は注目されていますが、ドローン導入はあまり進んでいません。

 

国土交通省は2019年2月に定期点検要領の見直しを行い

「近接目視」のほかに「近接目視と同等の診断を行うことができる情報が得られる

と判断した方法」での点検を認めています。

 

ドローンは、近視目視と同等の診断を行うことができることが最大の特徴であり

比較的導入しやすくなっています。

 

 

今回は、ドローンによる橋梁近接撮影点検の普及に向けてお伝えしたいと思います

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

ドローンによる橋梁近接撮影点検の普及に向けて

ドローンで橋の法定点検 千葉県君津市7月から実験

千葉県君津市はインフラの長寿命化に向けて、ドローン(小型無人機)の活用に乗り出しています。

 

日本経済新聞 2019年6月4日

 

2019年7月から

君津市内の橋の法定点検に4Kカメラ搭載のドローンを使う実証実験を始めています。

ドローンだけで点検する取り組みは全国初とみられています。

 

自治体が管理する橋や道路などは老朽化が急速に進んでおり

点検や改修費用の負担が各地で問題となっているため

君津市は費用対効果などを検証し、2020年度の本格運用を目指すとしています。

 

 

7月から始まる実証実験では、市が管理する227の橋のうち約20カ所を対象とする。
ドローンに搭載した4Kカメラであらゆる方向から橋を撮影し、ひび割れや鉄の腐食がないかを確認する。
4Kカメラは人の目以上に細かな傷を検知することができるという。
撮影手法の検討や映像の解析を通じて、本格運用に向けてドローンによる点検が可能な橋を選ぶ。

ドローンに搭載した4Kカメラが撮影した詳細な点検データを蓄積することで、次回以降の点検に活用できるメリットもある。
ただ、空撮した4K映像やドローンの飛行データは容量が大きい。
そのため、実証実験ではデータを保管する際の課題についても検証を進める方針だ。

日本経済新聞 2019年6月4日

 

 

2019年11月22日、ドローンで橋梁点検の実験が実施される

ドローンで橋梁点検の橋梁点検が、大津市で2019年11月22日に実施されています。

 

日本経済新聞 2019年11月22日

 

 

大津市では、点検作業のコスト削減の面に関して

通常では630万円を必要とする橋長100mの橋梁点検では

実施する点検費用として

今回のドローンでの実験では3割以上の削減を見込めると公表しています。

 

また点検期間でも、夜間4日分も半減が見込めることが期待されています。

 

 

大津市は橋梁1003カ所を管理する。
2014年に5年に1度の点検が義務化され、全ての橋の点検が一巡した。
今回の実験を検証したうえで、20年度以降に新技術の本格活用を探る。
5年間で3億9千万円だった点検費用の削減を目指す。

日本経済新聞 2019年11月22日

 

スポンサーリンク

まとめ

SANKI PLANでは、2015年よりドローンによる橋梁近接撮影点検を行っています。

 

2015年当時は、まだドローンもphantom2やphantom3が主流

ドローンの安定性も現在の機体のように能力は高くありませんでした。

 

最初(1橋目)の橋梁点検依頼内容について
  • 橋梁場所:鹿児島県某所

 

豪雨災害後の橋梁損傷確認のため近接撮影依頼があり

特に橋脚を中心に近接撮影を行ってほしいとのことでした。

 

橋梁周辺の山間部には、急な傾斜があり豪雨の影響で川幅が大きく広がっていました。

 

 

最初の近接撮影では、、、、

 

事前に近接撮影を行う順番や飛行ルートのイメージトレーニングをしていましたが

想定していた撮影の順番や飛行ルートで飛ばすこともできず

橋脚の下にドローンが入るとのGPS受信も切れ

ドローン機体の安定性はなくなり、フラフラの状態で非常に危険な状態で

河川からの吹上風もかなり強く、ヒヤヒヤで操縦を行った記憶が残っています。

 

 

近接目視と同等の診断を行うことができる情報が得られるドローン

 

初めての近接撮影飛行を振り返ると、決して安心できるものではありませんでしたが
橋梁の近接写真や映像については、撮影依頼者や役所の方も
大変納得のできる橋梁点検データになりました。

Sonちゃん
「近接目視と同等の診断を行うことができる情報」として、ドローンでの活用に間違いないですね。

 

関連記事

 

 

最近のドローン機体は

下方向のビジョンセンサーや正面の衝突防止センサーなどの機能が装備され

極端に高くない橋脚であれば安定して飛行することができます。

 

 

 

ここ数年のドローン機体の技術の進化は素晴らしいものですが

さらなる規制の緩和や

風に強いドローン機体の性能向上に期待したいものです。

 

 

 

今後も、恒久的なインフラ維持やドローン点検導入の普及に向けて

ドローンパイロットの育成や、橋梁点検マニュアル化などの整備も重要だと考えます。

 

 

早くドローンパイロットになるために操縦スキルを習得しよう!

 

 

 

SANKI PLANでは

これまでの橋梁点検の経験から効率的に行えるように、橋梁点検の内容を記事にしています。

今後の橋梁近接撮影点検の普及に向けて、参考にしていただければ幸いです。

 

橋梁点検はドローン近接撮影テクニックが必須!

 

 

ドローン産業応用のすべて―開発の基礎から活用の実際まで―

必携ドローン活用ガイド―安全かつ効果的な活用を目指して―

ドローン測量は業務効率化ができます!

 

Sonちゃん
測量、土木、建築、都市計画等に利用する際の基礎となる、平面図や3Dモデリングの方法をわかりやすく解説しています。

最新ドローン画像解析入門

 

測量用ドローンPhantom 4 RTK 

< Phantom 4 RTK特徴 >

計画モードでは、オーバーラップ率/高度/飛行速度/カメラパラメーターなどを調整しながらドローンの飛行経路を選択し、自動マッピングまたは調査ワークフローを提供します。

  • 機体重量1391g
  • カメラセンサー:1インチCMOS
  • カメラ有効画素数:20MP
  • 最大飛行時間:30分

 

 

Mavic 2 Pro

本格的な空撮におススメのMavic 2 Proは、 L1D-20cカメラ搭載でプロ仕様の空撮が可能です。
また各側面に障害物センサーも付き、安全に安定した飛行ができるため、初心者から上級者まで楽しむことができます。

< Mavic 2 Pro特徴 >

 Hasselblad L1D-20cカメラを搭載

  • 機体重量907g
  • カメラセンサー:1インチCMOS
  • カメラ有効画素数:20MP
  • 最大飛行時間:31分 (25 km/hの一定速度で飛行時)
  • 最大飛行距離 :18 km (50 km/hの一定速度で飛行時)
  • 検知システム:全方向障害物検知

関連記事

 

 

目的別におすすめするドローンやアクセサリーの記事一覧

HITHUJI
趣味でドローンを楽しまれたい方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

 

Sonちゃん
FPVドローンに興味がある方はこちらの記事です。

 

HITHUJI
ドローンのアクセサリーやパーツのご紹介をしています。

 

Sonちゃん
ドローンビジネスに活用できる産業用ドローンの記事です。

 

 

カメラの基礎知識を知りたい方の参考記事

 

 

 

 


 

\高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』/

まずはお試しの10日間は無料!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローお願いします

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう